他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした

日本の歴史

日本の歴史を天皇を中心にして見ていきます。天皇を中心に見ていくと、 なぜ院政というシステムができたのか? なぜ武士という階級が生まれたのか? なぜ明治維新という近代化が短期間でできたのか? が1つにつながって見ることができます。

土地所有の歴史で時代の主人公が見える

家

日本の歴史では、権力を握った歴史の主人公がコロコロと変わってきました。

  • 大王・豪族
  • 天皇
  • 貴族
  • 上皇
  • 武士
  • 国民

これだけ変わったにも関わらず、変わらなかったことがあります。

それは、全員有力な土地所有者だったことです。土地を持てるものだけが権力も握れると言ってもいいでしょう。

それだけ、『土地』と『歴史』は深くつながっています。そこで、その歴史の勝者を『土地』から見ていきます。

続きを読む

歴代天皇一覧

菊紋

日本の歴代天皇は、初代から数えて125代存在してきました。暗殺された人、女性天皇、2回天皇になる人、この人は大丈夫か?という人など、いろいろな個性を持った天皇が存在しました。

それらを1つ1つ見ていくと日本の歩んできた歴史を知ることができます。

続きを読む

保元の乱 武士が政治の世界に進出する

画保元の乱

保元の乱(ほうげんのらん)は、鳥羽上皇崇徳上皇の親子喧嘩が原因で始まりました。そこから後白河天皇 vs 崇徳上皇の兄弟喧嘩が大爆発します。

保元の乱は、天皇・上皇、有力貴族、武士と、日本の政治にかかわるすべての勢力が二分された戦でした。このようにすべての勢力が参加して日本を二分した例は他にありません。

そして保元の乱で実際に戦ったのは、それぞれ双方に味方した武士たちでした。彼らの活躍によって武士が政治勢力として飛躍するきっかけを作ります。

続きを読む

  • by Google Ads

摂関政治とは何だったのか?いつ始まったのか?

何かな?の画像

摂関政治は『せっかんせいじ』と読みます。

平安時代に始まり、『政(せっしょう)と白(かんぱく)が中心となった政治』という意味です。藤原氏が中心の政治でもありました。どのようなシステムなのでしょうか?

続きを読む

第44代 元正天皇 唯一母親から娘への母系で皇位を継承する

元正天皇肖像画

元正天皇(げんしょう)は女帝で、歴代の天皇の中で唯一母親から娘への皇位継承が行われた天皇です。

元正天皇は、親兄弟、先祖のほとんどが天皇経験者という家族構成がとても豪華な人でした。

この頃は平城京に遷都して間もないころで、日本独自の文化を形成する平安時代の直前の時代です。日本が国家として成長するためのシステムを作り上げている最中で、ダイナミックな時代でもありました。

続きを読む

姓、氏、名字、苗字の違いは何か?

何か?の画像

現在は、姓(せい、かばね)氏(し、うじ)名字(みょうじ)苗字(みょうじ)の違いはありません。使い分けもする必要もありません。

ただ、これらの違いは生まれた時代や由来が異なります。最初はそれぞれの意味も異なりました。

それでは、どのようにして生まれたのか見ていきましょう。

続きを読む

  • by Google Ads

第71代 後三条天皇 摂関政治を壊した先駆者

後三条天皇肖像画

ミスター院政ともいえる白河法皇の父親である後三条天皇(ごさんじょう)は、藤原氏の横暴な政治を止めさせようとした人です。

実績の割にはあまりにも知られていない人でもっと知ってほしい天皇の1人です。

後三条天皇の朝廷改革がなければ摂関政治が衰えず、院政もなく、武士の世もなかったかもしれません。

時代の大変革の土台を作った偉大な人物といえます。

続きを読む

  • by Google Ads

第77代 後白河天皇 『能もなく芸もなし』から大変身!

後白河天皇肖像画

後白河天皇(ごしらかわ)は、朝廷内での評価が最低でした。しかし、当の本人はどこ吹く風でどんどん大政治家へと成長していきます。

平清盛、源頼朝とも渡り合い、武家を利用しながらまたは利用されながら30年以上トップであり続けました。

皇族同士、武士との権力闘争を生き抜き、歴代天皇の中でも激動の政治の世界の中心にいた人物です。

続きを読む

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!