WordPress5 エディタでブロックが壊れたときの直し方

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
wordpress image
イラストACの画像をもとに加工しています。

WordPress 5のエディタ(Gutenberg)で

『このブロックには、想定していないか無効なコンテンツが含まれています。』

と出てブロックが壊れることがあります。

これの直し方を説明します。とてもかんたんです。

まずは修復をためす

WordPress5.2からGutenbergのバージョンアップで、ブロックの修復機能が追加されました。

ブロックのメニューにあります。

WordPress ブロックリカバリー image

それまでは、『解決』や『HTML』に変換してカスタムHTMLのブロックに変えていましたが、この機能で一発で直せます。

(ぼくの知るかぎり『ブロックリカバリー』の失敗はありません。)

かなりの高確率でリカバリーは成功します。

まずはこれをしましょう。

『解決』『HTMLに変換』は元のブロックに直せません。

最初から使うのはやめましょう。

『解決』をためす

ブロックリカバリーに失敗したら、『解決』をためします。『解決』ボタンを押してください。

gutenberg error image

すると、解決策を表示します。

gutenberg error image
すでに解決したので、別のところからキャプチャをもってきました。

色が濃い部分を削除します。ここでは<p>を削除します。『ブロックへ変換』ボタンを押せばOKです。ただし、ブロックのタイプが変わります。

(『クラシック』ブロックになることが多い。)

『HTMLに変換』ボタンを押すと、HTMLの修正をせずに(<p>がついたまま)、無理やり『カスタムHTML』ブロックに変換します。

ちなみに、最初に表示される黄色の『HTMLに変換』ボタンは同じです。

どちらも元のブロックではないので注意です。

前のページ
WordPress5 記事をサクサク書くならMarkdown記法とショートカットを使う
WordPressの本
post-cta-image

たくさんあるなかで、WordPressの基本が学べる、目的別に学べる本を選びました。

  • WordPressの基本
  • Webサイト作成から運用まで全体的に学ぶ
  • ブログサイトの運営からサイトの収益化を学ぶ
  • サイト作成・運営 + 集客の方法を学ぶ
  • WordPressからPHPプログラミングを学ぶ
  • 最新のWordPress(バージョン5)に対応した本

の7冊です。どうしてもネット上で調べて勉強するのが苦手という人におすすめです。

この内容をモノにすればほかの本は必要ありません。あとは自分の力で、書籍を使わずにインターネット上にある情報だけで学んでいけます。


WordPressの本7選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!