ツイート
シェア
LINEで送る
B! はてぶでブックマーク
Pocketでブックマーク
RSSフィード

PHP, 改行は"\n"ではなくPHP_EOLを使いましょ。

php
イラストダウンロードサイト【イラストAC】
の画像をもとに加工しています。

PHPで結果を出力するときに改行を "\n" で書いたりしますが、もうやめましょう。

"\n" には、ちょっと細かい、めんどうなところが隠されていて注意が必要です。改行を表すPHP_EOLという定義済み定数を使えば気にしなくていいので簡単です。

PHP_EOLの使い方

PHP_EOLは"\n"と同じ意味の定義済み定数です。

かんたんなサンプルプログラムを実行してみましょう。

<?php
 
echo "aaa" . PHP_EOL;
echo "bbb" . PHP_EOL . PHP_EOL;
echo "ccc" . PHP_EOL;

結果です。

aaa
bbb

ccc

改行できてます。PHP_EOLを2個つづけると1行空けることもできます。

PHP 5.0.2以降で使えます。

\n のめんどうなところ

\n はシングルクォーテーションで使えません。

クォーテーションは文字列をかこむものですが、PHPではシングルクォーテーションとダブルクォーテーションではちがいます。

シングルクォーテーションはエスケープシーケンスが使えないので、'\n'も使えません。

前の投稿
PHP, シングルクォーテーション(')とダブルクォーテーション(")のちがい
PHP str_replace, 文字列の中から特定の文字列を削除する
次の投稿

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください