ツイート
シェア
LINEで送る
B! はてぶでブックマーク
Pocketでブックマーク
RSSフィード

WordPress, Jetpackのコメント機能でエラー。原因は相性が悪いプラグインのせい。

wordpress image
イラストダウンロードサイト【イラストAC】
の画像をもとに加工しています。

JetpackはWordPressプラグインの中でも有名で、いろいろな機能を含めた総合的なプラグインです。

その中には高機能なコメント機能があるんですが、そこでエラーが出るようになりました。

原因は、他のプラグインとの相性が悪かったから。WordPressではよくあること。

Jetpackの高機能なコメント機能

Jetpackは、WordPressをベースに有名なサービスを提供しているAutomattic社が開発しているWPプラグインです。

WordPressで使いそうな機能を総合的に提供しているプラグインで、コメント機能が秀逸。

WordPressやGoogle, Twitter, Facebookのアカウントを使ってコメントが書けます。従来の名前とメールアドレスでもOK。

これを有効にしていたんですが、次のようなエラーが出ました。

WorPress Jetpackプラグインのコメント機能のエラー

コメント投稿時にはチェックボックスがあるんですが、あるのは次の2つだけ。

『新しいコメントがついたらメールで通知。』

『新しい投稿をメールで受け取る。』

プライバシーチェックボックスなんてあったっけ?

WPアカウントは、Automatticが提供しているWordPress.comサービスのアカウント。

WPとは無関係で、このアカウントが無くてもWPの利用、管理に支障はない。

WP標準だと思われているアクセスの統計情報は、じつはWordPress.comの無料版サービスのひとつ。

これに気づくのに3年かかった。

初めてWPのインストール作業をしたとき、Wordpress.comアカウント作成を促されたので、全くの別サービスなんて思わなかった。

もしかして、AutomatticのサービスはWPの準公式扱いなのか?

別のプラグインが新たなチェックボックスを追加していた。

エラーはちょっとキツいので、Jetpackのコメント機能を無効化して標準的なコメントに戻します。

メニューの『Jetpack』『設定』のディスカッション・タブでできます。

WordPress Jetpack コメント機能の有効/無効

コメントを戻したところで確認。

WordPressの標準的なコメント機能

これか!

作った覚えのないチェックボックスが。

『このフォームを使用することにより、このウェブサイトによるデータの保管及び取り扱いに同意するものとします。』

いろいろ探ったところ、Cookie Information | Free WP GDPR Consent Plugin が追加したもの。

GDPR は世界に広がっている個人情報保護の法律

このプラグインは、GDPRというユーロ圏から始まった個人情報保護の法律に対応するものなんですが、コメント機能にも追加していたらしい。

GPDRは個人情報保護のルールに違反すると、年間売上の3倍か日本円で約10億円の高い方(最低10億円)の罰金刑が課されるとんでもなく厳しい法律なんですが、自分のサイトにはほぼ影響ないのでプラグインを停止しました。

GDPRは日本で営業しているから大丈夫というものではなく、日本で営業していても、利益がユーロ圏から発生していたらGDPRを遵守しなければなりません。

(個人でも同じ。)

ここ気をつけるところ。

ただ罰金の高さからいって、GoogleやTwitter, Facebookなど大手を想定しているようにも見える。

ボクのサイトは、ユーロ圏からのアクセスは1日20あればいいほうで、アドセンスなどの広告利益はないに等しいので外した。

Cookie Information | Free WP GDPR Consent Plugin の設定にも目立つように警告があった。

この現象を調査しているときは、無かったんですが、Cookie Information | Free WP GDPR Consent Plugin の設定画面でも大きく目立つようにメッセージが出るようになってました。

(プラグインのアップデートで変わったみたい。)

NOTE: Please disable the custom comments form in Jetpack to make your WordPress Comments GDPR compliant.

和訳)

WordPressのコメントをGDPRに対応させるためには、Jetpackのカスタムコメントフォームを無効にしてください。

筆者訳

このプラグイン、一応、コメント機能だけをGDPR対応の有効/無効 ができるんですが、プラグインを停止しないとJetpackコメント機能は正常に動きません。

調査結果

Jetpackのコメント機能は、既存の(comments.phpで自作したもの)を丸ごと上書きしてコメント機能を載せ替えるみたいです。

一方、Cookie Information | Free WP GDPR Consent Plugin が追加するチェックボックスは、既存のコメント機能に追記します。

と同時に、コメントのメタデータにフラグを追加しているので、Jetpackに上書きされても、チェック無しでコメント投稿しようとしている処理が行われエラーになったようです。

両方のプラグインを使うにはCookie Information | Free WP GDPR Consent Plugin が修正しないといけないんでしょうが、今ところその気配はありません。

ということで、影響が少ないので...GDPR...プラグインを停止しました。

プラグインの相性はユーザーにしか分からない。

こういうことはよくあります。プラグイン開発者は、すべてのプラグインに悪影響を及ばさないように開発するのは不可能です。

WordPressが認めたプラグインだけでも万単位の数があるので。

プラグインの相性の善し悪しはユーザーが判断しなければいけません。

今回は、Cookie Information | Free WP GDPR Consent Plugin サイドも気づいているみたいですが(メッセージを出すくらいだから。)、開発者が気づいてないことも多いです。

そういうときは、プラグインの専用サポートフォーラムに投稿してみてもいいでしょう。ただし、英語で書かないといけませんが。

前の投稿
WordPressのエスケープ関数。esc_html(), esc_attr() は必ず使おう!
WordPress5, 新エディタ(Gutenberg)にCSSを適用する方法
次の投稿

WordPressの本

post-cta-image

たくさんあるなかで、WordPressの基本が学べる、目的別に学べる本を選びました。

  • WordPressの基本。
  • Webサイト作成から運用まで全体的に学ぶ。
  • かんたんなカスタマイズを学ぶ。
  • 何も分からないところから学ぶ。
  • WordPressからPHPプログラミングを学ぶ。

の5冊です。どうしてもネット上で調べて勉強するのが苦手という人におすすめです。

この内容をモノにすればほかの本は必要ありません。あとは自分の力で、書籍を使わずにインターネット上にある情報だけで学んでいけます。

コメントを残す