AMPテストを最速で行う方法

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
パソコン image

Google Search Consoleには、AMPテスト機能があります。そのテストを最速で行なう方法です。

Google Search Console(略:サチコ)でAMPテストをするときにテストページに行ってそこからテストしていませんか?

Google Search Consoleのテストページ

じつはこのテスト、わざわざテストページまで行かなくてもいいです。

『amp test』もしくは『test amp』でググってみてください。すると、検索結果の一番上にテストを実行するツールが表示されます。

テストをしたいページのurlを入力してボタンを押すとテストが行われます。わざわざサチコを開かなくてもいいです。

(よく見ると、1位が英語のAMPテストページ、2位が日本のテストページです。『これいる?』と思うのはぼくだけ?)

  • 検索ワードは『amp test』または『test amp』
  • ブラウザはchromeでしか表示されない
  • 日本語は未対応。『amp テスト』『テスト amp』では表示されません。

AMPとは?

AMPは、TwitterとGoogleなどが共同開発した、低速ネットワークでも早くWebページを表示するための技術です。AMPに対応したWebページは、ボリュームの少ない、複雑な機能を排除したWebページです。

AMPに対応したWebページを作るにはふつうのHTMLは使えません。そして、CSSのサイズに上限があり、JavaScriptはAMPで用意されたもの以外使えません。

このようにAMP対応のページは作られるわけですが、テストに合格しないとそのページはインデックスが登録されません。

かんたんに言えば、Webページの内容をどんなに頑張って書いても、絶対に上位に表示されません。トップ100にすら入りません。

AMP対応のページを作るならテストに合格するのは必須です。

AMP対応しなくても上位表示されますが、リッチカードには表示されません。

検索結果の一番上に画像つきで表示されて、ヨコにスクロールするやつです。

リッチカードはクリック率が異常に高いことが分かっているので、AMP対応していないとその分だけ損します。

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!