LINEで送る
B! はてぶでブックマーク
Pocketでブックマーク
RSSフィード

アイコンフォントFont Awesomeはアカウントが必要になった

FontAwesome

アイコンフォントのFont Awesomeがはカウント作成が必要になりました。

バージョン管理を自動化するためです。

バージョン4系、5系のふたつともです。アカウント作成でなにが変わったのか?ざっくりと説明します。

アカウントでなにを管理するのか?

いままでは、Font Awesomeの公式サイトにいけば、HTMLに貼りつけるコードが入手できました。

2019年7月7日現在、アカウントを作成しないと入手できません。

Font Asesomeの公式CDNのはなしです。

そのほかのCDN配信サービスでは、いままでと同じように入手できます。

アカウントはコードを発行する『箱』を管理します。バージョン4と5で『箱』がちがいます。

4系Embed Code
5系Kit

Embed Code, Kitは設定ページがあり、バージョンを変更したり、Webフォント・SVGを切り替えます。

CDN配信ファイルの中身が設定内容から更新されます。

Embed Code, Kitが発行するコードはひとつです。配信ファイル名は変わりません。

いままで、バージョンやWebフォント←→SVGを変更すると、配信ファイルが変わるのでHTMLの修正が必要でした。

これを設定ページで自動的に変更するようにしたんですね?

Embed Code, Kitができること

共通バージョン変更。
5系はつねに最新版をつかう『Latest』がある。
4系配信ファイルの選択。CSS or JavaScript。

Webフォントのみ。

Embed Codeの複数作成可。
5系配信ファイルはJavaScriptのみ。

Free版 or Pro版の選択。

Webフォント or SVGの選択。

Kitは、free版はひとつのみ。Pro版にすると複数作成可。

CSSファイルの配信は4系のみ。

まとめ

4系はいままでとあまり変わりませんが、5系はCSSファイルのCDN配信をやめました。

また、5系のWebフォントは疑似要素が使えなくなっているなど困ったこともあります。

くわしくはこちらをみてください。

前のページ
Font Awesome 5は公式のCDNでCSS配布をやめるらしい
アイコンフォントFont Awesome 5はKitで管理する
次のページ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください