ツイート
シェア
LINEで送る
B! はてぶでブックマーク
Pocketでブックマーク
RSSフィード

Windows, ポートを指定してpingのように通信状況を確認する

プログラミング

ネットワークの通信状況を見るのにpingコマンドが一般的ですが、pingではポートまで指定して通信状況を確認できません。そこでWindows10では別に、ポート指定のコマンドが用意されています。

高機能コマンドなのでコマンドプロンプトでは使えません。PowerShellを使います。

WindowsコマンドにはMS-DOS時代からのコマンドとPowerShellのコマンドがあります。

PowerShellは名前の通り、Windowsコマンドより高機能なシェルコマンドを実行するもの。

今回のポート指定の通信確認もPowerShellを使います。プロンプトもPowerShellを開いてください。通常のコマンドプロンプトでは使えません。

Test-NetConnectionコマンド

まずはポートを指定せずに使います。

ポート未指定の通信確認
Test-NetConnection -ComputerName google.co.jp


ComputerName           : google.co.jp
RemoteAddress          : 172.217.161.67
InterfaceAlias         : Wi-Fi
SourceAddress          : 192.168.43.41
PingSucceeded          : True
PingReplyDetails (RTT) : 77 ms

これはpingと同じ。最後に "PingSucceeded" "PingReplyDetails" が表示されます。

サンプルではHTTP / HTTPSでの疎通確認をしているので "-ComputerName" にドメインを指定していますが、ネットワーク内で表示されるPCのコンピュータ名を使ってもOK。

今度はポートを指定します。HTTPSではどうなのかやってみます。

HTTPS(443ポート)の疎通確認
Test-NetConnection -ComputerName google.co.jp -Port 443


ComputerName     : google.co.jp
RemoteAddress    : 216.58.220.131
RemotePort       : 443
InterfaceAlias   : Wi-Fi
SourceAddress    : 192.168.43.41
TcpTestSucceeded : True

"RemotePort" が表示されました。疎通可否は "TcpTestSucceeded" に表示されます。

たんに True or False で表示することもできます。

簡易表示
Test-NetConnection -ComputerName google.co.jp -Port 443 -InformationLevel Quiet
True

逆に詳細表示もできます。

詳細表示
PS C:\Users\tadta> Test-NetConnection -ComputerName google.co.jp -Port 443 -InformationLevel Detailed


ComputerName            : google.co.jp
RemoteAddress           : 172.217.161.67
RemotePort              : 443
NameResolutionResults   : 172.217.161.67
MatchingIPsecRules      :
NetworkIsolationContext : Internet
IsAdmin                 : False
InterfaceAlias          : Wi-Fi
SourceAddress           : 192.168.43.41
NetRoute (NextHop)      : 192.168.43.1
TcpTestSucceeded        : True

Windows PowerShell公式ドキュメント

Test-NetConnection

前の投稿
Windows標準のキャプチャの取り方(Snipping Toolの廃止に備える)
Windows10, Avast Softwareで残る不要なoverseer.exeを消す。
次の投稿

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください