今回は、WordPressを今から始めようという初心者から、これから中級者になっていく人のための本を集めました。入門書、セミプロの教科書です。

WordPressはこれ以上のレベルは本で学ぶことはできません。Web上の公式ドキュメントなどから自分で解決していく必要があります。それができるようになるための基礎練習です。

Web上の情報を見ていると、自分のレベルの低さに頭を抱えるかもしれませんが、みんな、過去に頭を抱えたことを文章や図にして公開しているだけです。

みんな頭を抱えながら続けています。『できない・遅い』という理由で辞める必要はないので、気楽にやっていきましょう。

WordPressはバージョン5になりエディタ機能がまったく新しくなりました。バージョン5がリリースされてから日が浅いので、対応した書籍もまだ出そろっているとは言えません。

そこで、はやくもバージョン5に対応した書籍と、それまで何版も重ねてきた良書だけどまだバージョン5に未対応のものに分けてご紹介します。

最初にバージョン5に対応した書籍

最新のWordPressでサイトを立ち上げる

これから紹介するものはまだバージョン5に対応していません。でも版数を重ねた良書なので、『本が出そろうのを待ってられない!』という方のためにご紹介内容を残しています。その点はご了承下さい。

投稿などの編集画面以外は前のバージョンと変わらないので、その部分は十分使えます。

なお、バージョン5に対応したら内容を更新いたします。

まずはこの1冊から

WordPress運用全体をまんべんなく学ぶなら

『ブログで稼いでみよう!』という人は

『お金を稼ごう』感が苦手な人は

WordPressを入り口にプログラミングを学ぶ


今回ご紹介している本は、HTML&CSSについてあまり触れていないか、すでに分かっている人向けを選びました。理由は、HTML&CSSは別の本を買った方が良いからです。

はっきり言って、HTML&CSS, PHP, WordPressを1冊で学ぶことは無理です。それを謳う本はいくつもありますが、結局、それぞれの表面に触れるだけで、『モノにする本』ではないです。

(Webの技術は、その『表面だけ』で高単価で食べていけることがままあるので、気づかない人も多いですが。)

HTML&CSSの本は2冊に厳選しました。こちらの2冊でHTML&CSSを集中的に学びましょう。

だからと言って、ご紹介した本だけで『WordPressをモノにする』ことはできません。それができるための練習テキストです。

(WordPressは練習内容だけでもそれなりのWebサイトは作れます。)