大相撲の女人禁制と天皇の男系男子継承は根が同じ

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
菊紋

連載
日本から天皇がいなくなる日 Vol.6

天皇の男系男子継承の伝統は、大相撲の”女人禁制”の伝統とよく似ています。伝統になったのは明治になってから、近代に入ってからの新しい習わしだということです。

じつは伝統ではなく因習だったという点でも共通しています。

大相撲の”女人禁制”は伝統ではなく”因習”

大相撲の巡業で、舞鶴市の市長が土俵上で倒れたことをきっかけに、女性が土俵に上がってはいけない女人禁制の伝統について話題になっています。

海外では女性蔑視の思想として批判的なコメントが目立ちます。

日本国内では、『男尊女卑ではない』というコメントを出す人々がたくさんいます。しかし、大相撲の『女人禁制』は間違いなく『男尊女卑』の思想から始まっています。詳しいことは『因習とは?因習と伝統の違い』にあります。

ここでは簡単に説明します。

相撲で祀っているカミは女神だから、女性が土俵に上がると女神が嫉妬して怒ってしまう

という伝統らしい”理由”もありますが、これは『男尊女卑』の思想に正当性を持たせるために出てきたアイディアです。

そしてこの伝統が確立されたのは、明治の近代化の中での出来事でした。これは、天皇の男系男子に限定した皇位継承の伝統も同じです。

詳しくは、『天皇の男系男子の継承は伝統ではない』にあります。

天皇の伝統と相撲の伝統はとても似ています。女性が排除された時期が同じで、それ以前は女性は排除されていなかったという事実があることです。

太古の昔から女性が排除されていて、それが日本人の宗教観としてきちんと理由付けされて、日本人に理解され続けたのなら、伝統として理解できますが実際はそうではありません。

この点から、天皇の男系男子の継承や相撲の女人禁制に関しては、伝統ではなく『因習』としたほうがしっくりくるでしょう。

相撲の土俵から女性を排除したのは明治から

『女性は土俵に上がれない』は新しい因習

日本の明治より前、近代以前の時代は『女相撲』は確実に存在しました。女性が上半身裸で相撲を取っていたくらいです。

これはこれでどうかと思いますが、少なくとも土俵から女性を排除していません。

日本の最古の歴史書である『日本書紀』でも女相撲に関する記述があります。

崇峻天皇の時代。天皇が優秀な大工職人に『失敗はしないのか?』と質問されました。
その職人は『失敗しません』と答えます。
すると崇峻天皇は女性をふんどし姿にさせて相撲を取らせました。
すると職人はその女性の裸姿に気を取られ失敗してしまいました。

Doctor-Xならぬ、ヘタレのShokunin-Xみたいな話ですが、日本の歴史で最古の『相撲』に関するエピソードです。相撲は女相撲から始まっています。

明治政府はこれを問題視しました。女性がおっぱい丸出しで相撲を取ることが、『野蛮だ!』として、文明国としてふさわしくないと思ったからです。

そこで、『相撲で祀っているカミは女神だから、女性が土俵に上がると女神が嫉妬して怒ってしまう』という物語を、元々あったのかこのときに作ったのか分かりませんが、女性を土俵に上げない正当な理由として利用したのでしょう。

相撲は女相撲から始まっている
『女相撲』という言葉自体間違いかもしれません。だってもともと相撲は女相撲から始まっているから。
本当なら『漢(おとこ)相撲』という言葉があってもいいくらいです。

日本には『女人禁制』、『男人禁制』の伝統はある?

この理由付けを考えた人はとても優秀な人だと思います。『女神を祀る祭祀の行事は男性に限る』という習わしは、まったく何もないところから発明したわけではないからです。

たとえば、世界遺産にも認定されてる福岡県の沖ノ島にある沖津宮には、宗像三女伸の1柱が祀られていて現在でも島全体が女人禁制です。

また、富士山にある浅間神社に祀られているのも女神で、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の妻で、海幸彦、山幸彦の母親が祀られています。かつては富士山の2合目から上は女人禁制でした。

このように、『女神を祀る祭祀の行事は男性に限る』を、相撲の『女人禁制』という、新しい”伝統”の理由付けに利用したというのが本当のところではないでしょうか?

ちなみに、この沖ノ島の『女人禁制』は男尊女卑、女性蔑視の思想との関係はわかりません。

これこそ伝統で『女人禁制の区域』がたまたま伝統の1つとして特定の場所にあるというものなのか、じつはこれも男尊女卑からきているのか不明です。

今のところは沖ノ島の女人禁制にとりあえず賛成していますが、もし男尊女卑の思想からきているのであれば、沖ノ島の女人禁制も『悪しき因習』としていずれ改善するべきだと思っています。

逆に沖縄には女性しか祭祀に参加できない習わしがあって、『男人禁制』の区域もあります。

沖縄はもともと日本とは別の国だったから関係ない

という反論が聞こえてきそうですが、沖縄の風習は、日本の本土で忘れられた古代の日本とむしろ近いと言われています。言語学の側からも古代の日本人の言葉の名残は、日本の北と南の地域に多く存在するとも言われています。

このように、日本には数多く『女人禁制』『男人禁制』が存在しています。その中には、相撲の女人禁制とは異なる性質のものがあるかもしれません。

天皇の男系男子の継承も『男尊女卑』『女性蔑視』から来ている

相撲の女人禁制の伝統が作られた明治時代、大日本帝国憲法を制定すると同時に、天皇の皇位継承を制度化するための皇室典範を制定するため議論していました。

皇室典範(こうしつてんぱん)

皇室に関する決まりごとを定めた法律。天皇の皇位継承のルールも定めている。

明治に制定されたときは憲法と同列に扱われ法律ではなかった。1947年に日本国憲法が公布されたときに法律の扱いとなる。

このとき、天皇の男系男子に限定した継承を法律で定めることに対して、なぜ女帝・女系を排除するのか?という議論がありました。

伊藤博文は男系男子を優先するという姿勢ではありましたが、決して女系・女子を排除はしていません。

過去をさかのぼれば確実に女帝が存在しましたし、母親から皇位を受け継いだ天皇もいたからです。なにより、女帝、女系を排除しない養老律令継嗣令という法律が古代から存在していました。

養老律令(ようろうりつりょう)

757年、孝謙天皇の時代に施行された律令。701年に成立した大宝律令の修正版とされている。古代。平安時代の半世紀前。

律令は、律(りつ。刑法)と令(りょう。民法、行政法)からなる憲法みたいなもの。

天皇の皇位継承のルールを定めた継嗣令(けいしりょう)もある。

この議論を終わらせたのは『男尊女卑』『女性蔑視』の思想でした。

井上毅(いのうえ こわし)などは、

  • 女性は男性よりも政務の能力が劣る
  • 日本の社会通念としての『男性上位』の考え方がある以上、国民の賛同を得られない

と主張してそれが採用されたためです。これはまったくの『男尊女卑』の思想そのものでした。

井上毅の名誉のために言いますが、男系男子にこだわる理由はけっして『男尊女卑』だけではありません。ここでは長くなるので割愛しますが、当時はそれだけ『男尊女卑』が当たり前の時代だったということです。

日本はもともと『女性』が上位にいることが自然の社会

古代の日本は、女性が男性の上位にいることが自然の社会でした。

  • 女王卑弥呼・その後継者の台与(とよ)
  • 応神天皇の母親である神功皇后
  • 飛鳥・奈良時代の半分は女帝
  • etc...

古代の日本には、女性がエネルギッシュに活動したエピソードがたくさんあります。むしろ男性よりも積極的で好戦的だった面もあります。

日本の伝統は男の血筋にとらわれない、男系男子にこだわらない

というのが本来の姿です。

日本の伝統はもともと男女平等
天皇・皇室に関する書籍
post-cta-image

天皇や、皇室に関する書籍をご紹介します。

内容がかんたんで頭に入りやすいものを選びました。かんたんだからと言って内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身に付くでしょう。


くわしくはこちら

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!