LINEで送る
B! はてぶでブックマーク
Pocketでブックマーク
RSSフィード

WordPress5.5からサイトマップが標準機能になった

wordpress image
イラストダウンロードサイト【イラストAC】
の画像をもとに加工しています。

サイトマップ(sitemap.xml)は、Webサイトに無くてはならないものですが、これがWordPress5.5から標準で作成されるようになりました。

これまで、プラグインや自作していた人もいたと思います。ただ個人的には、そのままでは使う気にはなれません。

WordPressが作るサイトマップ

WordPressではsitemap.xmlはまとめファイルです。具体的なサイトマップファイルのリンク集がsitemap.xmlの内容。

そして、URLは "https://(domain)/sitemap.xml" ではありません。"https://(domain)/wp-sitemap.xml" へリダイレクションされます。

wp-sitemap.xmlの内容はこんな感じ。

WordPress sitemap.xml
WordPressのsitemap.xml
wp-sitemap-posts-post-1投稿ページ
wp-sitemap-posts-page-1固定ページ
wp-sitemap-posts-cta-1
wp-sitemap-posts-lp-1
カスタム投稿ページ
(テスト環境ではcta, lp)
wp-sitemap-taxonomies-category-1カテゴリ内の投稿一覧ページ
wp-sitemap-taxonomies-post_tag-1タグ内の投稿一覧ページ
wp-sitemap-taxonomies-category_group-1
wp-sitemap-taxonomies-page_form-1
カスタム・タクソノミー内の投稿一覧ページ
(テスト環境ではcategory_group, page_form)
wp-sitemap-users-1ユーザーページ

WordPressでデフォルトの投稿、固定、カテゴリ、タグ、ユーザーページから、カスタムページ(投稿、タクソノミー)まで用意されています。

xmlファイル名に1がついていて、設定されたボリュームを超えたら2, 3, 4と作られていきます。

試しに、投稿ページのサイトマップを見てみます。

WordPress sitemap.xml
WordPressの個別サイトマップ

投稿ページのURLリストが表示されました。

そのままでは内容が薄い

WordPres標準のサイトマップはURLのリストだけが表示されます。Googleなどの検索エンジンのクローラーに見てもらう情報としてはかなり薄い。

ちなみに、All in One SEO Packプラグインが作るサイトマップはこんな内容。

All in One SEO Packプラグインのサイトマップ
All in One SEO Packプラグインのサイトマップ

Imagesの意味が分かりませんが、更新頻度や更新日時などすべての項目が入ってます。

Googleは『標準のサイトマッププロトコルを使用してください』と言っているので、URLロケーションだけでは足りないでしょう。

(それで十分という人もいるが。)

ただ、WordPress標準が優秀な部分もありサイトマップが分割されているところ。プラグインではすべてのロケーションがひとつのサイトマップに入ってます。

(分割するプラグインがあるかも知れないが。)

サイトマップにはサイズ、ロケーションの数に上限があります。

サイトマップファイル
の条件
サイズ
(非圧縮)
50MB以下
ロケーション数
(URL数)
50,000件以下

規模が小さければプラグインが優秀

サイトのページ数が50,000件は相当の規模です。そこまで大きくないのであれば、分割されてないけどサイトマップの内容が充実しているプラグインに任せてしまったほうがいいでしょう。

ちなみにサイトマップ生成機能があるプラグインは、プラグインを(もしくは機能を)有効にするとWordPress標準のサイトマップ生成機能を無効化します。

逆に、プラグインの(もしくは機能の)無効化をすれば、WordPress標準のサイトマップ生成機能が復活します。

(WordPress5.5対応済みのまともなプラグインであれば。)

カスタマイズしないと使えない

標準サイトマップそのままでは、サイトマップを分割してくれる以外いいとこがありません。

が、カスタマイズするための機能はたくさん用意されています。『まともなのが欲しければ自分で作りな。』というところでしょうか?

カスタマイズも最低限のものを作るのであればかんたんです。

(管理画面で設定画面を作ったことがあれば、なお片手間でできる。)

カスタマイズ方法はこちらにまとめました。

Images / Videos用のサイトマップはない

一つ忘れてました。最近は画像・動画用のサイトマップを作ることも多いです。

が、標準サイトマップはそれには対応していません。WordPress公式の言葉を借りれば、

Images / Videosのサイトマップは対応していません。

将来、フィルターを追加するかも知れませんが、現状、プラグインに頼ることになります。

WordPress.orgより

ということで、ボクはお言葉に甘えてプラグインに頼ることにします。

(ここまで説明して自分は何もしない。現状維持。)

前のページ
WordPress5.5 SVGの画像が小さく表示されるのを直す
WordPress5.5標準のサイトマップ作成機能のカスタマイズ
次のページ

WordPressの本

post-cta-image

たくさんあるなかで、WordPressの基本が学べる、目的別に学べる本を選びました。

  • WordPressの基本。
  • Webサイト作成から運用まで全体的に学ぶ。
  • かんたんなカスタマイズを学ぶ。
  • 何も分からないところから学ぶ。
  • WordPressからPHPプログラミングを学ぶ。

の5冊です。どうしてもネット上で調べて勉強するのが苦手という人におすすめです。

この内容をモノにすればほかの本は必要ありません。あとは自分の力で、書籍を使わずにインターネット上にある情報だけで学んでいけます。


WordPressの本5選

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください