ちょっと潮目が変わる兆しが

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
菊紋 image

連載
日本から天皇がいなくなる日 Vol.9

いままでさんざん男系男子継承をつづける限り皇室はなくなるといってきました。

そしてそれを言いつづける人、それにひっぱられて何もしない政治家たちをボロクソにいってきました。

でもここにきて『潮目が変わった?』ということがポツポツと出てきました。

サラッと言われるので気づかないですが。

内閣のいうことが反転してきた

数か月前だったか忘れましたが、菅官房長官が記者会見で、皇位継承問題を解決するために、新天皇の即位後すぐに検討を始めるとはっきりいいました。

官房長官は『すぐに』ではなく『 そんなに時間を待たないで 』といっていましたが、政治家の言葉は反発を恐れてこういうものです。

逆に何も始めなかったらそれはそれで反発されます。

このときはまだ『ほんとうにするの?』と疑っていましたがどうやら本気のようです。

潮目の変化は、安倍総理の発言が変わったところが大きいです。安倍政権の応援団のような産経新聞でも内容が二転三転しています。

プロフィール画像
産経新聞の本家のソースがネット上にありません。有料電子版にはあるのでしょうが、自社の主張と違うから広がらないようにしているのか?
プロフィール画像
Yahooニュースのコメントを見るとひどいです。一方的に旧皇族復帰論ばかりが書き込まれています。そういえばYahooニュースのコメントは『ネトウヨの巣窟』みないなことが言われてたような…
プロフィール画像
いつもの調子で、だれだかわからない官邸筋とか政府高官を使って、女系天皇・女性天皇を否定するようなことをいっています。
プロフィール画像
皇族方ですら、女系天皇や女性宮家に反対してるかのように言ってますね。これまでの経緯をみれば、それはないですが。
プロフィール画像
総理も産経の記事を否定するようなことを言っているようです。

この混乱ぶりを見てると、女系・女性天皇の選択肢はあながちゼロではないということが、ほんとうのところなんじゃないかと思います。

産経新聞は焦っているのではないでしょうか?

いままでさんざん女系・女性天皇に反対してきました。正確には反対する人たちばかりの情報を流して世間を動かそうとしてきました。

これで『女系・女性天皇のほうが正しかった』になると、いままでまちがいばかりを垂れ流しつづけた責任を取らなければならないですからね?

朝日新聞の慰安婦問題のときのように。

産経新聞はそれを先頭を切って批判しました。

保守の人たちがよく使う言葉をそのまま返します。『歴史に残る大ブーメラン』です。

彼らが使うべつの言葉もそのまま返します。こんな『逆賊』『逆臣』『売国奴』はいません。皇室がなくなってしまうほどの失敗は過去にありませんから。

男系男子継承のキーパーソンですら反転?

男系男子絶対論者で、メディアにたびたび登場して主張している人たちもいいのか悪いのか逃げ道をつくっています。

プロフィール画像
2人は皇位継承問題の討論では男系男子継承を主張する男系Boysです。
プロフィール画像
あと、『明治天皇の玄孫』の冠でメディアに登場する人。男系を主張するのに『明治天皇の女系の子孫』です。よく分かりません。
プロフィール画像
この3人に『永遠の0』の作者をたした男系カルテット以外は、テレビメディアに出てこないです。雑誌ではもっといるのかな? こうなると、男系絶対論者ってほとんどいないんじゃないの?
プロフィール画像
言ってることがおかしいから本の値段が1円じゃないですよ。15年も前の本だからです。

ぼくには、『男系継承の伝統は重い』じゃなくて『男系継承の伝統は重いとかんちがいしていた』ようにしか見えません。

(パントマイムですね。)

でも、かんちがいを認めない人の声がデカいんです。というか論理が通じないほどわめき散らすんです。

(パントマイムとしてもレベルが...)

これに政治家たちも気づいたような気がします。

ふつうの人はツッコみます。

no image person
おせーよ!

ほんとに遅いです。皇太子がいない状況をつくるまで、ひどくなってから動くなんて。

まぁこれでも一歩前進です。油断はできませんが。

未婚の女性皇族が結婚されて、みんないなくなるまでの時間稼ぎかもしれないですからね?

前のページ
政治家の15年のサボタージュが皇室を滅ぼす
第2の玉音放送 - 生前退位 - 令和の新時代。歴史の貴重な目撃者になってますよ?
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!