ドメインとは?から登録業者の選び方までまとめて一挙に解説

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした

Webサイトを作成するには必ずドメインが必要です。多くの人に見てもらうためには、独自ドメイン名の登録は欠かせません。

ドメインとは何か?なぜ独自ドメインが必要なのか?から登録業者の選び方、そして、ドメイン移管まで一挙に解説します。

ドメインの知識はこれだけあれば十分です。Webの入門編としてご覧ください。

『インターネットって? Webって何?』くらいの人に向けて解説します。

大丈夫です。必ず理解できます。IT関連の仕事をしていても、これだけ分かっている人はドメインに関係する業務をしている人くらいです。

(個人でやっている分は除く)

それくらいの内容を解説します。ちょっと長めです。7分ぐらい時間がかかりますが、最後までお付き合いいただければと思います。

ドメインはインターネット上の名前

何もわからない父ちゃん
パソコンをする人。困った編

まず、ドメインって何?

ドメインは、インターネットの世界の名前です。

みんな生まれたとき、親などに名前を付けてもらいます。それと同じで、インターネットにWebページを公開する(誕生させる)には名前が必要です。

ただし、必ず世界で1つだけの名前を付けます。ドメイン以外に区別するものがないからです。

インターネット上の住所のようなものにIPアドレスがあります。でもこれは、ずーっと同じではありません。

人間社会でも、全員が3ヶ月毎に引っ越しをしていたら、『佐藤さん』と言っても『どの佐藤?』ってなりますよね?

法人や個人事業者にとってはブランド名にもなります。一度つけた名前は変えないのが普通です。

ドメインは、ブラウザの上の方に表示される"https://xxx.com/abc"の"xxx.com"がドメイン名です。

あと、DNSは知っておく必要があります。

 
パソコンをする人。困った編

DNS?

ドメインネームシステム(Domain Name System)です。インターネットは、ドメインではなく、IPアドレスで各コンピューターを特定します。だから、『〇〇の住所(IP)には△△(ドメイン)が住んでいる』という情報が必要です。

それを行っているのがDNSです。じっさいは、DNSサーバーという専用サーバーがあって、そこに問い合わせ(アクセス)して住所(IP)と名前(ドメイン)を検索します。

ドメインを登録するときにDNS設定は必ず行なうので、ドメインとセットで覚えると良いです。

コンピュータは、IPが大事でドメインは使いません。むしろドメインは、使う側の人間のためにあります。
『192.168.11.101』と表示されても困りますよね? このように、数字とドット(.)で表現されるのがIPです。
(最近は数字、アルファベットのa-fとコロン(:)を使います。)

ドメインには名字(gTLD)がある

 
パソコンをする人。困った編

.comとか.jpは何?みんな同じものが付いてるけど?

これは名字みたいなものです。所属している国や地域、組織・団体などの属性を表します。gTLDは『ジェネリック・トップレベルドメイン』の略です。

  • jp→日本
  • co.jp→日本の企業
  • com→営利団体。いまは誰でも使える
  • org→非営利団体、学校とか研究所でよく使われる

最近は、ユニークな属性も増えています。

ai→AI(人工知能)関連。『あい』と読んで女性向けに多く使っているらしい。
work→もはやなんでもになっている。最初の意味すら分からない
xyz→アルファベットの最後を並べただけ。値段が安い。

IANAという組織で管理・運営されています。

独自ドメインは必要なのか?

 
パソコンをする人。困った編

そもそもドメインって自分で持つ必要あるの?
ブログだったらブログサービスがあるし、ECサイトでさえ作成から公開まで場を提供するサービスがあるよね?

独自ドメインがなくても、Webサイトを公開するサービスはいくらでもあります。でもそれらは、ぼくらが頑張って作ったものが、大きな組織が提供するサービスの1コーナーになってしまいます。

飲食店を経営することを考えると分かります。

お店の名前と店舗はフランチャイズの本部が用意してくれます。仕入れ先も決められています。でもそれ以外は全部自分で決めます。

  • 店舗の内装
  • メニューの内容・値段
  • 営業時間
  • 従業員の数・給与
  • 希望すれば独自の仕入れルート

まで全部です。これだけやって、名前と店舗の建物を最初に用意してもらっただけで、売上の30%は本部に行くことを納得できますか?

最初の店舗探しと、お客の呼び込みを任せただけでです。(最初のお客さんはすぐに集まるメリットはあります。)

これなら、自分で店の名前を付けて店舗を探したほうが良いです。そして、Webサイトではちょっと学べは誰でも簡単にできます。

独自ドメインを持つことは、最初は面倒かもしれませんが、大きく成長する力を持っています。

そして、自分の努力がすべて自分のブランドに反映されます(ただし、悪い意味でも反映されますが)。フランチャイズでは、自分の努力は本部の利益が大きくなるだけで、手元に残りません。

インターネット上に公開することは、自分の存在を知ってもらうことですから、独自ドメインを持たないことは大きな損失でしょう。

ドメインを登録するのはレジストラ

 
パソコンをする人。困った編

ドメインを登録するにはどうしたらいいの? 役所みたいなものがあるの?

人でも勝手に名乗る名前は、身内では通用しますが公の場では通用しません。

ドメインも同じです。自分で作ったらインターネット上で認められないといけません。勝手に名乗るだけでは誰もあなたのサーバーにはたどり着きません。結果、あなたの作ったWebページは見えません。

作ったドメインをインターネット上で使えるように登録する必要があります。その業者をレジストラと言います。

『ドメインを取得する』『ドメインを買う』というのは、レジストラにドメインの登録を代行してもらうことです。

ICANN公認のレジストラは日本では10数社しかありません。

 
パソコンをする人。困った編

ICANN?

ICANNは、1998年に設立されたインターネットのIPアドレスやドメイン名などのリソースを管理する非営利団体です。

インターネットが爆発的に普及したので、数に上限があるIPアドレスやドメイン名を管理する必要が出てきました。そのために設立された団体です。

日本では次の3つのレジストラ以外は、直接使うことはほとんどありません。

  • お名前.com(GMOインターネット)
  • ゴンベエドメイン(インターリンク)
  • スタードメイン(ネットオウル)

お名前.comは国内では1番有名なレジストラです。

ゴンベエドメインは、聞いたことがないと思いますが、扱っているドメインの種類が日本で1番多い業者です(700種類以上)。種類とは、".jp"とか".com"のトップレベルドメインのことです。

お名前.comで探して無い時→ゴンベエドメインという流れが多いです。お名前.comでも550以上の種類があるので、こだわりの強い人向けの位置付けです。

スタードメインはあまり聞きませんが、エックスドメインは聞いたことがあるかもしれません。

エックスドメインは、人気レンタルサーバーのエックスサーバーの会社が運営しています。エックスサーバーを契約するときにセットでお得に付いてくるドメインを扱っているのがエックスドメインです。

エックスドメインはスタードメインの代理店みたいなもので、レジストラではありません。リセラー(再販業者)と呼ばれます。

 
パソコンをする人。困った編

ムームードメインとかバリュードメインが有名みたいだけど?

たしかにこの2社は、お名前.comのライバルとして有名でしたが、いまは同じGMOグループで、お名前.comのリセラーという位置付けです。

3つ以外のレジストラは、リセラーを通して使われていることが多いので、あまり知られていません。

ドメイン登録業者の選び方

 
パソコンをする人。困った編

業者がいっぱいあるな。選ぶのに困るんだけど。

最初に、手続きが1番簡単な方法の答えから言います。

  • 初心者は、レジストラが提供するドメイン登録・レンタルサーバーのセット契約(ドメイン登録時にDNSオプションを付ける)
  • 慣れたらレンタルサーバーだけを好みの場所に引っ越し
  • 中級者以上は、最初からドメイン登録とレンタルサーバーの業者をそれぞれ探して契約(DNSオプションはドメイン登録側)
  • 上級者は、最初からドメイン・DNS・サーバーをそれぞれ専門サービスを探して別契約

ここからくわしく説明します。たしかに、業者はたくさんありますね。でもパターンは次の2つです。

  • レンタル(クラウド)サーバーとセットで契約
  • ドメインとサーバーは別々に契約

それぞれ向き不向きがあります。1つずつ見ていきましょう。

レンタルサーバーとセットで契約

 
パソコンをする人。困った編

レンタルサーバーの会社が一緒にやってくれるならこっちのほうが楽そうだな。

たしかにまとめて契約したほうが管理しやすいです。でも、法人や個人事業の場合は契約は分けたほうが良いです。

その理由はあとにして、まずはセット契約について詳しく見ていきます。セット契約には、さらに2つのパターンに分かれます。

  • ドメイン登録業者が販売しているレンタルサーバーとのセット契約
  • レンタルサーバー業者が販売しているドメイン登録とのセット契約(無料ドメインオプションも含む)

どちらもレンタルサーバーとドメインのセット契約ですが、取扱う業者の本業の違いで性格が異なります。ただし、サービスの内容には違いはありません。

ドメインは名前だと言いましたね? レンタルサーバーを選ぶことは、住居を選ぶことだと思ってください。そうすると、レンタルサーバー業者が提供するドメインのデメリットが出てきます。

自分の名前は、ほとんどの人が死ぬまで変わりません。でも、環境の変化で引っ越しはします。

  • 親の仕事で引っ越し
  • 就職してワンルームのアパート
  • ちょっと給料が上がって1LDK賃貸マンションにランクアップ
  • 結婚して2LDK賃貸マンションにランクアップ
  • 子供が生まれて3LDK賃貸マンションにランクアップ
  • お金がたまってマンション・一軒家を購入

というように、環境の変化で住む場所、住まいのランクが変わります。

レンタルサーバーも同じです。いい場所(業者)が見つかれば引っ越すし、自分の生活スタイル(Webサイトのアクセス数・サーバー負荷)に合ったところが見つかれば引っ越します。

レンタルサーバーの提供するドメインのデメリット

レンタルサーバー業者が提供するドメインは、引っ越しのときに手続きが面倒です。

 
パソコンをする人。困った編

???
サーバー移転とドメインがどう関係してくるの?

まず、他社のサーバーでドメインが使えるかどうか分かりません

また、それができたとしても、移転前の業者を解約するときに、ドメインの契約だけ残すことができないことがあります。レンタルサーバー契約のオプションでドメインサービスが付いている場合です。

このとき、ドメインを継続利用したければドメイン移管をお願いされます。くわしくは後でするので、ここではスマホの乗り換えだと思ってください。

なかには、ドメインが移管できない場合もあります。とくにメジャーでない種類のドメインを使うと移管できないことがあります。こうなると、サーバーの移転と同時にドメインを変更しなければなりません。

(住所を変えるだけで名前を変えなければならないことを考えると、どれだけの不都合が出るのか分かります。)

契約はまとめてしてるけど、中身は別契約ということもあるので、正確な情報は各レンタルサーバー業者に確認する必要があります。

そもそも契約前にそこまで考えないので、問い合わせるのが面倒だし分かりにくいです。

また、企業や個人事業では利益の拡大を目指します。ここでいう住むところのランクアップがあって当たり前です。

利益もないのにいきなり高い家賃のところには住みません。だから、法人・個人事業ではあとのことを考えると使いづらいです。

 
パソコンをする人。困った編

じゃあ、どういう場合に向いているの?

個人の趣味の範囲で終わるものとか、テスト環境など使い捨てドメインを使う場合に限られます。

このパターンは、ふつうはないと思っていいです。またこの場合、ドメイン登録業務はリセラーになります。ドメインだけ見れば代理店なので、直営店(レジストラ)よりお得になることはあまりありません。

ドメイン移管の流れ

 
パソコンをする人。困った編

さらっと言ったけど、ドメイン移管ってなんなの?

レジストラやリセラーは、ドメインの管理業務の代行もしています。その管理業務を別会社へ移動するのがドメイン移管です。さっきスマホの乗り換えみたいなものと言いましたが、移管の方法もほとんど同じです。

手順は各社で少し違いますがだいたいこんな感じです。

  • 移転元でDNSオプションを付けている場合、サービス内容を確認(DNSサービスのすべてが移転先でも使えるか分からないので)
  • 移転元のレジストラ・リセラーに、ドメインが移管できるか確認
  • 移転元から移転コードを発行してもらう
  • Whois情報のメールアドレスを確認(移転のやり取りはこのメールアドレスで行なう)
  • Whois情報の代行をしている場合、Whois情報を自分のものに更新する
  • 移転先のレジストラ・リセラーのドメイン移管方法を確認
  • 移転先にドメイン移管申請をする
  • 移転先から移転元へ移管の通知(レジストラ・リセラー同士で行います。利用者は結果を待つだけ。)
  • 移転先でDNSオペションも付けるなら設定変更
  • 数日から2週間くらいで移管完了

結構しんどいです。だから、ドメイン登録・DNS設定・サーバーを選ぶときには、長い目で見て1番手間のかからないものを選ばないといけません。

レンタルサーバーに付いているドメインオプションは、『どんなに環境が変わっても、俺はワンルームマンションから引っ越さない!』と覚悟しない限り、いつか面倒なことになるかもしれません。

 
パソコンをする人。困った編

手順は分かったけどWhois情報って何?

インターネットに公開されたドメインは、所有者情報を公開する義務があります。『公に出る場合は何者か名乗れ!』ということですね。

氏名(法人名)、住所、メールアドレスなどです。

個人の場合は危険です。個人情報が世界中にだだ漏れです。だからWhois情報代行というサービスがレジストラ・リセラーにはあります。

これを使うと、Whois情報にはレジストラ・リセラーの所有として公開されます。

法人の場合は使ってはいけません。会社の正体を隠すのは違法の匂いがします。せっかくいいサイトを作っても信頼されません。

インターネット上の登記に該当します。個人の場合は必要ないので代行サービスを使うのがふつうです。
管理画面で自由に変更できる業者もありますが、お名前.comでは変更するとき、法人の場合は書類の提出を求めることがあるくらい重要なものとしています。

レンタルサーバーとドメインのセット契約ならドメイン登録業者のほうが良い

 
パソコンをする人。困った編

ドメイン登録業者のセット契約は同じじゃないの?

ドメイン登録業者が販売しているセット契約の中身は、ドメイン登録とレンタルサーバーが別契約になっています。セットではなく同時契約ですね。

もちろん、レンタルサーバーを解約してもドメインの契約は残せます。レジストラであれば、どのレンタルサーバー業者も対応しているのでサーバー移転に問題はありません(一応確認は必要です)。

そして、移転作業が簡単でスムーズに進みます。すべての作業に1日もかからないでしょう。慣れた人なら1時間もかかりません。

このタイプは初心者に向いています。

何も分からないのに、ドメイン登録・DNS設定・サーバーの、それぞれ業者を探すのは大変です。

とりあえずレジストラにドメインを登録すれば、DNSサービスもオプションで付いています。また、サーバーもお任せでとりあえず調達できるので、早くサイトが公開できます。

すべての管理アカウントが1つで済むのも、初心者にとっては良いです。

何より、DNSサービスとレンタルサーバーを探す作業がいりません。これらのサービスを探すにはそれなりの知識が必要で、初心者には時間がかかりすぎます。

上級者向けの仕様に移行しやすいのも良いです。最初としてはこれがベストです。(事業者、個人ともに)

リセラーでも同じ内容のセット契約ができます。でも、ドメインを代理店にするメリットが無いので、レジストラを使うほうが良いです。『お名前.com』『ゴンベエドメイン』『スタードメイン』にはそれぞれ同時契約があります。
onamae image
サーバーのタイプを選んだあと、ドメインの選択で『独自ドメインを申込む』を選べば、レンタルサーバーとドメインの同時契約ができます。
_

ドメインとサーバーはそれぞれの契約が1番良い

 
パソコンをする人 上手く行った

よっしゃ。レジストラの同時契約で決まり!

