Linux vim: 効率的にカーソルを移動する

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
programing image

ボクは、viコマンドから数えると15年以上使っているのに、なぜかカーソル移動操作のショートカットキーを忘れてしまいます。

ということで、vimコマンドのいろいろなカーソル移動をまとめました。

細かい移動

キー移動先
h左 1文字前
l右 1文字後
j下 次の行
k上 前の行

おそらく一番使うショートカットです。これだけですべてのカーソル移動ができますが、効率的かといえば疑問です。

これは、キーボードの基本操作の右手のホームポジションが関係しています。右手のホームポジションは、人差し指が『j』キーですよね?

右手がホームポジションにある状態で、人差し指・人差し指・中指・薬指でそれぞれ左(h)・下(j)・上(k)・右(l)へ移動させます。

『カーソルキーまで右手を手首ごと移動させなくてもいいでしょ?』ということらしいです。

行の移動

キー移動先
gg先頭行
G最終行
:0(ゼロ)先頭行
:$最終行

コマンドモードを使った指定行のジャンプ

Escキーを押して使うコマンドモードでも行ジャンプできます。

指定行へジャンプ

:(数字)

最終行へジャンプ

:$

gg, Gじゃなくても同じことができます。

最大効率を求めるならgg, Gを覚えたほうがよいですが、最小限の知識で操作したい場合は、:1, :$ を使ってもよいでしょう。

僕はコマンドモードを使うことが多いです。

単語単位の移動

キー移動先
w次の単語
b前の単語
^行の先頭テキスト

英文のときはシンプルです。単語ごとに半角スペースが入るので、その半角スペースの次の文字へジャンプします。

記号は半角スペースで区切られていなくても1単語です。

日本語のときはちょっと違って、単語ごとにスペースで区切ることはありません。漢字、ひらがな、カタカナの種類ごとに単語として認識します。

ですので、日本語でこのショートカットを使うと、助詞(て・に・は・を・や)も一単語になるので、ちょっとイラっとします。

『^』は、ソースコードなどインデントがあるテキストで、インデントを除いた先頭に移動します。

最近ITカテゴリでよく読まれている記事です。
blog image

ドメイン取得の意味が分からない人へ。王道の方法を紹介します。

ドメインの登録業者を選ぶのに悩む必要はないです。サイトを簡単に早く公開するには全くいらないことで、むしろ邪魔です。『お名前.com』というサービスは必ず耳にします。そのお名前.comのメリットとデメリットと一緒に、ドメインの意味が分からない人が一番失敗しないドメインの取得方法を紹介します。

tadtadya.com

_

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!