WordPress5.2.Xのマイナーアップデートがどんどん来るのに備える。(今度こそ?)

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
wordpress image
イラストACの画像をもとに加工しています。

WordPress5.2のマイナーアップデート(5.2.X)は短い期間で小刻みにどんどん来るみたいです。

バージョン5.1のときも、ショートサイクルでマイナーアップデートする予定でしたが、結局5.2へのメジャーアップデートになりました。

今度はどうなることやら。まぁ来るって言ってるので待ってみましょう。

ver 5.2.2 すぐにアップデートして問題なし

2019/6/18、WordPress5.2の2回目のマイナーアップデートです。

約1か月ぶりですね?

マイナーアップデートは2週間ぐらいのショートサイクルでする

とアナウンスされていましたが、やっぱり遅かったです。😢

この記事のタイトル『どんどん来るのに備える』を外そうかと思いたいくらい。

5.1.1にひきつづき、セキュリティ&メンテナンスリリースです。かんたんに言えば『不具合修正』です。新しい機能の追加はありません。

13件のバグが修正されています。

  • #45094: ダッシュボードには、明確なフォーカス状態、タブ順序が常にあるわけではありません。
  • #46289: RTL Bug – メディアモーダルの間違ったナビゲーションアロー
  • #46749: Firefoxのヘルプセクションの下部に余分な枠が表示されている (レスポンシブ : 778 * 841)
  • #46881: サイトヘルス機能: ヘッダー要素の水平方向の中央揃え
  • #46957: サイトヘルス機能: サイトの健康ページへのアクセスをフィルタリング可能に
  • #46960: サイトヘルス機能: スモールデバイスのテーブル設計の問題(iphone 5/SE).
  • #46997: テーマの更新リンクがカスタマイザに表示され、機能しない
  • #47070: レスポンシブビューにリカバリモードの終了ボタンが表示されない
  • #47158: WP 5.2で導入された類似の文字列をマージ
  • #47227: I18n: 類似の翻訳文字列をマージ - サイトヘルス機能のタブ
  • #47475: I18n: 同様の文字列をマージしてタイプミスを修正
  • #47429: エディタ: WordPress 5.2.2用のアップデートパッケージ
  • #47457: メディアエレメントプレーヤーコントロールバーのサイズ変更を修正

<原文訳>

とくに説明が必要なことはありません。バグも大したことのないものばかりです。

問題が起きることはなさそうです。すぐにアップデートしてもよいでしょう。

ただし動作確認は必要です。サボらないでくださいね。

-> WordPressのアップデート方法と気をつけること

次期バージョンはメジャーアップデートの予定です。(5.3)

公開時期も未定なので、待つ必要はありません。長い目でみましょう。

ver 5.2.1 すぐにアップデートして問題なし

WordPress5.2の最初のマイナーアップデートが2019/5/21に公開されました。

今回は、セキュリティ&メンテナンスリリースです。かんたんに言えば『不具合修正』です。新しい機能の追加はありません。

公式でも変更点の説明はたったこれだけです。

WordPress 5.2.1リリース投稿から、このメンテナンスリリースではブロックエディタの改良、アクセシビリティ、国際化、5.2で導入されたSite Health機能を含む33個のバグが修正されています。

<原文訳>

アクセシビリティ(accessibility)

使いやすさ。だれでも同じように使えることを目指す尺度。

高齢や低年齢者、障害をもった人たちに対しても、同じようにできることを指すことが多い。

直感的に使えるかどうか。教えないと使えないものはアクセシビリティが低い。

アクセシビリティ意味
高いだれでも使える。
学習は不要。
低い特定の人しか使えない。
学習が必要。

14件のチケットが公開されています。

  • #47180: RTL言語を使用中にブロックエディタで入力する問題が修正されました
  • #47186: sodium_compatを使用すると32ビットシステムでメモリ不足になるバグが修正されました。
  • #47189: Site Healthの「Update your plugins」リンクは、マルチサイトインストールの正しいページにリンクするようになりました。
  • #47185: Windowsシステムでファイルが削除されないというwp_delete_file_from_directory()の問題が修正されました。
  • #47205: shiftキーを押しながらEnterキーを押した後にクラシックエディタでスペースを追加できないというバグが修正されました。
  • #47265: PHPエラーがドロップインで発生した場合のエラー保護ページの2つの致命的なエラー(advanced-cache.phpなど)が修正されました。
  • #47244: wp_targeted_link_rel()は、単一引用符と二重引用符が誤って互い違いになっている場合を防ぐために改善されました。
  • #47169: テスト環境で要件が満たされていない場合、PHP / MySQLの最小バージョン要件チェックで正しいエラーコードが返されるようになりました。
  • #47177: get_search_form()の後方互換性が改善されました。
  • #47297: Site HealthのHTTPリクエストテストの精度が向上しました。
  • #47229: TinyMCEがバージョン4.9.4にアップデートされました。
  • #47323: WordPress <5.2から5.2.1にアップグレードするときに発生する致命的なエラーを防ぎます。
  • #47304: フィード内のの精度に影響を与える可能性がある回帰を修正します。
  • #47312: 5.2.1の「バージョン情報」ページで使用されている文字列を、すでに翻訳されているものに変更します。

<原文訳>

とくに説明が必要ことはありません。

TinyMCEのバージョンアップ以外、不具合修正ですね。

TinyMCEは高機能編集エディタのことです。WordPress以外でも使うことができます。

問題が起きることはなさそうです。すぐにアップデートしてもよいでしょう。

ただし動作確認は必要です。サボらないでくださいね。

-> WordPressのアップデート方法と気をつけること

前のページ
WordPress5.2 メジャーアップデートの注意点と対応
WordPressの本
post-cta-image

たくさんあるなかで、WordPressの基本が学べる、目的別に学べる本を選びました。

  • WordPressの基本
  • Webサイト作成から運用まで全体的に学ぶ
  • ブログサイトの運営からサイトの収益化を学ぶ
  • サイト作成・運営 + 集客の方法を学ぶ
  • WordPressからPHPプログラミングを学ぶ
  • 最新のWordPress(バージョン5)に対応した本

の7冊です。どうしてもネット上で調べて勉強するのが苦手という人におすすめです。

この内容をモノにすればほかの本は必要ありません。あとは自分の力で、書籍を使わずにインターネット上にある情報だけで学んでいけます。


WordPressの本7選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!