保元の乱 武士が政治の世界に進出する

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
画保元の乱

保元の乱(ほうげんのらん)は、鳥羽上皇崇徳上皇の親子喧嘩が原因で始まりました。そこから後白河天皇 vs 崇徳上皇の兄弟喧嘩が大爆発します。

保元の乱は、天皇・上皇、有力貴族、武士と、日本の政治にかかわるすべての勢力が二分された戦でした。このようにすべての勢力が参加して日本を二分した例は他にありません。

そして保元の乱で実際に戦ったのは、それぞれ双方に味方した武士たちでした。彼らの活躍によって武士が政治勢力として飛躍するきっかけを作ります。

中世 平安時代 - 末期 -

保元の乱 前夜

修復不可能な親子の関係

保元の乱には、鳥羽上皇崇徳上皇の関係が欠かせません。鳥羽上皇と崇徳上皇は、修復することが不可能なくらい仲が悪い親子でした。

太上天皇(だじょうてんのう)

退位した天皇のこと。

上皇(じょうこう)

太上天皇の短縮した言い方。

太上法皇(だじょうほうおう)

出家した上皇のこと。たんに法皇という。

院(いん)

上皇の住まい。そこから上皇・法皇のことを『○○院』と呼ぶ。

詳しくは『太上天皇とは何か?』

そこには崇徳上皇の出生に秘密があります。鳥羽上皇は、崇徳上皇が自分の息子ではなく、自分のお祖父さん(白河上皇)の息子だと思っていました。

このショッキングなスキャンダルは、鳥羽上皇の人生のすべてに影響するくらいのインパクトがありました。

近衛天皇の死が導火線に着火した

結果的に天皇の皇位は、

鳥羽天皇 - 崇徳天皇 - 近衛天皇 - 後白河天皇

と受け継がれていきますが、近衛天皇の早死で、皇位継承の行く先で鳥羽・崇徳親子の仲の悪さが大きく影響します。

崇徳上皇は、自分が再び皇位に就くか、自分の息子を天皇にと希望します。鳥羽上皇は、それだけはいやがっていました。

崇徳上皇は、生まれた時からの境遇に、とうとう爆発寸前というところまで来てしまいます。鳥羽上皇も大乱を予想して、自分の御所を警護していた平氏と源氏を中心とした有力武士に備えるよう命じます。

着火点1
鳥羽法皇 vs 崇徳上皇

有力貴族が導火線に油を塗る

鳥羽と崇徳の爆発寸前の対立に、関白と左大臣の対立が加わります。

左大臣 藤原頼長(ふじわら よりなが)は、近衛天皇に養女を入内させて皇后に昇格させます。それに対し、頼長の兄の関白 藤原忠通(ふじわら ただみち)も、続けて近衛天皇に養女を入内させて皇后に昇格させました。

この兄弟は異母兄弟ですが、政治的に常に対立する二人でした。この二人がそれぞれ、鳥羽上皇、崇徳上皇に加担することで、皇族の皇位継承対立から政治権力の対立へと膨張します。

着火点1
鳥羽法皇 vs 崇徳上皇
着火点2
藤原頼長(左大臣)vs 藤原忠通(関白)

鳥羽上皇の死で乱の火ぶたが切られようとしていた

鳥羽上皇は、崇徳上皇の希望を潰して、即位した後白河天皇にあとを託します。自分の警護をしていた武士たちにも、自分の亡くなった後は後白河天皇を守るように命じていました。

このような状態で鳥羽上皇が亡くなります。その時を崇徳上皇は待っていました。

乱の勃発

後白河天皇即位の翌年(1156年)、鳥羽法皇が亡くなった翌日、崇徳上皇がクーデターを起こします。”保元の乱(ほうげんのらん)” です。

上皇派天皇派
 崇徳上皇
(兄)
 後白河天皇
(弟)
 関白 藤原忠通
(兄)
 左大臣 藤原頼長
(弟)
 平忠正
(叔父)
 平清盛
(甥)
 源為義
(父)
 源義朝
(子)

保元の乱の対立構図を簡単に書きました。皇室、貴族、武士の政治勢力のすべてが、家族間でそれぞれ分かれて戦っています。藤原兄弟は二人とも先代の近衛天皇の義理の父親です。

そして、ここで注目するところは有力武士が参戦していることでしょう。

源為義(みなもとの ためよし)は、頼朝(よりとも)・義経(よしつね)、木曽義仲(きそ よしなか)のお祖父さんです。源義朝(みなもとの よしとも)は、頼朝・義経のお父さんです。頼朝は父と一緒に天皇派として参戦しています。

武家政治の主人公になる平清盛(たいらの きよもり)、源義朝・頼朝はともに天皇派でした。このときは源平合戦で戦うことになる両者が仲間だったんですね。

結果はあっさりと決着

鳥羽・後白河天皇は、大乱を予想して準備していたので、崇徳上皇派はあっさりと返り討ちにあってしまいます。結果は天皇派の圧勝で、崇徳上皇は讃岐へ流されました。

これが本当の ”天下分け目”

”天下分け目の関ケ原” という言葉がありますが、本当は天下分け目ではありません。

関ケ原は武士同士の争いです。勝ったほうが政治権力を掌握するということからそういうのでしょうが、力が弱っていたとはいえ、政治権力に関係する貴族・皇族は一切関係ありません。

皇族・貴族・武士すべてが戦に参戦した ”保元の乱” こそ本当の ”天下分け目” でしょう。

結局一番得をしたのは武家勢力

この乱をきっかけに、後白河天皇は武士の力を頼るようになります。後三条天皇の改革で摂関家摂関政治は急激に力を落とすのですが、この乱でさらに力を落とす結果となりました。

結局、一番得をしたのは武家勢力でしょう。これから武家勢力が政治の中心になっていきます。保元の乱を境にして平安時代は急激に変化していきます。
『天皇・上皇 と藤原氏 -> 皇族、藤原氏、武士の三つ巴』へと。

 

最近歴史カテゴリでよく読まれている記事です。
blog image

土地所有の歴史で時代の主人公が見える

日本の歴史では、歴史の勝者がコロコロ変わってきました。大王・豪族、天皇、貴族、上皇、武士、国民。でも変わらないのは、全員有力な土地の所有者だったことです。それだけ『土地』と『歴史』は深くつながっています。そこで歴史の勝者を『土地』から見ていきます。

tadtadya.com

_

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!