WordPress5, Custom Post Type UI をgutenbergに対応する

  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
wordpress image
イラストACの画像をもとに加工しています。

カスタム投稿タイプやカスタムタクソノミー(カスタムのカテゴリやタグ)をかんたんにつくることができるプラグイン、Custom Post Type UIをWordPress 5の標準エディタgutenbergで使うための方法です。

あまりにもかんたんなので、説明にキャプチャや動画、ソースコードはありません。

Custom Post Type UIでつくられた投稿タイプやタクソノミー(カテゴリやタグ)は、WordPress 5から採用された新しいエディタgutenbergに対応していないときがあります。

  • カスタム投稿タイプの編集画面がgutenbergで開かない
  • gutenbergの編集画面でカスタムカテゴリ・タグが設定項目に表示されない

など焦る人もいるでしょう。

対応させる作業はとてもかんたんです。数秒で終わります。まずは編集画面の『CPT UI』からメニューを選びます。

『投稿タイプの追加と編集』or『タクソノミーの追加と編集』

次に編集タブを選びます。

『投稿タイプの編集』 or『タクソノミーの編集』

追加ラベルの項目の設定を変更します。

『REST APIで表示』を『true』

だけです。これを作った投稿タイプ・タクソノミーぜんぶに対してしてください。

たったこれだけです。ちなみに、Classic Editorプラグインを使っていて旧エディタと併用して使う場合、新旧エディタ両方とも使えます。

gutenbergでカスタム投稿タイプ・タクソノミー(カテゴリ・タグ)を使うには、

REST APIを有効化

する。

Custom Post Type UIプラグインはWordPressの対応バージョンが4系で更新が止まっていますが、設定を変えるだけで対応できるのでプラグインを改修する必要がないとされているようです。

REST APIとは

Representational State Transferのことで、URLを指定すると常に同じ結果を返す処理をおこなうAPIです。

URLはユニークでそのまま決まった処理のリクエストになるので、シンプルでわかりやすい特長があります。処理を受けるサーバーでも、URLを見れば何をすれば分かるのでシンプルで実装しやすいです。

結果は、HTML, XML, JSONなどで返します。

最近は、Webサービスで提供されるAPIはREST APIが多いです。

Facebook, Twitterなどもそうですね?また、ECサイトを構築している人などは在庫管理などのWebサービスと連携するときにもREST APIを使います。

Webサービスでは情報取得、情報の追加・更新・削除などのAPIが提供されることが多いですが、その説明にURLを指定するようになっているものはREST APIであることが多いです。

REST APIの特長を1つ挙げれば『セッションを使わない』です。

セッションを使わず1リクエストで処理が完結するため、アクセス数やリクエスト数の多いサイトに適しています。

SNSなどはとくにそうですね?

セッションハイジャックがないので、情報漏えいや不正なリクエストも防ぐことができます。

-> くわしい内容 Wikipedia

WordPressの本
post-cta-image

たくさんあるなかで、WordPressの基本が学べる、目的別に学べる本を選びました。

  • WordPressの基本
  • Webサイト作成から運用まで全体的に学ぶ
  • ブログサイトの運営からサイトの収益化を学ぶ
  • サイト作成・運営 + 集客の方法を学ぶ
  • WordPressからPHPプログラミングを学ぶ
  • 最新のWordPress(バージョン5)に対応した本

の7冊です。どうしてもネット上で調べて勉強するのが苦手という人におすすめです。

この内容をモノにすればほかの本は必要ありません。あとは自分の力で、書籍を使わずにインターネット上にある情報だけで学んでいけます。


WordPressの本7選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!