ドメイン取得の意味が分からない人へ。王道の方法を紹介します。

  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした

ウェブサイトを公開するのに、ドメインの登録業者を選ぶ作業が面倒に感じることはないでしょうか?これに悩む必要はありません。サイトを簡単に早く公開するには全くいらないことで、むしろ邪魔です。

『お名前.com』というサービスは必ず耳にします。好き嫌いを言わなければ、信頼できて安定してます。しかし、すべて良いというわけではありません。

そのお名前.comのメリットとデメリットと一緒に、ドメインの意味が分からない人が一番失敗しないドメインの取得方法をご紹介します。

まずはじめに、『ドメインって何?』という人には、前に書いた記事で説明しています。くわしく説明しようと頑張ったら、ちょっと長くなってしまいましたが、まずはそちらを見てください。

この記事で、失敗しないドメインの登録方法の答えを言ってしまっているのですが、本ページでは、お名前.comについてもう少し説明します。

ここではどの会社がいいのかという比較などは一切ありません。『お名前.com』1つです。

『なぜお名前.comなのか?』と言われれば、

  • 1999年から創業している老舗
  • 扱うドメインの種類が日本で2番目
  • 他に移るほど不都合がない
  • 将来のサイト運営の環境変化に対応しやすい

の総合力です。

そもそもドメイン登録というサービス自体、良し悪しがあまり無いものです。特長は、時間をかけたり、問い合わせをするほど行動しないと出てきません。

ほとんどの人は、ドメイン登録業者のランキングを作りたいのではなく、かんたんに早くサイトを公開したいはずです。

そのためのご紹介をするので、『お名前.com』1つにしぼりました。ドメイン登録会社の好き嫌いを探すのは、空いた時間にしましょう。どうしてもイヤになったら乗り換えれば良いだけです。

けっしてお名前.comが1番良いとは言いません。ただ『大丈夫』と言っているだけです。その理由をこれから説明していきます。5分くらい時間がかかりますが、最後までお付き合いいただければと思います。

domain image
お名前.comのドメイン検索・登録
_

お名前.comはドメインをインターネットで使えるように登録するサービス

何も分からない父ちゃん
パソコンをする人。困った編

お名前.comは何をしてるの?

ドメインは、自分で作ってもインターネット上で認められないと意味がありません。認められないと作ったWebページは誰にも見えません。

ドメインが認められるためには登録が必要です。お名前.comはその登録を代行する会社です。

この代行業者をレジストラと言います。レジストラは日本で数社しかありません。お名前.comはその中の1つです。

 
パソコンをする人。困った編

いま調べたら、ドメイン登録業者がいっぱいあるみたいだけど?

ドメイン登録業者にはレジストラ以外もあります。それらは、レジストラの代理店だと思ってください。この代理店をリセラーと言います。

お名前.comは、レジストラなので直営店みたいなものです。

お名前.comが選ばれる理由

まず、お名前.comの最大のメリットは長い間積み上げてきた実績です。

1999年から始まり、アジア圏初のICANN公認のレジストラとしてサービスを提供してきました。

 
パソコンをする人。困った編

ICANN?

ICANNは、1998年に設立されたインターネットのIPアドレスやドメイン名などのリソースを管理する非営利団体です。

インターネットが爆発的に普及したので、数に上限があるIPアドレスやドメイン名を管理する必要が出てきました。そのために設立された団体です。

お名前.comは、1999年に始まっているので、インターネットの普及が始まった頃からある老舗のドメイン登録業者になります。

 
パソコンをする人。困った編

他にどんなところがいいの?

値段が安いことです。レジストラは直営店なので代理店に比べて安くできます。お名前.comはその中でも安いことで有名です(ただし最安値ではない)。頻繁にキャンペーンをしているので、メールがしょっちゅう来ます。

あと、種類が豊富です。550種類以上あります。種類とはドメイン名の後ろの方にある".jp"とか".com"のことです。

24時間年中無休でサポートしているのでその点も安心です。

お名前.comのデメリット

  • レンタルサーバーを契約するときに付いているドメイン登録でついでにやってしまうほうが楽
  • いつも安売りキャンペーンをしているのでお得な日のタイミングが分からない
  • 送られてくるメールの量が尋常じゃない
  • ネガティブ情報がちまたにあふれている

Webに詳しくない人、Webサービスをいくつも立ち上げない人は、レンタルサーバーの契約時に付いているドメインのオプションや『無料ドメイン1個プレゼント』などを使うほうが手続きは簡単です。

契約先・料金の支払い先がレンタルサーバーだけになるので管理しやすいです。ただし、このパターンにもデメリットはあります。

ぼくはそのデメリットのほうが大きいと思っています。それもさっき紹介した記事に書いたので、ここでは省略しますが、かんたんに言うと、『サーバーの引っ越しが面倒になる』です。

post image

ドメインとは?から登録業者の選び方までまとめて一挙に解説

…ドメインとは何か?なぜ独自ドメインが必要なのか?から登録業者の選び方、そして、ドメイン移管まで一挙に解説します。…

tadtadya.com

_

お名前.comのもうひとつのデメリットは、あまりに安売りのキャンペーンを行なっているので、結局いつが一番安いのかわかりません。

また、メールが毎日、何通も来ます。これは、GMOグループ全般に言えるのですが、体調や気分がすぐれないときに見るとイラッとします。

メールチェックをサボると未読のメールが大量にたまって大変です。なかにはスパムメールだという人もいます。サービス自体は良いので残念なところです。

あとは、ちまたにネガティブ情報があふれていることでしょうか? でもその中には、明らかに間違っているものもあります。その1つがWhois情報の扱いについてです。

Whois情報についても、くわしくはさっきの記事にあるのでここでは言いませんが、お名前.comでは、Whois情報の設定変更は自由にかんたんにはできません。また、代行が年額900円ぐらいかかります。

他のレジストラ・リセラーでは、設定が自由なところも多く、代行料が無料も多いです。

ここが、『ドメインの安さの裏でお金を取られている』『やり方が汚い』と言われています。でも、Whois情報の性格から言ってお名前.comのほうが正しいです。

Whois情報は、厳格ではありませんがインターネット上の登記です。この情報は信頼できる人が運用している証でもあります。

お名前.comは、設定変更のときに証明書類の提出を求めることがあるくらいちゃんとしています。それを自由にいつでも無料で変更できる方がおかしいです。

代行についても、公には、サイトがお名前.comの所有になる訳ですから、ハードルを下げて変なサイトの代行はしたくないということでしょう。

事業者から見ればありがたい信頼できる行為です。この不満は個人運用から見たものです。そして、事業する・事業で社会に貢献するということを知らずに、たんにかかる費用だけを見て言っています。

少なくともぼくは、『信頼の証』として見ています。たとえ陰で『クククッ。だまされてやんの。』と言われたとしても。

ドメインを登録する方法は3つ

もう何度も出てきてしつこいと思われますが、

post image

ドメインとは?から登録業者の選び方までまとめて一挙に解説

tadtadya.com

_

では、『初心者にやさしくて、あとで変更がしやすくて、長く使える』ドメインの登録の方法を書きました。それをまとめると、

  • 初心者は、お名前.comでドメイン登録(DNSも)。同時にレンタルサーバーも契約→慣れたら自分に合ったレンタルサーバー(クラウドサービス)に移転(ドメイン・DNSはそのまま)。
  • 中級者は、お名前.comでドメイン登録(DNSも)。サーバーは自由。
  • 上級者は、ドメイン・DNS・サーバー全部自由。

です。ただし、『お名前.com』ではなく『レジストラ』と書きましたし、中級者以上のことは、あてはまる人たちには言わなくても分かることなので、書きませんでした。初心者に向けて書いた記事でもあったので。

初心者なら

onamae image

お名前.comのレンタルサーバーと同時にドメインを申し込むと、ドメインの初年度分の費用が1円になります。

申し込みでサーバータイプを選んだあとに、ドメイン選択で『独自ドメインを申込む』を選べば、レンタルサーバーとドメインの同時契約ができます。

_

で、中級者なら

domain image
お名前.comのドメイン検索・登録
_
server image

Wordpressが1つなら初期費用0円・月額500円から始められるクラウドサービス。

Wordpressを複数(10個まで)・マルチドメインで使うならレンタルサーバー。

WordPressに特化したエックスサーバーのサービス【wpX(ダブリューピーエックス)】

_
server image

Wordpress以外を使いたいとき。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

※ WordPressも使えます。

_

といったところでしょう。

お名前.comには良いレンタルサーバーがある

とりあえず最初はお名前.comのレンタルサーバーを契約する』がはじめての人には一番良いです。

Webサイトを公開するには各種の契約が必要です。ドメイン・DNS・サーバーについて、それぞれの業者、いろいろな商品から1つずつ選ばないといけません。

何もわからない状態で、これを全部終わらせるのにどれだけの時間がかかるでしょうか?

それなら、難しいものは後回しにして、サイト公開を優先させるべきです。ここではサーバーの選定です。

お名前.comは、ドメイン登録と同時にレンタルサーバーの契約もできます。2年以上の契約でまとめ払いを選べば、月額900円(税別)相当です(共用サーバ(SD-11)を選んだ場合)。

また、ドメイン登録料が1年間大幅にセット割引されます。(2018/08時点で1年間は1円)

その他の料金体系もあります。(すべて税別)

1ヶ月契約(最低3ヶ月)1,300円/月
6ヶ月まとめ払い1,080円/月
1年まとめ払い980円/月

本格的なサーバーまでの臨時としては文句のナシのスペックです。会社のホームページなど、コーポレートサイトぐらいなら、そのまま使い続けても大丈夫です。自分に合ったサーバーを余裕を持って探す時間ができます。

もちろん、お名前.comはレンタルサーバーが本業ではないので、サーバー移転の場合、ドメイン契約はそのまま残せます。(ただし、1年以内だとセット割引はなくなり、ドメインは正規料金になります。)

その他、サーバーに必要な最低限のオプションはついています。

  • SSL
  • マルチドメイン
  • etc...

そして、Wordpressの簡単インストールもできます。

お名前.comのレンタルサーバーのデメリットは、データベースのバックアップが標準機能ではないことです。別途phpMyAdminというアプリをインストールしなければなりませんが、慣れていない人にとってはハードルが高いです。

本命のサーバーとして使うには、ちょっと躊躇する理由です。

ドメインの登録方法

お名前.comでドメインを登録するのは簡単です。

  • 希望ドメイン名(.jp, .comなどは除く)を検索
  • 値段が表示されるものを選択(後で説明)
  • カートに入るのでショッピングのように先に進める
  • お名前IDを作成する(作らないと次に進めません。)
  • Whois情報の代行は個人と法人でチェック有無が違う(説明は後で)
  • ドメインプロテクションはできればチェックしたほうが良い(説明は後で)
  • レンタルサーバーを契約する場合は同時契約にチェックを付ける(後で説明)
  • 支払方法など進めてカート処理を完了させる

希望するドメイン名を検索すると、登録できる種類のリストが表示されるので、ほしいタイプを選択します。

値段が付いていないものは、すでに他の人に登録されてしまっています。別のドメイン名を検索し直すか、空いているタイプで我慢しましょう。

ぼくは検索し直すことをオススメします。すでに登録されているサイトが優良だったら良いですが、悪質なサイトだった場合、悪評が自分の身に降りかかる可能性があります。
ドメイン名はオリジナルで分かりやすいものがベストです。いい名前を付けてあげましょう。

また、メールマークが付いて選択できるものがあります。これは、いまは誰かが使っているけど、空きが出たら連絡が来るように予約するという意味です。キャンセル待ちみたいなものなので、待つよりも別名を考えたほうが良いです。

Whois情報の代行は、個人の場合は付けて、法人の場合は付けないほうが良いです。

ドメインを登録すると、登録者の氏名(法人名)、住所、メールアドレスなどの個人情報が、Whois情報として、全世界に公開されます。

個人の場合は、住所、氏名、メールアドレスが公開されると、個人情報を悪用される可能性が高いです。チェックを付けて代行してもらいましょう。代行してもらうと、Whois情報はお名前.com所有として公開されます。

法人の場合は、逆に代行してはいけません。企業が住所、法人名、連絡先を隠すのは、怪しい違法行為の匂いがします。間違ってもチェックを付けてはいけません。

ドメインプロテクションは、管理画面での作業は、ドメイン登録者が承認しないと操作できないという機能です。

不正ログイン対策なのですが、個人では操作する人と承認者が自分なので、いらないと思いがちです。しかし、不正ログインの検知機能として使うことができます。

ドメインプロテクションには、操作対象の制限もできます。また法人の場合は、操作権限をもつ人が複数いたりするので、さらに必要性が増すでしょう。

このあたりは、どの程度セキュリティを考えるかによるのでケースバイケースになります。ぼく個人の意見では、使った方がよいと思います。

レンタルサーバーの同時契約では、チェックを付けるだけでサーバーのタイプは選べません(おそらく一番安いやつ)。今、お名前.comに問い合わせ中です。進展があったら更新します。

domain image
お名前.comのドメイン検索・登録
_

ドメインとレンタルサーバーを同時契約する場合、サーバーを選びたければ、レンタルサーバーの申し込みフォームからできます。

  • サーバーのタイプを選ぶ
  • ドメインの検索から登録するドメインを選ぶ
  • カート処理を進めて完了させる

(途中、お名前IDの作成があります。)

onamae image

お名前.comのレンタルサーバーと同時にドメインを申し込むと、ドメインの初年度分の費用が1円になります。

申し込みでサーバータイプを選んだあとに、ドメイン選択で『独自ドメインを申込む』を選べば、レンタルサーバーとドメインの同時契約ができます。

_

お名前.comは、ドメインを管理するサービスとしてほぼ不満はありません。ドメイン管理を安心して任せられるサービスです。

そして、一度任せてしまえば、別のところに変更する理由は今のところありません。それだけ安定・安心のサービスです。

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!