Atom: Python開発におすすめのパッケージをご紹介

  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
他言語サイト
en_US en_US
atom for python image
イラストACの画像をもとに加工しています。

テキストエディタのAtomでPython開発環境におすすめのパッケージをご紹介します。

大きく分けて『IDEを使う』『linterを使う』の2つをご紹介します。

Python開発におすすめのパッケージ

Pythonは、読みやすい、書きやすいを目指して開発されたプログラム言語です。プログラミングにくわしくない大学などの研究者の間で注目されました。

最近では、AI(人工知能、機械学習・ディープラーニング)が注目されたことからさらに普及が広まっています。

はじめに各分野のスペシャリストたちに注目されたため、専門的な処理を行うパッケージが多く用意されているのが特長で、AIのパッケージもその中の1つです。

そのPythonの開発環境で便利なパッケージをご紹介します。atomのプログラム開発では大きく分けて2つあります。

  • IDE(統合開発環境)を使う
  • linterとそのほかのプラグインを使う

どちらを使うにしても、プログラム言語に関係なく共通で使えるプラグインがあります。まずはそちらをインストールします。-> 共通で使えるおすすめプラグインのご紹介(IDEのくわしい内容もあります)

IDE(統合開発環境)を使う

atom-ide-uiはインストール済みとして進めます。

ide-python

https://atom.io/packages/ide-python

ide-pythonは、atom-ide-uiのpython言語パックです。pythonは公式の言語パックがないのでコミュニティで開発されたものを使います。

ide-pythonはpython環境にpython-language-server[all]が必要です。.pyファイルを開くとこのようなエラーが出るのですぐにわかります。

ide-pythonエラー

言われたとおりにインストールします。

install
python -m pip install 'python-language-server[all]'

atom-ide-debugger-python

https://atom.io/packages/atom-ide-debugger-python

IDEで使うpythonの専用デバッガです。あとで出てくるpythonのデバッガは使えません。

IDEでのpythonプラグインは以上です。

次からはlinterを使ったpythonプラグインです。linterを使う場合はIDEより選択肢が多いです。ここでは5つご紹介します。

すべてIDEと機能が被っています。IDEを使う人は不要です。

ソースコードの静的コードチェック

linter

https://atom.io/packages/linter

プログラムの静的コードチェックを行うツールです。Python専用の拡張パッケージが用意されています。拡張パッケージは別途インストールする必要があります。

Pythonでは、linter-python-pep8, linter-pythonのプラグインをご紹介します。

静的コードチェックは、プログラムを実行する前にコードがきちんと書かれているかをチェックして知らせてくれるツールです。

最近は、プログラムを書くのと同時にチェックを行い、エラーがあったらエディタのウィンドウに表示するものあるので、とても便利です。

これから紹介するツールもこのかたちです。

linterとIDEは共存できません。IDEを使う人は不要です。

linter-python-pep8

https://atom.io/packages/linter-python-pep8

pep8は、Pythonで公式に採用されているコーディング規約チェックツールです。そのpep8のlinter拡張パッケージです。

このパッケージは、Python環境にpep8をインストールする必要があります。インストールにはpip(pip3)コマンドを使います。

pep8のインストール
pip install pep8

Pythonは、読みやすい・書きやすいプログラミングを目指して作られたプログラム言語なので、コーディング規約に則ったプログラミングを行うことは、Pythonの基本ルールだと考えたほうがよいです。

linter-python

https://atom.io/packages/linter-python

pythonのコーディング規約チェックツールには、公式ではないですが多くの人に利用されて準公式的なものもあります。(デファクスタンダード)

pylamaです。linter-pythonプラグインはpylamaを使います。

pylamaには、PyFlakes、Pylintなど、有名なコーディングチェックツールが含まれていて人気があり、pipのパッケージにも登録されています。

atomでも、linter-python-pep8よりも人気があります。ぼくもlinter-pythonを使っています。

このパッケージは、Python環境にpylamaをインストールする必要があります。インストールにはpip(pip3)コマンドを使います。

(pylama-pylintも使いますが、かならず必要なものでもありません。)

pylamaのインストール
pip install pylama pylama-pylint

プラグインの公式ページでもpylamaのインストール方法が紹介されています。

そこでは、pylama-pylintもインストールするコマンドが紹介されているので、ぼくは2つとも入れています。

そのほかのpythonのlinter

linter-python-pep8もlinter-pythonも、中身は人気のあるツールのいくつかまとめたものです。

各ツールの特性や使い方を調べたり覚えたりする必要がありません。そして、pythonのコーディングチェックツールには、それぞれ個別のlinterもあります。

使うツールを限定したいときにインストールします。個別にインストールする場合は、linter-python-pep8, linter-pythonなどpython環境がまとめられたプラグインは不要です。

上級者の使い方なのでほとんどの人は使うことはないです。

コードの入力補完

autocomplete-python

https://atom.io/packages/autocomplete-python

Python専用の入力補完パッケージです。

テキストエリアに文字を入力すると、該当するメソッドやクラスなどの入力候補が出力され、プログラミングを助けてくれます。

プログラミングにとって入力補完は当たり前なので必須のパッケージです。

ソースコードの整形

atom-beautify

https://atom.io/packages/atom-beautify

プログラムコードを整形するパッケージです。Pythonに対応しています。(そのほかの主要なプログラム言語にも対応しています。)

デバッグ機能

Python-Debugger

https://atom.io/packages/python-debugger

ブレークポイントを直感的に指定してデバッグを実行するパッケージです。デバッガビューエリアでpdbコマンドのサブコマンドを使ってデバッグします。

デバッガは、プログラムを一時停止したり再開しながら少しずつ実行して、動作確認することです。

動画を止めたりスローモーションで再生したり、早送りしたりするのと似ています。(ただしデバッガは戻ることはできない。)

ブレークポイントは、プログラムを止める場所です。プログラムを実行する前に止めたい場所にマークします。

デバッガは1行ずつ実行することもできます。

エラーが出たときの対応

atom-pylama-error
pylamaの実行パスが存在しないエラー

atomのpython環境では、pythonにインストールする必要があるパッケージがあるので、キャプチャのようにエラーが表示されることがあります。

『Provided path doesn't exist』『Please fix pylama path or install latest version』は、pylamaをインストールしていなかったので、実行するコマンドが見つからないか、インストールされたpylamaのバージョンが古いときのメッセージです。

(pylama以外でも同じようなエラーが出ます。)

このようなメッセージが出るときは、何かしらインストールするものが足りなかったり、インストールしたパスがatomの設定のデフォルトと違う場合です。パッケージのsettingで内容を確認しましょう。

インストールしたパスの確認

まずは、linter-pythonの設定を確認します。File -> SettingsでPackagesを開きます。そして、linter-pythonの設定を開きます。

linter-pythonのキャプチャ
linter-pythonのSeggingsをクリックする。

そして、pylamaの実行パスの確認をします。デフォルトは"pylama"で、どこでもpylamaコマンドが使えると想定しています。

linter-pythonのキャプチャ
pylamaの実行パスの確認。

次に、コマンドプロンプトを適当なパスで起動します。そして、pylamaコマンドを実行します。

windowsの場合。macでも一緒
pylama

これでコマンドが実行できればOKです。これでもエラーが出る場合は、pylamaコマンドのバージョンが古いです。pylamaコマンドを更新します。

pylamaのアップデート確認
pip list -o

アップデート更新リストにpylama, pylama-pylintがある場合はアップデートを行います。

pylama, pylama-pylintのアップデート
pip install -U pylama pylama-pylint

まとめ

今回はあくまで最低限必要なパッケージだけを紹介させていただきました。

Pythonは2系と3系のバージョンがありますがどちらでも利用できます。

Atomはパッケージをインストールしすぎると動作が重くなり使い勝手が悪くなります。便利なパッケージはたくさんあるのでインストールのし過ぎには気をつけましょう。

また、同じような機能を持ったパッケージもたくさんあります。同じような機能のパッケージは、その中から1つを選んでインストールしましょう。

最近ITカテゴリでよく読まれている記事です。
blog image

ドメイン取得の意味が分からない人へ。王道の方法を紹介します。

ドメインの登録業者を選ぶのに悩む必要はないです。サイトを簡単に早く公開するには全くいらないことで、むしろ邪魔です。『お名前.com』というサービスは必ず耳にします。そのお名前.comのメリットとデメリットと一緒に、ドメインの意味が分からない人が一番失敗しないドメインの取得方法を紹介します。

tadtadya.com

_

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!