KUSANAGIが使える低価格クラウド・VPS・レンタルサーバ。3社までしぼる。

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
超高速仮想マシン KUSANAGI
by 写真AC一部筆者加工

KUSANAGIの使えるサーバーのサービスはたくさんありますが、料金をみると法人向けのものが多いと感じます。

個人向け、中小企業向けのものは意外に少なく、3つにしぼられます。

目的に合ったものを選べるように、参考にしていただければ幸いです。

KUSANAGIを使うサーバーの条件

そろそろ条件のいいサーバー(レンタル・VPS・クラウド)に引っ越ししようと思って、KUSANAGIが使える27のサービスをしらべました。

(KUSANAGIを使って2年。もう戻る気はない。)

ぼくの条件は、

  • KUSANAGIが使える。
  • ストレージはSSD標準搭載。
  • マシンスペックの上げ下げが可能。
  • KUSANAGI推奨メモリ4Gの基本料金が4,000円以内。(オプションは別)
  • root権限付与。ssh接続可。
  • バックアップサービスあり。
  • 仮想イメージ保存あり。
  • 個人・中小企業向けのお手ごろの金額。

です。

KUSANAGI

KUSANAGIはWordPressが超高速といわれるWebサイト構築のための仮想マシンです。

仮想マシンといってますが、Webサイトをつくるためのアプリケーションをまとめたものと思っていいです。

まずはそのKUSANAGIが使えること。これを使うためにしらべてるので。

ストレージはSSD標準搭載

SSDはHDDとくらべてファイルの読み書きが速いので必須です。

ここ数年は、サーバーのストレージがSSD標準があたりまえになりました。最低ラインです。

-> SSDのわかりやすい説明

スケールアップ・スケールダウン

これもいまや当りまえの基本機能です。

アクセス数に波があるとき、マシンスペック(CPU・メモリ・ストレージ)の上げ下げができないと、アクセス数が多いときに合わせた高い月額料金をつねに払うことになります。

KUSANAGI推奨環境が5,000円以内

KUSANAGIの推奨メモリは4Gです。

2019年6月26日のいま、KUSNAGIが使えるサーバーのメモリ4Gの基本料金の最安値が3,500~3,900円のあいだくらいです。

それで5,000円越えはキツイかなと。

27のサービスをざっと見たかぎり、低くて6,000円、1万越えはあたりまえです。

(AWSとかは為替で変わってくるので除外。)

まぁ、見るからにある程度の規模の法人向けだったので、正確な数字は忘れましたが。

基本料金の基準は推奨メモリにしました。

それを下回るスペックは500円くらいからはじめられるものもあります。

でも、メモリが1G以下とか、KUSANAGIが安定して動くようには思えないので、基準からはずしました。

(KUSANAGI運用歴2年の経験から実証済み。)

root権限付与・ssh接続可

サーバーでなにか起きたとき、すぐに対応するため自分で作業できる環境が必要です。

バックアップサービス・仮想イメージ保存

なにか起きたときのための保険です。

バックアップサービスは必須です。

仮想イメージ保存は、バックアップと似ていますが、

バックアップは、システム全体のストレージのコピー。

仮想イメージ保存は、システム全体をひとつのファイルに圧縮したもののコピー。

です。

仮想イメージは、バックアップにも使えますが、どちらかといえば同じシステムを複数立ち上げるときなどで使われます。

システム全体がファイルになっているのでコピーがかんたんなんですね?

仮想イメージ保存があるならバックアップはいらないという選択肢もあります。

バックアップや仮想イメージ保存は無料の場合がありますが、運用ではサイズが足りないことが多いです。

追加オプションで月額料金を払うことになります。

(だいたい700~1,200円くらい)

 

これらの条件から3つのサービスにしぼりました。

KUSANAGIまわりは全部おまかせ

技術的なことはおまかせしたい人向け

初期費用無料。

ストレージはSSD標準搭載。

ライトユーザー向けに『これはいいな』と思ったので1つ紹介します。

サーバーについてくわしいことはよく分からない、けど使いたいという人は、

がおすすめです。

KUSANAGIが搭載されたサーバーが最初から用意されています。

WordPressのインストール済みの状態ではじめられるので、むずかしいと感じるソフトウェアのインストール作業がありません。

料金体系とサーバーのスペックです。

(初期費用はすべて無料)

グレード1グレード2グレード3グレード4グレード5グレード6グレード7
月額料金
(税込)
432円972円2,160円4,320円9,720円30,240円51,840円
CPU
(仮想)
1コア1.5コア2コア4コア8コア16コア32コア
SSD容量20GB40GB60GB100GB200GB300GB500GB
保証メモリー1GB1GB1GB2GB4GB8GB16GB
最大メモリー2GB2GB2GB4GB8GB16GB32GB

(2019年6月26日現在)

KUSANAGI推奨メモリはグレード4

サイトの規模によってグレードの上げ下げができます。

サービスプランの変更

まずはグレード1からはじめて、

サイトの応答がおそい。

サイトのエラー表示が多い。

などが起きたらグレードを上げていきましょう。

基本的な設定は、サーバーの管理画面やWordPressの管理画面でできます。

困ったときは電話・メールのサポートもあります。

グレード1~3まではKUSANAGIの推奨メモリに足りません。

サイトを安定して運用するにはここまで上げる必要があります。

グレード1~3は、

それなりに使えたらOK

そのときが来たら上げればいいや

ぐらいで大目に見ましょう。

KUSANAGIについておまかせしているので料金は高めです。

でも、これぐらいの、それ以上の料金でKUSANAGIのインストール作業が必要なサービスもたくさんあります。

FTP接続はサポートしていますがSSH接続はできません。

サーバー上での作業は、ファイルのアップロード・ダウンロードぐらいです。

root権限もありません。

サーバーについては、かなりおまかせしているのでしょうがないですね?

サーバーを自由に使いたいなら

サーバーを自由に使いたい。

コストを安く抑えたい人向け。

動画や画像などを大量にもたないサイトに向いている。

初期費用無料。

最低利用期間なし。

ストレージはSSD標準搭載。

root権限付与。

サーバーの作業をしたいという人には、

をおすすめします。

理由は、

マシンスペックがいいのに料金が安い

から。

料金体系とスペックです。

料金630円/月
(1.0円/時)
900円/月
(1.3円/時)
1,750円/月
(2.5円/時)
3,420円/月
(4.8円/時)
6,670円/月
(9.3円/時)
メモリ512M1G2G4G8G
SSD20G50G50G50G50G
CPU1コア2コア3コア4コア6コア

(2019年6月26日現在)

KUSANAGI推奨は月額3,420円

サイトのスケールアップ・スケールダウンもできます。

ただし、メモリ最小(512M)のスケールは対象外です。

スケールアップ・ダウンを予定しているのなら、メモリ1Gからのスタートになります。

まずはメモリ1Gからはじめて、

サイトの応答がおそい。

サイトのエラー表示が多い。

などが起きたらグレードを上げていきましょう。

root権限があるので、Mackerelなどのシステム監視ソフトウェアをインストールすることもできます。

システム負荷をチェックしてグレードの上げ下げができます。

基本的な設定は、サーバーの管理画面やWordPressの管理画面でできますが、サーバー上で作業できるので自由度はかなり高いです。

ひとつ大きな特長を忘れてました。ConoHa VPSは

KUSANAGIの初期設定が画面操作でできる。

です。

KUSANAGIの初期設定は、サーバーにログインしてCUIでコマンドを入力して行ないます。

(CUIのコマンド入力は、黒い画面でよく分からないアルファベットを入力する作業です。)

エンジニアでない人にとっては意味不明、やりたくない作業でしょう。

ConoHa VPSのKUSANAGIの設定は、

KUSANAGI manager

という管理画面が用意されています。

KUSANAGIの初期設定からWordPressのインストールまで、だれでもできる画面操作でできるのは魅力的です。

ただ、最大の弱点は、

基本ストレージが小さい

(最大でも50GB)

ところです。

動画配信サイトや画像をダウンロードさせるようなサイトなどには向きません。

追加オプションでストレージを追加すれば済むことですが。

期待を込めてもうひとつ

ConoHa VPSと比べてもそん色ないものに

があります。

料金体系とスペックです。

料金685円/月
(初期費用 1,080円)
(年間一括 7,543円)
972円/月
(初期費用 1,620円)
(年間一括 10,692円)
1,706円/月
(初期費用 2,160円)
(年間一括 18,770円)
3,888円/月
(初期費用 4,320円)
(年間一括 42,768円)
7,776円/月
(初期費用 8,640円)
(年間一括 85,536円)
15,552円/月
(初期費用 17,280円)
(年間一括 171,072円)
30,240円/月
(初期費用 34,560円)
(年間一括 332,640円)
メモリ5121G2G4G8G16G32G
SSD/HDD
※1
SSD 20GSSD 30G
HDD 100G
SSD 50G
HDD 200G
SSD 100G
HDD 400G
SSD 200G
HDD 800G
SSD 400G
HDD 1,600G
SSD 800G
HDD 3,200G
CPU
(仮想)
1コア2コア3コア4コア6コア8コア10コア

※1 SSDとHDDがある場合はどちらかを選択

(2019年6月26日現在)

ConoHa VPSとくらべて、初期費用があるのと少し月額料金が高いです。でもストレージは多いです。

ただ最大の欠点があって、

スケールアップはできてスケールダウンができない

です。

そして、スケールアップにも条件があります。

このあたりを自由にしてもっと分かりやすくしてほしいです。

料金が高いように見えますが、ConoHa VPSが安すぎるからです。

ほかのサービスよりはさくらのVPSは十分に安いです。

同じさくらインターネットが提供する

さくらのクラウド

というサービスもあります。

サーバー(CPU・メモリ)とストレージの料金が分けられているので、選択肢が広いです。

いままで紹介したものよりも一番細かく選べます。

スケールアップ・ダウンもそれぞれ変更できるのでカスタマイズに優れています。

1コアCPU

メモリ4GB

SSD40GB

バックアップオプション付き

で5,000円くらいなので結構いいです。

ただ、CPUのコア数を増やしたり、ストレージを100GBに増やしたりすると数千円単位で料金が一気にあがります。

そのあたりがもっと下げられるといいんだけどな、という感じです。

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!