日本国憲法にとって『立憲主義』はキモのキモ

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
和柄の画像

連載
日本国憲法を読む。 Vol.3

今回は、日本国憲法の”権力の暴走を止めるストッパー”という役割はなぜあるの? の解答編です。

その答えは、”立憲主義”にあります。”立憲主義” はとても大事だよ。という話です。立憲主義がないと、憲法があっても三権分立を確立させても全く意味がなくなります。

立憲主義とは何なのか? なぜ大事なのか?を考えていきます。

”立憲主義” は日本国憲法の基本中の基本

前回は、日本国憲法には ”権力の暴走を止めるストッパー” という役割があると言いました。これは、日本国憲法は”立憲主義”という考えを取り入れた憲法だからです。

前に、”日本の統治システムは立憲君主の民主制を採用している”とも言いました。この答えもここにあります。

立憲主義って何?

権力を持った人が、自分の思い通りに何でもできる国ってどう思いますか?

常に権力にあーしろ、こーしろと言われ、嫌われたら監獄に入れられる。死刑になるかどうかも権力者の気分次第。

いやですよね?

これを防ぐための考え方が立憲主義です。正確には”近代立憲主義”といいます。

大日本帝国憲法は”外見的立憲主義”と呼ばれることもあります。ただ、立憲主義だけでかなりのボリュームになるので、ここでは細かい区別は行わないでたんに立憲主義と呼びます。

立憲主義は、権力者が憲法に規定された範囲内でだけ、権力を行使できるようにすることです。権力者に好き勝手はさせないということです。

日本国憲法に立憲主義を掲げることで、”権力の暴走を止めるストッパー”の役割を憲法に与えているわけです。

日本国憲法第98条には、

この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。

とあります。

これと、”国民に憲法を守る義務はない” の回で出てきた日本国憲法第99条を組み合わせることで権力が暴走しないようにしています。

まさしく立憲主義ですね?

ここで注目すべきは、『詔勅(しょうちょく)』も憲法で制限されることです。

詔勅は天皇が出す命令書なので、天皇の行動も憲法で制限されます。

  • 立憲主義は、憲法の上に誰も・何も置かない
  • 立憲主義では、憲法の枠を超えて権力を使うことはできない

立憲君主って何?

『アメリカ・フランス・ドイツ』と『イギリス・オランダ・スペイン』の違いは? と言われて何か思いつきますか?

アメリカ・フランス・ドイツは大統領がいます。

イギリス・オランダ・スペインは国王がいます。

国王は君主です。大統領は君主ではありません。じゃあ日本は?

日本には天皇がいます。天皇は君主です。

立憲主義を掲げた憲法があって君主がいる。

日本は立憲君主制を採用しよう!

っていうかんじです。

ここで悩みがありました。

君主の立ち位置って憲法の上? 下?

天皇を憲法の上に置いたら、もし天皇が暴走したらどうする?

こうゆう議論をしたかどうか分かりませんが、結果として日本国憲法では天皇も憲法の下に置きました。

何人たりとも憲法の上に存在することは許されないということです。天皇だろうがなんだろうが関係ないということです。

実は、前の憲法(大日本帝国憲法)も立憲君主を掲げた憲法です。これは、ドイツのプロセイン憲法を手本としたためです。
(当時はまだドイツに皇帝がいた)

実際は、明治のはじめに近代国家に国を変えるには、立憲主義を掲げる以外に選択肢はありませんでした。

ここでは書ききれませんので許して下さい。
(僕自身まだまだ勉強不足で簡単に書く力はありません。今後の宿題です。)

日本国憲法第99条で、権力を持っていないのに天皇と摂政も含めているのはこのためです。

立憲君主制では、君主(天皇)も憲法に縛られる

中国、北朝鮮、日本の違いもここにある

中国・北朝鮮は、意外(?)に思うかもしれませんが、憲法を持った民主主義国家です。不思議に思いませんか?

中国・北朝鮮は独裁国家ですが、一応政党もあり、選挙もあり、権力分立の機能も持っています。

民主主義と共産主義は対義語ではありません。共産主義と対義として使われるのは資本主義です。
(共産主義は独裁が多かったり、比較的自由が制限されることから自由主義も対義語で使われる)

学校の授業で『三権分立(権力分立)は、権力を分散させてお互いに監視させることで権力の暴走を食い止める』と教わったと思います。しかし、

三権分立は権力の暴走を止めることはできません。

学校では、目的はそうかもしれないけれど、結果としてそうなっているかは教えていません。学校で教えている三権分立は、あくまで目的としての理由です。

これは、中国・北朝鮮を見れば分かります。

じゃあどうして日本は独裁国家じゃないのに、中国・北朝鮮は独裁国家なの?

の答えにもなります。

もう皆さんお分かりですよね?

そうです。中国・北朝鮮の憲法は立憲主義ではありません。

中国は、憲法の上に中国共産党がいます。正確には、中国の憲法には、”中国共産党の指導の下...” という文言があって、何でも中国共産党の指導の下で行われるとなっています。

事実上の憲法の上の中国共産党です。だから、思想の自由が書かれていても、政治結社を作る自由が書かれていても、人権思想が書かれていても、中国共産党の指導で『却下!』と言われれば、それでおしまいです。

よくニュースなどで、欧米のメディアに批判された中国の首相や外相が、『憲法に書いてあるからその批判は間違いだ』と言います。感想は皆さんで判断してください。

北朝鮮は、金一族が憲法の上にいます。実情は中国とあまり変わらないと思っていいです。

中国や北朝鮮が近代国家として扱われないことがあるのもこのためです。

近代国家には、立憲主義を掲げるということが必要で、近代国家の始まりがフランス革命なのでそうなります。

近代以前
君主は憲法に縛られない
近代以後
君主も憲法では特別扱いしない。または君主制を廃止。

このように、立憲主義は近代国家の憲法にとって基本中の基本になっています。

立憲主義を掲げない憲法を持つ国家、立憲主義を守ろうとしない国家は、近代国家としては一人前の国家ではありません。

ちなみに今の日本は、残念ながら立憲主義を掲げながら、立憲主義を守れていません。

第二次安倍内閣は近年まれに見る『立憲主義の破壊者』です。『強いリーダーシップ』『決断力がある』と『立憲主義の破壊』の違いに気付いていない国民も問題でしょう。

今回は立憲主義について見てきました。

次回は、日本国憲法で国民の義務より権利が多いのはなぜか? を考えます。

  • 今の日本は、立憲主義と言いながら、まったく立憲主義を守れていない
  • というか、日本人は立憲主義を知らない
  • 日本は、近代国家として一人前ではない。一人前になる気もない。
最近政治カテゴリでよく読まれている記事です。
post-cta-image
blog image

土地所有の歴史で時代の主人公が見える

日本の歴史では、歴史の勝者がコロコロ変わってきました。大王・豪族、天皇、貴族、上皇、武士、国民。でも変わらないのは、全員有力な土地の所有者だったことです。それだけ『土地』と『歴史』は深くつながっています。そこで歴史の勝者を『土地』から見ていきます。

tadtadya.com

_

日本国憲法について以下の外部リンク、資料を参考にしました。

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!