皇別摂家とは何か?

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
Q&A image

令和になって、ますます皇位継承問題が活発になってきました。

そこで、皇別摂家(こうべつせっけ)という聞いたことのない言葉がでてきました。

かんたんにいうと『天皇の血筋を受け継いだ藤原氏』です。

藤原氏ってなにもの?

皇別摂家の前にちょっと復習から。

藤原氏は、大化の改新中大兄皇子(なか の おおえ の みこ)と一緒に蘇我入鹿(そが の いるか)を暗殺した、中臣鎌足(なかとみ の かまたり。藤原鎌足)の子孫です。

平安時代に入ると、朝廷の重要な役職をひとり占めしました。

歴史の授業ではこれでもかっていうくらい『藤原』の人が出てくるので、だれが何をしたんだか分からない人もいるでしょう。

それぐらい藤原氏の力は強大でした。

五摂家ってどういう家?

その藤原氏の中で、摂政関白になれる特別な家がありました。それが五摂家です。

五摂家(ごせっけ)

平安時代の摂関政治では、摂政・関白になれる家は決まっていた。それを摂関家(せっかんけ)という。

鎌倉時代以降、摂関家の中でさらに摂政・関白になれる家柄がしぼられた。その5家のことを五摂家という。

  • 近衛(このえ)
  • 九条(くじょう)
  • 二条(にじょう)
  • 一条(いちじょう)
  • 鷹司(たかつかさ)

くわしくは『摂関政治とは何か?』で。

五摂家は、明治に入ってもつづき、華族制度ができてからは華族として位置づけられた。

1947年の華族制度の廃止まで、由緒ある家として知られていた。

藤原氏の不動のトップ5です。

いよいよ本題、皇別摂家ってなに?

復習はこれまでで、ここからが本題です。

皇別摂家(こうべつせっけ)は、歴史の専門家のなかでもマイナーな言葉らしいです。天皇の血統だけを追いかけるのは歴史的な価値がないからでしょう。

江戸時代、五摂家のうち3家に天皇の息子や孫が養子に出されて、その養子が当主になりました。

摂家の当主に元族がなる = 皇別摂家

と呼ばれるようになります。

五摂家元皇族だれの子孫?
近衛19代当主
近衞 信尋
(このえ のぶひろ)
第107代 後陽成天皇 第4皇子
一条14代当主
一条 昭良
(いちじょう あきよし)
第107代 後陽成天皇 第9皇子
鷹司21代当主
鷹司 輔平
(たかつかさ すけひら)
閑院宮直仁親王 第4王子
第113代 東山天皇の孫)
(直仁親王は東山天皇の第6皇子)

