php: composerをインストールする方法

  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
イラストACの画像をもとに加工しています。

phpのcomposerはパッケージを管理するコマンドツールです。

phpプログラムの開発では絶対に外せません。そのcomposerのインストール方法をサンプル、キャプチャで示しながらご紹介します。

composerコマンドは、phpの標準機能についていません。別途インストールする必要があります。まずはcomposerをダウンロードするところから始めます。

composer.pharファイルのダウンロード

composerのインストールは、composer.pharファイルをダウンロード、設定して行います。

composer.pharのファイルはhttps://getcomposer.org/download/から取得します。

Windowsの場合はインストーラ(Composer-Setup.exe)が用意されています。上記ダウンロードサイトから取得できます。

composer.pharファイルの取得先ページでは、コマンドラインからダウンロードして、インストールまで行う方法があります。しかし、直接composer.pharファイルをダウンロードして使うこともできます。

コマンドラインでのダウンロード・インストールの方法はhttps://getcomposer.org/downloadの通りなのでここではご紹介しません。直接composer.pharファイルをダウンロードする方法をしてみます。

php composer install キャプチャ 1

使用するバージョン番号のリンクをクリックしてダウンロードします。

コマンドラインでダウンロードする場合は、バージョン番号のリンクからリンク先urlを取得してコマンドを実行します。

wget https://getcomposer.org/download/1.6.3/composer.phar

Windows10にcomposerをインストールする方法

ダウンロードしたexeファイルを実行します。インストーラーの指示に従えば簡単にインストールできます。

Windows10に限らず、それ以前のバージョンのWindowsでも作業は同じです。

CentOSにcomposerをインストールする方法

これからご紹介する、CentOSにcomposerをインストールする方法は、直接composer.pharファイルをダウンロードしたときのインストール方法です。

インストールの作業は、

  • composerコマンドの作成
  • composerコマンドのパス設定

の2つです。

composerコマンドの作成

https://getcomposer.org/downloadのコマンドラインからのインストール方法では、オプションでダウンロード先を指定して、コマンドファイル作成までできます。

自分でcomposer.pharファイルをダウンロードした場合、それらを自分で作業する必要があります。それを行います。

composer.pharファイルを任意の場所に移動します。ここでは/home/myuser/binにcomposerコマンドを作成します。

$ mv composer.phar ~/bin/composer

この作業は絶対に必要な作業ではありません。コマンド名を"composer.phar"として使うのなら不要です。

しかし、コマンド名として"composer"として利用するのが一般的なので作業することをおすすめします。

Linuxの場合は、ダウンロードしたファイルのパーミッションは"rw-rw-r--"(664)です。これだと誰も実行できないので、chmodコマンドでパーミッションを変更します。

パーミッション変更コマンド
$ chomod 764 composer

変更後のパーミッションは"rwx-rw-r--"になります。

composerコマンド作成は、composer.pharのファイル名を変更するだけ

composerコマンドのパス設定

composerコマンドをどの場所でも使えるように$PATHの設定を行います。

.bash_profileで設定します。

PATH=$PATH:$HOME/.local/bin:$HOME/bin

":$HOME/bin"の部分が追加したところです。

source .bash_profile

を実行して、$PATHの設定を反映させます。

これでcomposerコマンドのインストール作業は終わりです。

RedHat系Linuxは同じ作業でインストールできます。UbuntuなどのDevian系Linuxの場合は、composerコマンドのパス設定をDevian系のコマンドに置き換えてください。

インストール確認

最後に、正常にインストールされたかどうか確認します。Linux、Windowsどちらも同じ方法で確認します。

composer -V

または、複数バージョンのphpをインストールしているなど、使うphpコマンドを指定する場合は、

php7 ~/bin/composer -V

のコマンドを実行します。(phpコマンド名は環境に合わせてください。)

Composer version 1.7.2 2018-01-05 15:28:41

の結果が表示されれば、composerコマンドが正常にインストールされています。

 

最近Webカテゴリでよく読まれている記事です。
blog image

ドメイン取得の意味が分からない人へ。王道の方法を紹介します。

ドメインの登録業者を選ぶのに悩む必要はないです。サイトを簡単に早く公開するには全くいらないことで、むしろ邪魔です。『お名前.com』というサービスは必ず耳にします。そのお名前.comのメリットとデメリットと一緒に、ドメインの意味が分からない人が一番失敗しないドメインの取得方法を紹介します。

tadtadya.com

_

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!