東京都議選の顛末 自民党に漂う腐臭は目がシパシパする

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
東京都庁

東京都議選がいつの間にか終わっていた。

家に届いていた投票用紙がゴミと化としてしまった。

自民党が勝つことになれば後悔するところだったが、自分の想定する結果になったのでとりあえずよかった。

ただ、自民党の人たちの醜態は前代未聞だったので見てみよう。

自民党の大人たちの醜悪

稲田朋美 防衛大臣

”防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい”

唖然、茫然、開いた口が塞がらない。

3つの言葉を行動で教えてもらいました。ありがとうございます。

いかんいかん、お礼を言っている場合じゃない。

これはかなりまずくないですか?

自衛隊は、稲田朋美親衛隊ではありません。

自衛隊は、防衛大臣の駒でもありません。

自衛隊は、自民党の私設軍隊でもありません。
(中国共産党みたいなことをしないでください)

自衛隊は、一内閣の私物でもありません。

自衛隊は、現在、過去、未来の日本という共同体のための組織です。

この人って、総理大臣を除けば自衛隊の最高指揮官でしょう?

無邪気に分かってないところがよけいに恐ろしいです。

たまたま防衛大臣という職務を任されているから動かせる組織であって、稲田さん個人の力で動かせる組織ではありません。

公と個人の区別がめちゃくちゃです。

ですけど、世の中かなりの割合でこういう人いますよね?

会社にもいます、こういう人。

部下にジュースを買いに行かせたりとか。

それ、仕事に関係ないから!!

その後の対応では彼女は壊れたRadioになっていた

その後の対応も訳が分からないです。

”誤解を招いてしまった” × ∞

誰も誤解していないです。

日本語をそのまま聞いているだけです。

記者の仕事って大変だなぁと初めて思いました。

しかもこれってかなり人を馬鹿にしてます。

”私は何も間違っていない。誤解をしているお前が悪い”と言ってますから。

稲田さんって弁護士ですよね?

今まで担当した裁判の記録を調べて全部精査したほうがいいと思います。

この人のせいで無罪が有罪になったこともあるかもしれません。

和解しなくてもいいのに和解させられたこともあるかもしれません。

100万円の賠償金が1000万ぐらいになるかもしれません。

だって日本語が分からないのですから、裁判官にきちんと主張が伝わっていない可能性があります。

とりあえず、今から稲田さんには自衛隊に入隊してもらって、みんなでジュースを買いに行かせましょう。

下村博文 元文部科学大臣

算数の問題です。

合計金額が200万円のお金を複数人から集めたいと思います。

1人当たり20万円を超えてはいけません。

その場合、一人当たりのお金の金額が最大になる人数は何人でしょう。

シンキング タ~イム ...........................

答えは11人です。

さすが、文部科学省の大臣を務めた方です。

勉強ができる人だったんですね?

いやいや、ほめてる場合じゃない。

これって自分は怪しくないって説明になってますか?

自分で全部ネタばらししてます。

この人は絶対に推理小説の犯人になれません。

”起承転結” の ”起” で全部犯罪のトリック言っちゃいました。

彼はこう反論するでしょう。

そもそも、俺は犯罪を犯していない!

実際、記者会見の内容も結局こう言いたかっただけです。

あの記者会見を聞いた人は全員こう思ったと思います。

へぇ~、こうやって法の網を潜り抜けるんだ。

だけど普通、ネタばらしせずにどうやって説明するのかが腕の見せどころじゃない?
(やっていることの良し悪しは別にして)

勉強できるとか、仕事できるとか別にして、馬○なんじゃないだろうか。

そして、ほかの国会議員はこう思ったと思います。

もう、この手は使えないじゃないか!

