ツイート
シェア
LINEで送る
B! はてぶでブックマーク
Pocketでブックマーク
RSSフィード

WordPress5.5からテンプレートに変数を渡せる

wordpress image
イラストダウンロードサイト【イラストAC】
の画像をもとに加工しています。

WordPress5.5からテンプレートにパラメータ(引数)で変数を渡せるようになりました。

ロード元のテンプレートからロード先のテンプレートにデータを引き継ぐことができます。

『テンプレートファイルを読み込むとき変数値の引き継ぎできなかったっけ?』と思うくらい、これまであってもおかしくなかった機能の追加です。

(そっか、自分で作ったの忘れていた。)

これで、メインのテンプレート(index.php)からヘッダーやフッターのテンプレート(header.php, footer.php)に変数値を渡すようなことができます。

関数テンプレート
get_header()header.php
get_footer()footer.php
get_sidebar()sidebar.php
get_template_part()任意のテンプレート
パラメータが渡せる関数

使い方も簡単です。テンプレート読み込み関数の一番最後のパラメータに変数を指定するだけ。

ここでは、メインテンプレートのindex.phpからヘッダーのheader.phpへ変数値を渡してみます。

index.php
<?php
$args = [
    'test' => 'test-value',
];
// get_header();
get_header( null, $args );
?>
header.php
<?php echo $args['test']; ?>

やることはこれだけ。

パラメータを渡すとき、テンプレート読み込み関数のその他のパラメータは省略できないので、初期値を指定しましょう。

パラメータを渡さないのであれば修正はいりません。

大事なこと忘れてました。引き取るパラメータの変数名は '$args' です。変数名までは渡せないので気をつけましょう。

複数のパラメータを渡したければ、$argsを配列や連想配列にすればOK。

前のページ
WordPress5.5 テンプレート読み込み関数に戻り値を追加
WordPress5.5, esc_xml()追加。XMLのエスケープ処理。
次のページ

WordPressの本

post-cta-image

たくさんあるなかで、WordPressの基本が学べる、目的別に学べる本を選びました。

  • WordPressの基本。
  • Webサイト作成から運用まで全体的に学ぶ。
  • かんたんなカスタマイズを学ぶ。
  • 何も分からないところから学ぶ。
  • WordPressからPHPプログラミングを学ぶ。

の5冊です。どうしてもネット上で調べて勉強するのが苦手という人におすすめです。

この内容をモノにすればほかの本は必要ありません。あとは自分の力で、書籍を使わずにインターネット上にある情報だけで学んでいけます。


WordPressの本5選

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください