ツイート
シェア
LINEで送る
B! はてぶでブックマーク
Pocketでブックマーク
RSSフィード

PHP composer, globalのホームパスはどこ?パッケージのインストール先を知りたい

php
イラストダウンロードサイト【イラストAC】
の画像をもとに加工しています。

PHPのcomposerは、一般的にはソースコードのルートディレクトリ、プロジェクトのルートディレクトリがホームになります。

(composer.jsonを置く。)

でもcomposerにはもうひとつ、globalというOSユーザーごとにルートディレクトリが用意されています。そこの場所がややこしい。

composerは一般的に、ソースコードのプロジェクトごとに設定するので、プロジェクトのホームがcomposerのホームにもなります。

composerでインストールするPHPのパッケージなどはアプリごとにちがいますからね?

一方、OSユーザーごとに用意されているcomposerはあまり使いませんが、テスト用や開発用パッケージなど、OS環境全体で共通のものを利用したいときに使います。

(OS環境全体と言ってもOSはユーザーごとに権限があるのでユーザーごとになる。)

あまり使うことが想定されてないからか、そのホームの場所がややこしい。

showサブコマンドで確認

まずは、どのディレクトリがホームなのか確認しましょう。composerのshowサブコマンドを使います。

composer global show
Changed current directory to /home/***/.config/composer
squizlabs/php_codesniffer 3.6.0 PHP_CodeSniffer tokenizes PHP, JavaScript and CSS files and detects violations of a defi...

globalオプションを忘れないようにしてください。これがないと一般的なプロジェクトのホームが表示されます。

Unix
Linux
MacOS
/home/(use_name)/.config/composer
WindowsChanged current directory to C:/Users/(user_name)/AppData/Roaming/Composer

globalのホームは隠しファイル

globalのホームはOSユーザーのホームに作られるんですが、隠しファイルなので通常は見えません。

Windows以外では、ファイル・ディレクトリ名の先頭にドット(.)が付くと隠しファイルになる。

Windowsのユーザーホーム直下にあるAppDataは隠しフォルダ。

Windowsでは、エクスプローラーの設定で隠しファイルを表示するようにします。

(メニューの『表示』で隠しファイルにチェックを付ける。)

Windows以外では、lsコマンドに -a オプションを付けましょう。

前の投稿
PHP composer, autoload機能を有効活用しよう!
PHP composer, パッケージを本番環境と開発環境に分離する。
次の投稿

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください