LINEで送る
B! はてぶでブックマーク
Pocketでブックマーク
RSSフィード

WordPress5.3 Backbone.jsのバージョンアップ

wordpress image
イラストダウンロードサイト【イラストAC】
の画像をもとに加工しています。

WordPressは内部でクライアントMVCフレームワークBackbone.jsを使っていたようです。

WP5.3では、Backbone.jsのバージョンをv1.3.3からv1.4.0へアップグレードしました。

開発者向けの話で、その中でもコアな話です。ほとんどの人は意識する必要はありません。

Backbone.jsとは?

Backbone.jsはクライアントサイドのMVCフレームワークです。

(正確にはMVPになるらしい。)

Angularは有名ですよね? Backbone.jsも『.js』がついているように、JavaScriptのフレームワークです。

(かなり有名なフレームワークらしい。ボクはReact派で知らなかった。)

正直、WordPressでjsのフレームワークを使ってることすら知りませんでした。

WP5になってから採用されたGutenbergで使ってるのかな? よく分かりません。

いまのところ、Backbone.jsを触る機会がないので。

v1.3.3からv1.4.0へアップグレード

WP5.3では、バンドル(内包)されているBackbone.jsのバージョンを上げました。Modelとその中のCollectionのイベント処理に変更があるみたいです。

興味のある方は公式ガイドをどうぞ。(英語です。)

(内容はイマイチわからないが、そこまで難しいことは言ってないと思う。)

WordPressは『脱・レガシー』ができるか?

WordPressはWeb技術のレガシー

と言われます。

今のWebの技術は、httpsリクエストでページ遷移をしないSPA, SSR、動的ページを静的ページにビルドしてサイトを高速化するSSGが使われたり、便利なフレームワークでの開発が主流だからです。

それに対しWordPressは、httpsリクエストを受け付けてからPHPが動く、典型的な動的プログラムのWeb技術です。

httpsリクエスト

PHPプログラムが動く
(DBアクセスもあり)

HTML作成してレスポンス

サイトページの表示

ページ遷移やそのほかのhttpsリクエストがあるたびに、これだけの処理がWebサーバーで動くのでサーバー負荷が高いです。

(DBアクセスがとくに。)

jQueryをガシガシ使って実装しているところもそうです。

Web屋で敬遠している人がいるのは、プログラムの書き方がヒドイからという理由もあると思いますが。

WordPressは部分的にモダンな技術を取り入れている

Backbone.jsはSPAのサイトを作るフレームワークです。でもWordPressはSPAではありません。

どこで使われているのかよく分かりませんが、WordPressの編集エディタGutenbergでも、一部にReact.jsが使われています。

『WordPressはレガシー』という人はそのあたりをどう見てるのでしょう。

たしかに、コードの見た目、挙動は『レガシー』ですが。

WordPressは脱・レガシーしたくても、今の状態でSPA, SSR, プリレンダリングできるでしょうか?

ボクはできないと思います。

ただ、一部に新しいフレームワークやライブラリを採用しているということは、脱・レガシーを目指しているんでしょうね?

WordPressの本

post-cta-image

たくさんあるなかで、WordPressの基本が学べる、目的別に学べる本を選びました。

  • WordPressの基本
  • Webサイト作成から運用まで全体的に学ぶ
  • ブログサイトの運営からサイトの収益化を学ぶ
  • サイト作成・運営 + 集客の方法を学ぶ
  • WordPressからPHPプログラミングを学ぶ
  • 最新のWordPress(バージョン5)に対応した本

の7冊です。どうしてもネット上で調べて勉強するのが苦手という人におすすめです。

この内容をモノにすればほかの本は必要ありません。あとは自分の力で、書籍を使わずにインターネット上にある情報だけで学んでいけます。


WordPressの本7選

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください