WordPressのアップデート方法と気をつけること

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
wordpress image
イラストACの画像をもとに加工しています。

WordPress本体のアップデートはかんたんです。更新ボタンを押すだけなので。

でも気をつけないとサーバー上で作業することになります。

そうならないように、アップデート作業の注意点をだれでも分かるように説明します。

WordPressのアップデート方法はかんたんです。

ダッシュボード -> 更新

のページにアップデート情報を表示します。

マルチサイトのときは、サイトネットワークの管理のダッシュボード -> 更新です。

wordpress 5.0 update image
WordPressのアップデート

これが表示されたら、迷わず押してしまいますよね?

でも待ってください。この表示は中途半端です。本当はこんな感じで表示されます。

wordpress 5.0 update image
日本語版のアップデート表示。

レンタルサーバーなどの『かんたんインストール』を使って、WordPressを立ち上げた人などは気づかないかもしれませんが、WordPressの管理画面が日本語で表示されている人は、日本語版WordPressをインストールしています。

本家WordPressの管理画面はすべて英語表示です。そして最初のキャプチャの更新ボタンは本家のアップデートボタンです。

日本語版のアップデートボタンは

日本語版と本家の2つのボタンがある

ことは知っておきましょう。

管理画面が日本語表示されるWordPressは本家ではない

もちろん、日本語版を使っているなら、"ja"の色つきボタンでアップデートします。

ひとつだけ表示されるのはややこしいですね?

しかし、これはしょうがありません。

日本語版は、本家(英語版)よりもアップデートの公開が遅れます。(だいたい1~2日くらい)

最初のキャプションは、本家がアップデートを公開して、日本語版がまだ公開されていない状態です。

本家でアップデートすると管理画面のメニューなどがすべて英語表示になるので注意しましょう。

まちがって本家でアップデートしてしまっても心配ありません。日本語版で再インストールすれば直ります。

しかし、そのときに管理画面に"ja"の更新ボタンが必ず表示されるとはかぎりません。

本家でアップデートしてしまうと、WordPressは最新版が入っていると認識するので更新ボタンを出しません。

管理画面に"ja"の更新ボタンがあれば、そのボタンでアップデートして日本語版で上書きできます。

しかし、それが出ないときは、自分でWordPressのサイトから日本語版の最新ソースをダウンロードしてサーバー上に上書きしなければなりません。

そういう作業に慣れている人からすれば『そんなの誰でもできるよ!』ですが、そうでない人にとってはハードルが高いです。

なので、更新ボタンを押すときに一度立ち止まりましょう。気をつけましょうという話です。

英語版でアップデートしても日本語版で上書き再インストールできる

本家の英語版をインストールすると、日本語版の更新ボタンを表示しません。最初のキャプチャの表示でアップデートしていいです。

(英語版のときは管理画面はすべて英語です。)

技術的なことをひとつ。

本家と日本語版WordPressの機能にちがいはありません。

WordPressには翻訳機能があり、日本語版WordPressは本家WordPressに日本語翻訳ファイルを追加したものをパッケージ化しただけです。

本家でアップデートすると日本語翻訳ファイルがないだけなので、

日本語版で上書き = 日本語翻訳ファイルの追加

になります。日本語版WordPressの公開が少し遅れるのは、翻訳ファイルの作成に時間がかかるからです。

上書きではなく、翻訳ファイルだけをサーバーにアップするだけでもいいです。ただし、翻訳ファイルの場所などちょっとした知識が必要です。

翻訳ファイル

DocumentRoot/wp-content/languages/ja.po
DocumentRoot/wp-content/languages/ja.mo
DocumentRoot/wp-content/languages/contents-cites-ja.po
DocumentRoot/wp-content/languages/contents-cites-ja.mo
DocumentRoot/wp-content/languages/admin-network-ja.po
DocumentRoot/wp-content/languages/admin-network-ja.mo
DocumentRoot/wp-content/languages/admin-ja.po
DocumentRoot/wp-content/languages/admin-ja.mo
WordPressの本
post-cta-image

たくさんあるなかで、WordPressの基本が学べる、目的別に学べる本を選びました。

  • WordPressの基本
  • Webサイト作成から運用まで全体的に学ぶ
  • ブログサイトの運営からサイトの収益化を学ぶ
  • サイト作成・運営 + 集客の方法を学ぶ
  • WordPressからPHPプログラミングを学ぶ
  • 最新のWordPress(バージョン5)に対応した本

の7冊です。どうしてもネット上で調べて勉強するのが苦手という人におすすめです。

この内容をモノにすればほかの本は必要ありません。あとは自分の力で、書籍を使わずにインターネット上にある情報だけで学んでいけます。


WordPressの本7選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!