他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした

歴史・文化の用語集

歴史・文化についての用語集です。 なんとくなく聞いていて分かっているようだけれど、くわしく調べるとなるほどという情報も入っています。

摂関政治とは何だったのか?いつ始まったのか?

何かな?の画像

摂関政治は『せっかんせいじ』と読みます。

平安時代に始まり、『政(せっしょう)と白(かんぱく)が中心となった政治』という意味です。藤原氏が中心の政治でもありました。どのようなシステムなのでしょうか?

続きを読む

姓、氏、名字、苗字の違いは何か?

何か?の画像

現在は、姓(せい、かばね)氏(し、うじ)名字(みょうじ)苗字(みょうじ)の違いはありません。使い分けもする必要もありません。

ただ、これらの違いは生まれた時代や由来が異なります。最初はそれぞれの意味も異なりました。

それでは、どのようにして生まれたのか見ていきましょう。

続きを読む

  • by Google Ads

古代・中世…平安・鎌倉… 時代区分が誰でもわかるまとめ

time image

日本の歴史では、時代区分のタイプがいくつかあります。

  • 先史、古代、中世、近世、近代、現代
  • 飛鳥・奈良、平安、鎌倉、室町、安土桃山、江戸、明治・大正・昭和・平成

それから、土器や稲作の始まり、文化などの区分もあります。

これが結局よく分からないことになっているので、誰でもかんたんに分かる対応表・早見表をつくりました。

続きを読む

男尊女卑、女性蔑視とは何か?答えは男系主義にあり!

何か?の画像

『男尊女卑』『女性蔑視』の思想はどこで生まれたのでしょうか?

それは『男系主義』という考え方が大きく関係しています。男系主義とは何かを見ていくと、そのまま男尊女卑・女性蔑視の答えにたどり着きます。まずは男系主義について見ていきましょう。

続きを読む

太上天皇(上皇)と太上法皇(法皇)の違いは?意味は?

何か?の画像

上皇とは、皇位を次に譲った天皇に与えられる尊号のことで、法皇とは上皇が出家したときの尊号です。

譲位という生前に皇位を譲ることがあったため、天皇に代わる尊称として生まれました。

上皇と言えば院政を思い浮かべますが、古代から現在まで制度として存在しています。

2019年5月1日には、今上天皇が上皇になられますので身近に感じられる存在になるでしょう。

続きを読む

  • by Google Ads

穢れ(けがれ)・禊(みそぎ)の意味は?- 日本人の道徳・宗教

何か?の画像

穢れは『けがれ』と読みます。禊は『みそぎ』と読みます。

日本にはキリスト教やイスラム教のように絶対的な神はいません。日本人の宗教観・道徳観には判断基準を教えてくれる神はいません。

日本人の価値基準には穢れと禊が根っこにあります。その穢れと禊の意味について勉強します。

続きを読む

  • by Google Ads

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!