Atom WprdPress開発におすすめのパッケージをご紹介

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
atom for wordpress image
イラストACの画像をもとに加工しています。

テキストエディタのAtomでWordPress開発環境におすすめのパッケージをご紹介します。

AtomエディタのWordPress開発でおすすめのパッケージ

前提として、WordPressに必要なプラグインはPHP環境のパッケージが必要です。くわしくはこちらにありますので参照ください。

合わせて、HTML, CSS, JavaScript環境のパッケージについても書きました。

AtomにはIDE(統合開発環境)があり、PHPも対応していますがWordPressは未対応です。

linterはWordPressに対応しています。

今回、WordPressのパッケージとして2つご紹介します。IDEはWordPressに対応していないので、linterを使います。

ソースコードの静的コードチェック

linter-phpcs

https://atom.io/packages/linter-phpcs

WordPressはPSRの標準化団体に参加していません。PSRのコーディング規約に準拠していません。

WordPressは独自のコーディング規約があって、linter-phpcsはWordPressのコーディング規約に対応しています。

WordPress開発には必須のパッケージです。

PSR (PHP Standards Recommendations)

https://www.php-fig.org/psr/

PHP標準勧告。PHPコーティングの標準化を目指す活動のこと。PHP-FIGが策定している。

PHP-FIG (PHP Framework Interop Group)

http://www.php-fig.org/

PHPフレームワーク相互運用グループ。PHPプロジェクトが集まって意見を出し合い、お互いの製品の互換性を調整する団体。

有名なプロジェクトが多く参加している。

  • WordPressはPSRに準拠していない。
  • WordPressは独自のコーティング規約がある。

コードの入力補完

wordpress-api

https://atom.io/packages/wordpress-api

WordPressのコード入力補完パッケージです。WordPressで定義されているfunctionや定数などの入力候補を表示します。

WordPressを使うときは必ずインストールしたほうが良いでしょう。

まとめ

atom-IDEはWordPressに未対応なので、linterベースのパッケージをご紹介しました。

最後にぼくの使い方をご紹介します。atom-IDEは、やっぱりIDEなのでサクサク作業が進む気がします。

また、WordPressだけで作業しているわけでなく、PHP以外も使うのでIDEのほうがよいと感じています。

なので、ぼくの使い方は

  • atom-IDEとlinterを両方インストール
  • ふだんはatom-IDEで作業。lingerまわりは無効化。
  • ある一定間隔でIDEからlinterに切り替え(2週間くらい。WordPress開発のリリース前とか)
  • WordPressでコーディングにミスがないか確認。
  • 確認が終わったらIDEに戻る。

の流れで作業しています。ご参考になるのであれば試してみてください。

atom-IDEとlinterはパッケージのインストールの時点で衝突が起きます。

両方インストールするには、先にインストールしたパッケージを無効化してからもう一方をインストールします。

今回はあくまで最低限必要なパッケージだけを紹介させていただきました。

atomはパッケージをインストールしすぎると動作が重くなり使い勝手が悪くなります。

便利なパッケージは多くありますので、インストールのし過ぎには気をつけましょう。

また、AtomでのWordPress環境の構築方法をキャプチャつきで用意しました。ぜひご参照ください。

WordPressの本
post-cta-image

たくさんあるなかで、WordPressの基本が学べる、目的別に学べる本を選びました。

  • WordPressの基本
  • Webサイト作成から運用まで全体的に学ぶ
  • ブログサイトの運営からサイトの収益化を学ぶ
  • サイト作成・運営 + 集客の方法を学ぶ
  • WordPressからPHPプログラミングを学ぶ
  • 最新のWordPress(バージョン5)に対応した本

の7冊です。どうしてもネット上で調べて勉強するのが苦手という人におすすめです。

この内容をモノにすればほかの本は必要ありません。あとは自分の力で、書籍を使わずにインターネット上にある情報だけで学んでいけます。


WordPressの本7選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!