自分の頭の中の岩盤規制にドリルで穴を開けているんじゃないの?

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
drill image

閉会中予算委員会集中審議の政権担当者の発言を見ていると、岩盤規制ではなく自分たちの頭の中をドリルで開けているように見えます。

どうして彼らはこんなにドリルが好きなのでしょうか?

DIYが趣味なのでしょうか?

規制緩和を目的にしてはいけない

日本では獣医学部の数は足りています。ただ、ペット医療に人が流れてしまって畜産関係が人手不足になっているだけです。
また、日本全体で人口減少が進んでいる今、犬、猫のペットの数も横ばいか少し減少しています。

獣医の経済のパイは減少しています。分母だけ見ると、決して日本国内では成長産業ではありません。

本来は、ペット医療に流れている人たちを畜産関係に来てもらうように対策するのが筋です。そのための規制緩和であれば理解できます。

規制緩和は目的ではなく手段です。何を目的として規制緩和をするのかを考えなければなりません。ただやみくもに穴をあけることが規制緩和ではありません。

そもそも、規制自体が何を目的として作られているのかを理解しないといけません。安倍総理は、自分の尊敬するアメリカが実は規制だらけの社会だということを分かっているのでしょうか?

ただ言葉だけをパクっても意味はありません。小泉純一郎元首相にあこがれているのでしょう。

岩盤規制の穴は決して総理のお友達のためだけにするものではありません。莫大な税金をかけて岩盤にドリルで穴をあけて、その穴を通れるのが加計さん1人というのは、あまりにも費用対効果が低すぎます。

税金の無駄遣いです。

今は、加計ありきだったのがばれたから総理が逆切れしている状態でしょう。

岩盤規制にドリルで穴をあける

総理はこの言葉ばっかり言います。他の言葉でも壊れたレコードプレーヤーのように同じことばかり言います。あまりにも言葉を持っていません。

頭が悪すぎます。”馬鹿の一つ覚え”という言葉を毎日体現されても困ります。日本の近代史上もっともおつむが足りない総理だと断定せざるを得ません。

自分の頭の中が穴だらけの総理に一番早い解決方法を提言します

自分も決して頭はよくないのですが、ここはあえて上から目線で言わせていただきます。

国民は、総理のようにお友達と頻繁にゴルフして食事するほど暇ではありません。その国民に、暇人の遊びを見せるのはいい加減やめていただきたい。

加計学園問題の関係者全員の証人喚問をすればすべて解決します。加計問題では首相補佐官が積極的に動いていることが分かっているので森友問題よりも簡単でしょう。

自分に非はないのですよね?

これなら1日で解決できますよ?

これ以上、頭の悪さがバレる心配もありませんよ?

決して頭のよくない人からの提言でした。

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!