ちょっとまって! 一応最後まで説明させてください。次のタイプが1番環境としては良いので。

 
パソコンをする人。困った編

それぞれの契約なんて面倒なだけじゃないの?

別々に契約するメリットは、『適性な本業同士の最強のコンビ』が作れることです。

ドメインとサーバーの本業同士の組み合わせなので、選び方が適正なら安定感は抜群です。

管理アカウントは最大でも3つなので管理できないことはないでしょう。そして、事業者にとってはリスクヘッジにもなります。

いま世に出ているレンタルサーバーの業者は、余程のことがない限りサーバーがダウンすることはありません。稼働率が99.9くらいあります。

でも、絶対に起きないことはありません。起きたときの対処は自分ですべきです。対処方法は、すばやく業者を移転することです。

サーバー業者の復旧作業は、数時間で終わることもあれば、数日かかることもあります。これは起きてみないと分かりません。

商売をしている人にとっては、数日間の利益が0になるので死活問題ですよね?

 
パソコンをする人。困った編

でも、レンタルサーバーってそんなに乗り換えるものなの?

そんなに乗り換えるものではありません。ただ、レンタルサーバーの業者は競争が激しく、お得なところがコロコロ変わります。ドメイン移管でも言いましたがスマホみたいなものです。

商売をする人にとっては、固定費を抑えることやコストパフォーマンスの重要性は分かると思います。そういう意味では、乗り換えは一度は経験すると思ったほうがいいです。

ドメインを別契約する場合のサーバー移転作業は、

  • 新しいサーバー業者の契約
  • 持っているドメインを新しいサーバーの管理画面で設定
  • 新しいサーバーでドメインを使うように切り替え(DNS設定変更)
  • 古いサーバーを停止(できなければドメイン設定を空白などにしてアクセスを遮断)

だけです。こういう経験は、一度でもあるのとないのとでは雲泥の差があります。

慣れると数分でできるようになります。最長でも1日くらいで設定内容は反映されます。

DNSサービスについては、くわしいことはここでは触れません。専用サービスにするメリットが、専門知識がない限り無いからです。

ちなみに、ぼくはMyDNSという無料サービスを使っていますが、メリットはサブドメインがほぼ無制限(あまりにも多くて忘れた)に作れるくらいでしょう。

レジストラのDNSオプションを一度も使ったことがないので正確には分かりませんが、そんなに変わらないと思います。

1番オーソドックスな組み合わせは、お名前.com(ドメイン, DNS)、エックスサーバー(サーバー・クラウド)です。

Wordpressが1つなら初期費用0円・月額500円から始められるクラウドサービス。Wordpressを複数(10個まで)・マルチドメインで使うならレンタルサーバー。【 wpX(ダブリューピーエックス)
Wordpress以外を使いたいとき。【月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』 】Wordpress簡単インストールもあります。

いくつか商品を紹介していますが、『もっといいものがある!』という意見があると思います。それは、少なくとも中級者以上で知識も豊富な証拠です。

でも、『初心者が始めやすくて、将来変更しやすくて、そのまま長く使うこともできる』ものとしては異論はないと思います。

この組み合わせと同等のものはたくさんありますが、『確実に優っている』とまでは言えません。

この『同じくらい』がどこを選んでいいかわからない原因です。なので、ここでは実績の分だけひいきしました。

状況が変わったら更新します。

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!