『皇別摂家 = 天皇の子孫』ではない

ここで気をつけないといけないのは

『皇別摂家 = 天皇の子孫』ではない

ということです。

皇別摂家はこのあとまた、よそから連れてきた養子が当主になり、いまの皇別摂家を継ぐ家の当主は天皇の男系子孫かどうかわかりません。

ステータスの高い家は養子の出し合いが多く、家系図をみても血統までは分かりません。血統だけを遡る(さかのぼる)のがむずかしいくらいです。

そういう意味では、皇別摂家の血筋は

天皇の子孫かもしれないけど、そうじゃないかもしれない。

いまの皇別摂家の本家は、少なくとも後陽成天皇・東山天皇の系統が当主になった元皇族の男系子孫ではありません。

別のラインでどこかの天皇につながる可能性はあります。

『天皇の子孫 = 皇別摂家』ではない

逆に、天皇の子孫でも皇別摂家にならない場合があります。

たとえば、鷹司家・18代当主の鷹司房煕(たかつかさ ふさひろ)は、後陽成天皇の男系子孫・5世です。

房煕は、皇別摂家になっていた近衛家から鷹司家に養子に出されました。

このとき近衛家の当主は、後陽成天皇の男系子孫だったので養子に出された鷹司家も天皇の男系子孫です。

でもこれは皇別摂家とはいいません。

血統はつながっていても近衛家に生まれたので、あくまで近衛家から来た人としてあつかうからです。

このへんがややこしいです。

皇別摂家じゃなくても天皇の男系子孫はたくさんいる

ほかにも、五摂家以外の公家、僧侶など天皇の男系子孫はたくさんいます。もちろん、これらは皇別摂家ではありませんし、なにか『皇』のつく特別な呼び方もありません。

あくまでそれぞれ養子に出された家の人

というあつかいです。そもそも『皇別』という言葉は

から枝分かれ(れ)した男系子孫の氏族

という意味です。他家に養子に出された人は皇別ではありません。

暖簾分けと、完全移籍のちがいです。

暖簾分け皇別
完全移籍他の家の養子

皇別摂家という言葉自体矛盾します。養子に出された人を『皇別』と呼ぶんですから。

『他の摂家とはちがう』と言いたいのに『皇別』を使ったのでしょう。

『皇別』は平安時代のはじめに300氏以上いた!

『皇別』は平安時代からある言葉です。平安時代のはじめころ、第35代 嵯峨天皇

新撰姓氏録
(しんせんしょうじろく)

をつくらせました。(815年)

これは『氏』がどこからきたのか?先祖はだれなのかをまとめた書物です。

そのなかで、氏を大きく3つに分けました。

平安時代初期の貴族の割合 image
平安時代初期の貴族の出身割合
皇別
(こうべつ)
省略。
神別
(しんべつ)
神話のカミの世界からつづく氏族。
天皇の先祖につながるかは関係ない。
初代 神武天皇より前に天皇家につながる人もいるかも?
諸蕃
(しょばん)
朝鮮や中国などから渡来してきた氏族。

ビックリです。このときすでに天皇の男系子孫の氏族は335もあり、1/3は天皇の子孫だといっています。嵯峨天皇がつくらせて認めたことなので公式見解です。

さらに古代の歴史書『古事記』では、201出てくる氏族のうち175氏は天皇の子孫だとされています。

もうひとつ、1/3は渡来人です。いまでいうと在日外国人の子孫です。

日本人のDNAは純血ではありません。

皇別摂家は旧宮家より天皇と血統が近い

近衛家は、天皇の男系の血筋をほんの数十年前まで継いでいました。

日中戦争開戦時の総理大臣・近衛文麿(このえ ふみまろ)は、後陽成天皇の男系子孫・12世です。

近衛文麿がれっきとした天皇の子孫だということはあまり知られていません。

後陽成天皇は、豊臣秀吉の政権・徳川家康が幕府を開いたときの天皇です。

近衛家の人は、幕末の歴史でしょっちゅう出てきます。あの人たちも天皇の子孫だったんですね?

皇別摂家の子孫のなかには、最近よく聞く1947年に民間人になった旧宮家の人たちよりも今上陛下と血統が近い男系子孫がたくさんいます。

(皇別摂家から独立した、養子に出された、僧になった人たちの子孫。)

旧宮家の人たちは室町・南北朝時代の北朝・第3代 崇光天皇までいかないとつながりません。

皇別摂家は、旧宮家よりも天皇の親戚

天皇の子孫はどこにでもいる

皇別摂家

旧宮家

と、天皇の血統をさがすときに出てきますが、血統だけを探すのなら日本全国どこにでもいます。皇別摂家、旧宮家だけではありません。

815年の時点で、天皇の子孫が300氏以上いるんですから、その子孫たちは膨大です。日本は

皇胤国家

とも呼ばれます。

皇胤(こういん)は天皇の血統をもった人です。日本は天皇の子孫たちの国と言ってるんですね?

天皇の血統だけを追いかけるのは歴史的価値がない意味がわかります。だってみんな天皇の子孫なんだもん。

一休さんでおなじみの一休宗純は、後小松天皇の落胤(らくいん。おとしだね)という有名な話(うわさ?実話?)があります。

落胤は、側室よりももっと身分が低い女性が産んだ子どもです。認知されなかった愛人の子ですね。皇胤国家という言葉があるくらいなので、真実かもしれません。

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!