Atom apmコマンドでよく使われるもの

  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
atom image
イラストACの画像をもとに加工しています。

Atomエディタは、マウスとボタンである程度の操作ができます。パッケージのインストールや削除などもそうです。

でもAtomにはapmというコマンドがあり、マウス操作と同じことができたりAtomの状態のバックアップ作成・復旧などマウス操作でできない便利な機能があります。

そのapmコマンドのいろいろな操作をまとめます。

すべてのコマンドを書いているわけではありません。よく使うものだけをピックアップしています。

内容を更新することを前提にしています。

apm sub-command [option]

サブコマンド一覧

サブコマンド内容
listパッケージリストを表示。
結果をファイルに出力してAtomのバックアップファイルを作ることができる。
installパッケージの追加。
パッケージリストのファイルからまとめてインストールすることもできる。
(バックアップからの復旧。Atom環境のコピー。)
マウスで操作できるのであまり使うことはない。
uninstallパッケージの削除。
マウスで操作できるのであまり使うことはない。
upgradeパッケージのアップデート。マウスで操作できるのであまり使うことはない。
helpapmコマンドのヘルプ

list パッケージリストの表示

apm list
apm list --themes
apm list --packages
apm list --installed
apm list --installed --enabled
apm list --installed --bare > packages.txt
apm list --json

パッケージだけでなくテーマのリストも表示します。

--bare, 出力するフォーマットを変更する

オプション--bare
省略形-b

デフォルトの出力ではパッケージリストはフォーマット化されています。

Community Packages (35) C:\Users\***\.atom\packages
├── atom-beautify@0.33.4 (disabled)
├── atom-ide-debugger-python@0.7.3
├── atom-ide-ui@0.13.0
├── autocomplete-paths@2.12.2
├── autocomplete-python@1.13.0 (disabled)

これをシンプルなパッケージリストに変更します。

atom-beautify@0.33.4
atom-ide-debugger-python@0.7.3
atom-ide-ui@0.13.0
autocomplete-paths@2.12.2
autocomplete-python@1.13.0

このオプションの必要性はあまり感じないかもしれませんが、Atomのバックアップ作成ではとても大事です。

Atomのバックアップファイルは、フォーマット化されていないただのパッケージのリストが必要です。このオプションを使った形がバックアップファイルの仕様です。

Atomのバックアップファイルを作るときには必ず使う

-> 目次に戻る

--installed, 自分でインストールしたパッケージを表示

オプション--installed
省略形-i

自分でインストールしたパッケージだけを表示します。atom本体をインストール/アップデートしたときにデフォルトで入っているパッケージは含まれません。

自分がインストールしたパッケージを確認したり、atomのバックアップファイルを作成するときに使います。

-> 目次に戻る

Atomのバックアップ作成

apm list -bi > backup.txt

Atomのバックアップファイルを作るのにもlistを使います。

自分でインストールしたパッケージやテーマさえ分かれば、ほかのところに同じAtom環境をコピーすることもできますし、何かの拍子に壊れたAtomの復元にも使えます。

-> 目次に戻る

その他のオプション

オプション内容
--enabled, -e有効なパッケージ/テーマを対象にする
--themes, -tテーマだけを対象にする
--packages, -pパッケージだけを対象にする
--json, -jJSON形式で出力する

-> コマンド一覧に戻る

install パッケージの追加

apm install pkg_name
apm isntall pkg_name@ver

パッケージは半角スペース区切りで複数可

apm install git_remote
apm install github_username/project
apm install --packages-file packages.txt

パッケージのインストール先は~/.atom/packages/pkg_nameです。

installコマンドはマウス操作の方がかんたんで、検索して探すこともできるのでコマンドで使うことはほとんどありません。

installコマンドで使うのは、

  • バックアップファイルからの復元
  • 別の環境で同じAtomをコピー

ぐらいです。

--packages-file バックアップファイルから復元する

オプション--packages-file
省略形なし
apm install --packages-file backup.txt

このオプションは『バックアップファイルからの復元』だけ使うものではありません。

もともとは、

パッケージ/テーマをまとめてインストールする

機能です。バックアップファイルではなく、自分で作ったパッケージ/テーマリストでインストールしてもかまいません。

-> コマンド一覧に戻る

uninstall パッケージの削除

apm uninstall pkg_name

パッケージは半角スペース区切りで複数可

このコマンドはマウスの操作でできるのであまり使われません。しかし、Atomがフリーズするなど異常状態になったときによく使います。

-> コマンド一覧に戻る

upgrade パッケージのアップデート

apm upgrade
apm upgrade --list
apm upgrade pkg_name

パッケージ名を省略すると、アップデートできるパッケージ全部が対象になる。

パッケージは半角スペース区切りで複数可。

パッケージのアップデートはマウス操作にもあります。コマンドで使うことはほとんどありません。

使うとしたら、Atomがフリーズしてマウス操作できないとか異常事態のときだけでしょう。

-> コマンド一覧に戻る

help コマンドのヘルプ

apm help sub-command

apmコマンドにはドキュメントがありません。(ぼくが見つけられていないのかもしれませんが。)

このページもapmのhelpを見て書いています。もしかすると一番使っているコマンドかもしれません。

ヘルプには、すべてのサブコマンドのオプションで指定して見ることもできます。

apm sub-command --help
apm sub-command -h

-> コマンド一覧に戻る

まとめ

最後にもうひとつ。apmのサブコマンドに関係なく全体に使える方法です。

オプションに"no-"をつけて、"--no-****"のかたちで指定すると、オプションを無効化(false)できます。

オプションを指定しなければよいだけなのであまり使うことはありません。

デフォルトの値(オプションを指定しないとき)がboolean:trueのオプションを無効にしたいときに使います。

たとえば、"--no-dev"。

省略形には使えません。

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!