他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした

中世 - 平安末期

平安末期は、日本で初めて武士が政治のトップに上り詰めた時代で、最初に平清盛が成し遂げました。 その後いろいろあって、源頼朝が鎌倉幕府を開いていくことになります。 しかしこの時代は、天皇・上皇中心の時代です。藤原氏に握られていた政治権力を取り戻そうと四苦八苦していました。

第81代 安徳天皇 平家待望の即位。しかし既に時遅し

安徳天皇肖像画

平家待望の即位だった安徳天皇(あんとく)。しかし、ときの流れは平家からはなれていました。時流に乗れなかったことで悲しい結末を迎えた天皇です。

歴代天皇の中で、権力闘争が原因で自殺した最後のケースです。

安徳天皇は『平家の、平家による、平家のための天皇』だったので、平家の衰退に大きく左右されました。本人の意思表示ができないうちに命を落とします。

続きを読む

第82代 後鳥羽天皇 部下の部下から島流しの刑を食らった天才

後鳥羽天皇の肖像画

文武両方に優れた才能を発揮した後鳥羽天皇(ごとば)。

しかし、鎌倉幕府の有力御家人に承久の乱で敗れ、島流しの刑を食らうという、歴代天皇の中でも例のない、前代未聞の屈辱を味わいます。

この後も院政はつづきますが形式的で、積極的に政治を取り仕切る意味での院政は、後鳥羽上皇が最後です。

続きを読む

第77代 後白河天皇 平氏・源氏を翻弄する稀代の大政治家

後白河天皇肖像画

後白河天皇(ごしらかわ)は、平清盛、源頼朝のふたりを手玉に取った稀代の大政治家です。武家を利用しながら、利用されながら30年以上トップでありつづけました。

皇族同士、武士との権力闘争に明け暮れて、敵のいないことがありませんでした。歴代天皇の中でも激動の政治の中心にいた人です。

続きを読む

第77代 後白河天皇 『能もなく芸もなし』から大変身!

後白河天皇肖像画

後白河天皇(ごしらかわ)は、朝廷内での評価が最低でした。しかし、本人はどこ吹く風でどんどん大政治家へと成長します。

平清盛、源頼朝とわたり合い、武家を利用しながら、利用されながら30年以上トップでありつづけました。

皇族同士、武士との権力闘争を生き抜き、歴代天皇の中でも激動の政治の中心にいた人です。

続きを読む
top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!