ひとつの犯罪トリックのネタがこの世から消えてしまいました。

早急に法律の改正をすべきです。

キーンコーンカーンコーン。

今日の授業は以上です。

安倍晋三 内閣総理大臣

秋葉原での”こんな人たち...”呼ばわりはひどかった。

確かに彼らの行動に品はないです。

あの場でのあの行動は正しいかどうかは、彼らの話を聞いてみないと分かりませんが、ぱっと見では賛同できません。

しかし、日本で一番の権力者が、彼らを言葉で説得しようとせずに、”こんな人たちは○○だから”みたいなニュアンスを出しながら排除するような言葉で片づけて良いのでしょうか? しかも公衆の面前で。

一国の総理は、すべての日本国民の意見を吸い上げるくらいの度量がないといけないでしょう?

現実にはできないでしょうが、でもそれくらいの気持ちでやってほしいです。

あのセリフは、アメリカのトランプ大統領のような物言いでした。
トランプとゴルフして友達になったことで感化されましたか?

つくづく、友達に流されやすい人だなと思います。

そういえば、昔、子供のころ母ちゃんに

「周りに流されるな!!」

「外は外!!  家(うち)は家!!」

とよく怒られたような気がします。

皆さんも言われたことないですか?

うちの母ちゃんは中卒だし、経済的に裕福ではない人生を送ってきたけれど、大卒で、お金持ちで、総理大臣の誰かさんよりまともだなとしみじみ思いました。

安倍さん、うちの母ちゃんに電話しておくので、うちの母ちゃんから再教育を受けることをお勧めします。

母ちゃんのしつけは厳しいですよ?

ビンタくらいは当たり前です。

時にはカマをふり上げながら追いかけてきます。

ホラーです。

けれど、程よい関係のいいお友達が周りに増えるかもしれませんよ?

東京都連の議員の人たち

ほとんど忘れかけてました。

小池都知事の就任のあいさつの場で、メディアのカメラの前で堂々と写真撮影を拒絶した人がいました。

東京都議会議長だった人です。

東京都民は忘れてなかったらしい。

見事に落選しました。

そういえば、小池都知事が各政党にあいさつ回りしているときも自民党は不在でした。

こういうことすればそりゃ負けますよ。

嫌いな人とは挨拶しないって論理があることを何十年も生きてきて初めて知りました。

僕は、嫌だなと思う人と、いい人だなと思う人では、

圧倒的に嫌な人とあいさつした回数のほうが多いけど !

社会を円滑に進めるための礼儀としての”とりあえずポーズだけでも”が全くないところがすごいです。

この人たちって、結構なお年を召してますよね?

今までどういう人生を送ってきたのだろうと不思議でなりません。

これでそれなりに人生を謳歌できる国ってある意味すごいと思います。

都民ファーストの会にはより一層の厳しい目を

とりあえず、都民ファーストの会が大勝したことはよかったです。

まあ、自民党の自滅ですが。

ただ僕は、都民ファーストの会を信用したわけではないです。

都民ファーストの会には、政治の世界で何かをやりたいと思っていることもなく、ただ勝ち馬に乗って自分の承認欲求を満たしたいだけの人は必ずいます。

しかも、一人や二人のレベルではないです。

その人は早晩辞めることになるだろうと予想できます。

証拠はないけれど、過去の事例が証明しています。

都民ファーストの会、魔の1回生は確実にいます。
とりあえず予備軍も含めて、40人くらいはいると思っています。

僕たちは、自民党の魔の2回生で学習していますから。

まぁそれでも、15人は残るのでいいほうではないでしょうか?
民進党は5人ですから。

民進党や自民党などほかのところから鞍替えした人が結構いるんですよね?

どういう人かは分かりませんが、勝ち馬に乗るという行動をとっている以上、自分は信用されていないという自覚をもってスタートしたほうがいいと思います。

僕はかなり疑いの目で見ています。

音喜多議員は内心、面倒なことになったなぁと思っているのではないでしょうか?

承認要求を満たそうとするばかりの人はタチが悪いですから。

そもそもこのような人は誰かのためにという発想がありません。

本来は政治家向きではありません。

音喜多議員の苦労が目に見えます。

音喜多議員には、そういう議員は情報公開してほしいです。

都民のためになることは何一つありませんから。

情報公開って自分に都合の悪いこともしますよね?

一番輝いていたのが、落選した27歳女性の自民党候補の皮肉

今回の選挙で、一番輝いて見えたのは千代田区から立候補した自民党候補の中村彩氏です。

彼女の敗戦の弁でのこの言葉が印象的でした。

公人である以上、人を罵倒したりだとか、お金の問題であるとか、恋愛含め人間関係の問題であるとか... 有権者の、国民の代表として出ている人たちが、普通に考えてやらないだろうということを、やってしまっているということが...

今の自民党にこれだけはっきりとモノを言える人はいないのではないしょうか?

選挙に大敗したことでこれからは続々と出てくるでしょうが、その人は二番煎じもいいところです。
”卑怯者” という言葉がぴったりでしょう。

この言葉には、明らかに安倍総理、稲田防衛大臣、下村元文科相も入っています。

新入社員が研修中に、社長、専務、常務にこれだけのことが言えますか?

しかもこの社長、社内にとどまらず、社外でもモノを言える人がいなくなっている人です。

新聞、TVでさえ言えないくらいの権力者です。

しかし、どちらが正しいと言えば、だれの目で見ても彼女のほうです。

こういうときって女性のほうが芯があるなぁと思います。

男はだめです。

男は階層社会の中で、下の者だけに強くモノをいう生き物だから。

彼女は、小池都知事の塾出身らしい。

けれども、中に入ってみるとどうも自分とは考えが合わない人が多く入ってきていることを感じて自民党に鞍替えしたそうです。

女性って結構、誰かのイソギンチャクみたいな人って心の中でかなり蔑んで見てるんですよね。

表には絶対に出さないけど。

明確な証拠はないけど、この塾でもそういう人間をたくさん見て嫌気がさしたんじゃないかなぁ。

それでもこの行動はすごいです。

今、勝ち馬に乗ることが世の中を生きていくための必要条件だと思われている時代で、それをしない人は馬鹿だと思われている時代です。

それを彼女は自分の信念のために逆を行っちゃいました。

そのまま都民ファーストにいれば確実に当選できたのにも関わらずです。
(選挙の結果を見れば明らか)

目の前のニンジンにぶら下がらない、今では貴重な存在でしょう。

政治の世界で本当にやりたいことがあるのではないでしょうか。

彼女を応援しようと思います。

彼女は貴重な体験をしました。

総理大臣、現役閣僚、元閣僚の面々の腐臭漂う醜悪な姿を至近距離で見ることができたのですから。

彼らから醸し出される何とも言えない腐臭をぜひ忘れないようにしましょう。

そしてぜひ、反面教師にしてほしいですし、この匂いを醸しださないように気を付けましょう。

27歳の人が、親やもっと上かもしれない世代の人の中で、しかも持っている社会ステータスは一番下のはずの彼女が、一番まともな人に見えるというのは悲しいです。

年の功という言葉はこの世からなくなったのでしょうか。

落選してしまった彼女ですが、彼女には光は十分にあります。

前にも言いましたが、早晩補欠選挙が行われることになると思います。

彼女の出番はそう遠くない未来にあります。

ただ、今は応援しているけどいつ批判する側に回るか分からないですよ?

政治家を見るということはそういうものです。

Twitterで言い訳していると言われているらしいですが、気にしないでほしいです。

それぐらいの言い訳くらいいいじゃないですか。

それだけ彼女は強いものに向かっていったということです。

僕は、ヘビー級のボクサーに試合を挑んでボコボコにやられたミニマム級のボクサーに、さらに蹴りを入れるようなことはしません。

言い訳だと批判する人はそれだけのことをできますか?

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!