WordPress デバッグ(ログ)をファイルに出力する

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
他言語サイト
en_US en_US
wordpress image
イラストACの画像をもとに加工しています。

WordPressでデバッグログを出力して処理の確認をしたい時があります。そのときは、wp-config.phpで設定することでログファイルに出力することができます。

その方法はとても簡単です。サンプルコードで説明するのですぐ終わります。さっそく見ていきましょう。

デフォルトでは、

/**
 * 開発者へ: WordPress デバッグモード
 *
 * この値を true にすると、開発中に注意 (notice) を表示します。
 * テーマおよびプラグインの開発者には、その開発環境においてこの WP_DEBUG を使用することを強く推奨します。
 */
define('WP_DEBUG', false);

になっています。(バージョン 4.8–ja)

これを、

/**
 * 開発者へ: WordPress デバッグモード
 *
 * この値を true にすると、開発中に注意 (notice) を表示します。
 * テーマおよびプラグインの開発者には、その開発環境においてこの WP_DEBUG を使用することを強く推奨します。
 */
// WP_DEBUGモードのon/off
define('WP_DEBUG', true);

if (WP_DEBUG) {
    // wp-content/debug.logファイルへのデバッグログ出力on/off
    define('WP_DEBUG_LOG', true);

    // エラーと警告のブラウザ出力の無効化
    define('WP_DEBUG_DISPLAY', false);
    @ini_set('display_errors', 0);

    // 「開発版」のコア JavaScript と CSS ファイルを使用 (これらのコアファイルを変更する場合のみ必要)
    define( 'SCRIPT_DEBUG', true );
}

に変更するだけです。

内容は、(web-root)/wp-content/debug.log に出力されます。

以上です。

2018/07/17 追記
ログファイルの出力先は、ブラウザから参照できます。しかも、簡単に誰でも見れます。
Webサーバーでブロックするなどの対応を行なってください。
一番の対応は、本番環境はつねにoffにすることです。

 

WordPressの本
post-cta-image

たくさんあるなかで、WordPressの基本が学べる、目的別に学べる本を選びました。

  • WordPressの基本
  • Webサイト作成から運用まで全体的に学ぶ
  • ブログサイトの運営からサイトの収益化を学ぶ
  • サイト作成・運営 + 集客の方法を学ぶ
  • WordPressからPHPプログラミングを学ぶ
  • 最新のWordPress(バージョン5)に対応した本

の7冊です。どうしてもネット上で調べて勉強するのが苦手という人におすすめです。

この内容をモノにすればほかの本は必要ありません。あとは自分の力で、書籍を使わずにインターネット上にある情報だけで学んでいけます。


WordPressの本7選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!