ツイート
シェア
LINEで送る
B! はてぶでブックマーク
Pocketでブックマーク
RSSフィード

2進数と16進数、10進数を理解するには、小学1年生に戻ると分かりやすい。

2進数の画像
by 写真素材ダウンロードサイト【写真AC】
の画像をもとに加工しています。

学校の授業や仕事で、情報処理、コンピュータの基礎知識が必要になる機会が多くなりました。そこで最初につまずくのが、2進数、16進数という数の数え方。

これ、小学校で習ってから息をするようにやっていることを『論理的に意識』していないからです。小学1年生に戻るとすぐに分かります。

なぜ、2進数、16進数が頭に入ってこないのか?

使える数字は0と1の2つだけ。

2x の値から桁が上がる。(2xは桁の位)

これ2進数のすべてなんですが、すんなり頭に入ってくる人はここから先読まなくていいです。

使える数字は0~9の10個の数字とa, b, c, d, e, f の6つのアルファベット(16個)

16x の値から桁が上がる。(16xは桁の位)。

これは16進数のすべてなんですが、ピンとこない人は小学1年で習う数値の書き方を忘れてしまっています。

(正確には当たり前すぎて、人に説明できるほどの理屈を考えていない。)

それならこれはどうでしょう。みなさんは小学校に入ってすぐ習う、0から100まで数値を書けますか?

『バカにしてんのか?』と言わないでください。これが10進数。それをこう表現したらどうなるでしょう。

使える数字は0~9の10個の数字。

10x の値から桁が上がる。(10xは桁の位)。

一瞬、『ん?』ってなりませんか? もしくは普通に数値を書くよりも考えるでしょう。でもこの説明が一番シンプルだし、数の数え方のメカニズムをよく表しています。

内容を見ても、2進数・16進数と数字のあるところが変わってるだけですよね?

〇〇進数とは何かを考えよう

さっきの2進数、16進数、10進数の説明をまとめるとこうなります。

〇〇進数は〇〇個の記号を使って数値を表現する。

値が〇〇のx乗になると桁があがる。

xは0から始まり+1していく。

位は〇〇0, 〇〇1, 〇〇2, 〇〇3, ...になる。

おそらく2進数と16進数がすんなり入ってこない人はここでつまずくはずです。理由は小学校に入ってまず習うことを忘れてしまっているから。

0から100まで書けるんだから絶対に身についています。でもそのメカニズムを分解して説明できないだけ。

それを解消すれば2進数や16進数、なんならすべての〇〇進数のことが分かります。そのためにはピカピカの1年生に戻るのが一番手っ取り早い。

こんなかんたんなものはありません。だって、息をするように10進数はできるんだもん。

次は【10進数】小学1年生になったつもりで復習しよう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください