LINEで送る
B! はてぶでブックマーク
Pocketでブックマーク
RSSフィード

Visual Studio Codeを日本語化する方法

visual studio code image
イラストダウンロードサイト【イラストAC】
の画像をもとに加工しています。

プログラミングのエディタ、Visual Studio Code(VS Code)の初期設定は英語表示なので、日本語化します。とてもかんたんです。すぐに終わります。

Visual Studio Codeはインストール時は日本語対応していません。それを日本語化します。

vscode - welcome

インストールが終わってすぐの状態です。これに、用意されている日本語パックをインストールします。

まず、『View -> Command Palette...』を選びます。

vs code - command palette

すると、コマンド入力ができるようになります。『Configure Display Language』を選びます。

vs code - cofigure display language
Visual Studio Code, VS Code, Configure Display Language, 言語設定

本来、Configure Display Languageの表示はアルファベット順なのでもっと下にあります。

(キャプチャは一度試したので、recently usedにある。)

visual studio code jp language image

インストール時は、英語しかないので『en』しかありません。

『Install additional language...』を選ぶと、左のメニューの『拡張パック』の検索・インストールが開くので、日本語パックを選択します。

visual studio code jp language image

『インストール』ボタンがあるので押してインストールしましょう。

visual studio code jp language image

ちなみに、左のメニューのこのマーク

visual studio code extention mark

が拡張パックの管理メニューです。

〇〇の機能が欲しい。

〇〇言語で開発したい。

など、追加したい機能が出てきたときに使います。

もう一度、『View -> Command Palette... -> Configure Display Language』を選んでみましょう。『ja』が追加されているはずです。

vs code - cofigure display language ja

選んだら『再起動してください』というメッセージが出るので再起動します。

vs code - ja - welcome

日本語化できました。

さっきのコマンドパレットで言語を切り替えることもできます。

表示-> コマンドマンドパレット... -> 表示言語を構成する(Configure Display Language)

View-> Command Palette… -> Configure Display Language

(必ず再起動のメッセージが出るので再起動してください。)

コマンドパレットを使わずに、いきなり拡張メニューを開いて

『language packs』

と検索してもいいです。こっちのほうが早い。

次は基本設定です。(編集中。後日公開予定)

前のページ
快適だと噂のVisual Studio Codeをインストールする

HTML&CSSの本

post-cta-image

どうしてもインターネットで調べて勉強するのが苦手という人のために、HTMLとCSSの最新技術と基本を網羅できる本を2冊選びました。

この内容を身につければ、ほかの本は必要ありません。将来的には、自分の力で、書籍を使わずに、インターネットにある情報だけで学べます。


HTML&CSSの本2選

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください