ツイート
シェア
LINEで送る
B! はてぶでブックマーク
Pocketでブックマーク
RSSフィード

CentOS7, OSシステム時刻を日本時間に変更する

CentOS7
イラストダウンロードサイト【イラストAC】
の画像をもとに加工しています。※ CentOSのロゴはcentos.orgの商標です。当サイトがCentOS公認を示すものではありません。

CentOSのOSシステム時刻の初期値はUTC(イギリス・ロンドン)です。これを日本時刻に変更します。

タイムゾーンの設定を変更して行います。かんたんです。数秒で終わります。

対象OSバージョン
CentOS7.7.1908

rootユーザーで作業します。まず、現在の時刻を見てましょう。

timedatectl
      Local time: Tue 2020-01-21 11:12:55 UTC
  Universal time: Tue 2020-01-21 11:12:55 UTC
        RTC time: Tue 2020-01-21 11:10:56
       Time zone: UTC (UTC, +0000)
     NTP enabled: yes
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: no
      DST active: n/a

Local timeがUniversal timeと同じです。これはイギリス・ロンドンの時間なので9時間遅れてます。このLocal timeを日本時刻に変更します。

timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
timedatectl
      Local time: Tue 2020-01-21 20:20:02 JST
  Universal time: Tue 2020-01-21 11:20:02 UTC
        RTC time: Tue 2020-01-21 11:18:03
       Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
     NTP enabled: yes
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: no
      DST active: n/a

おなじみのコマンドで確認してみましょう。

date
Tue Jan 21 20:21:30 JST 2020

変更できました。

Local timeがシステムの現地時刻を表す。

変更はタイムゾーンの設定で行う。

UTC(協定世界時)

Coordinated Universal Time

イギリス・ロンドンのグリニッジを基準にしたグリニッジ標準時(GMT)から発展させた世界の標準時。

(グリニッジは経度の基準でもある。経度0。)

通信分野などUTCとGMTは同じものとして扱うこともある。

ロンドンと日本の時差は9時間で、日本標準時は『+0900 (JST)』と書く。

(日本はロンドンより9時間早い。)

RHEL7公式ドキュメント

タイムゾーンの変更

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください