ツイート
シェア
LINEで送る
B! はてぶでブックマーク
Pocketでブックマーク
RSSフィード

Linux vim, コピペのインデントのずれを直す。Vimエディタの設定。

programing image

TeraTermなどのターミナルで、ソースをコピー&ペーストしたとき、スペースインデントが、勝手にタブに変換されてずれることがあります。

これは、オートインデント設定を変えることで解消できます。

Vimエディタの設定はコマンドモードのsetコマンドで行います。

コピー&ペーストのオートインデント設定

vimのコマンドモードで行数のオートコマンドの設定を行います。

コマンドモード

vimでEsc キーを押してコロン ”:” を押すと、エディタの左下でコマンドが入力できる操作のこと。

OFFにする(インデントのズレを直す)

:set noautoindent

offにする前の動作です。

linux-cmd-vim-set-autoindent-none-min

インデントがずれてます。vimではデフォルトではonです。

ずれを直します。

linux-cmd-vim-set-noautoindent-min

コピー&ペーストをやり直します。

linux-cmd-vim-set-noautoindent-result-min

インデントのずれが直りました。

ONにする(デフォルトに戻す)

:set autoindent

デフォルトに戻します。

ぼくとしては、これを使うことはないです。

この設定は、ターミナルエディタの接続(ssh)が切れるとなくなります。

再度接続したときは改めてnoautoindentの設定が必要です。

設定の保存

ターミナルエディタを起動するたびに設定するのは面倒くさいという場合は、設定を保存することができます。

ログインするユーザのホームディレクトリにある.vimrcファイルに

set noautoindent

を追記します。ファイルがないときは新規作成してください。

これでターミナルエディタを起動すると自動的に設定が読み込まれます。

前の投稿
Linux vim, 行番号を表示 / 非表示にする方法。Vimエディターの設定。
Linux vim, 効率的にカーソルを移動する。コマンドモードで素早く動かす。
次の投稿

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください