Atom WprdPress開発環境を構築する

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
atom for wordpress image
イラストACの画像をもとに加工しています。

テキストエディタのAtomでWordPress開発環境を構築する方法です。

むずかしいことは何もしません。必要なパッケージをインストールして設定するだけです。

AtomエディタのWordPress開発環境を整える

WordPressは、いま最もすぐれたCMSと言えます。

CMS (Contents Management System)

Webサイトをプログラミングせずに構築するためのツールが用意されたフレームワーク。

Webでは、ページに表示するものをコンテンツと呼ぶことから来ている。

コンテンツをドラッグ&ドロップで配置してWebサイトを作っていく。

WordPressが有名。

2018/4時点で、WordPressからぜひ移行したいと思うような、優秀なCMSはでてません。まだまだWordPressは成長しつづけると思います。

そのWordPress開発を、Atomエディタで作業するための方法を紹介します。

まずは、Atomのパッケージをインストールしましょう。

Atomの設定(インデント設定)変更

WordPressのコーディング規約ではインデントはタブです。atomのインデント設定を変更します。

File -> Settings -> Editor

で設定画面をひらきます。

Atom-WordPress環境設定キャプチャ-01

Atomではタブタイプを変更します。

タブhard
スペースsoft

と特殊な表現をしますが、WordPressではhardを設定します。

ちなみに、PSRではインデントは半角スペース4文字です。PSRのときはsoftにします。

PSR (PHP Standards Recommendations)

https://www.php-fig.org/psr/

PHP標準勧告。PHPコーティングの標準化を目指す活動のこと。PHP-FIGが策定している。

PHP-FIG (PHP Framework Interop Group)

http://www.php-fig.org/

PHPフレームワーク相互運用グループ。PHPプロジェクトが集まって意見を出し合い、お互いの製品の互換性を調整する団体。

有名なプロジェクトが多く参加している。

linter-phpcsの設定

linter-phpcsの設定画面をひらきます。

File -> Settings -> Packages

から、linter-phpcsのSettingsをクリックします。

Atom-WordPress環境設定キャプチャ-02
Atom-WordPress環境設定キャプチャ-03
Code Standard Or Config FileWordPress-Core

設定は以上です。最後に動作確認をしましょう。

Atom-WordPress環境設定キャプチャ-04

解説

6行目の、phpコードのインデントをスペースに変えると、キャプチャのようになります。

WordPressのコーディング規約に合わない部分は、赤い印で表示されます。そして、linterのウィンドウにエラー内容を表示します。

コードを書いた瞬間にチェック結果が出るのがいいですね?

修正するまで、ずっと赤印は出つづけます。赤印が消えるようにコーディングすれば、自然にWordPressのコーディング規約を守ることになります。

規約を気にせずにコーディングに集中できます。

またオブジェクト指向で作成するとき、WordPressには独自のクラス、クラスファイルの命名規則があります。

このパッケージではこれらについてもErrorとして認識します。

まとめ

今回はあくまで最低限必要なパッケージだけを使ってWordPress開発環境をつくりました。

便利なパッケージはほかにもあるので、もっと効率的な環境をつくることもできるでしょう。

しかし、ぼく自身この環境でWordPressの開発をしていますが、いまのところ十分ではないかと思っています。

WordPressの本
post-cta-image

たくさんあるなかで、WordPressの基本が学べる、目的別に学べる本を選びました。

  • WordPressの基本
  • Webサイト作成から運用まで全体的に学ぶ
  • ブログサイトの運営からサイトの収益化を学ぶ
  • サイト作成・運営 + 集客の方法を学ぶ
  • WordPressからPHPプログラミングを学ぶ
  • 最新のWordPress(バージョン5)に対応した本

の7冊です。どうしてもネット上で調べて勉強するのが苦手という人におすすめです。

この内容をモノにすればほかの本は必要ありません。あとは自分の力で、書籍を使わずにインターネット上にある情報だけで学んでいけます。


WordPressの本7選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!