因習(いんしゅう)の意味は?伝統との違いは何か?

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
何か?の画像

古くから伝わる風習、習わしのことを”伝統”や”因習”と呼びます。この”伝統”と”因習”は同じような意味を持ちますが、けっして同じものではありません。

一言で言えば”悪い伝統”=”因習”といったところでしょう。

因習(いんしゅう)とは?

古くからある習慣。風習。しきたり。主に弊害を生むものとして使われ、良い意味では使われません。

かつては日本にも、人身御供の習わしがありました。

人身御供(ひとみごくう) 人間の生贄(いけにえ)のこと。人柱(ひとばしら)とも言う。

ひとつ例を言うと、ある村では、天災を防ぐために数年に一度、村のバージンの少女を1人選んで、大きな池の中心に置き去りにする習慣がありました。

この『生贄』を出した家の人間は、村の住民から終生大事にされて、食べるものに困ることはないくらいの援助があったそうです。

しかし、ここからは残酷です。少女の家族は大事にされますが、少女は悲惨です。この少女は逃げることは許されません。

実際に泳いで逃げる子もいたようです。しかし、池のほとりには村の男たちが待ち構えています。逃げる少女を複数の男で殴り殺します。そして、そのまま池に放り投げてしまいます。

これ以外にも、初めての性体験や結婚の過程に関してレイプまがいの風習もありました。

このような話は、そう遠くない昔の日本の風習として全国各地に存在します。しかしこれらは現在、れっきとした”犯罪”として罰せられます。

少し刺激の強いものを例に出しましたが、このように、古くからあるしきたりの中で現在では『あってはならないこと』が因習と呼ばれます。

伝統には因習が入っている

もうひとつ、古くからある習慣、風習、しきたりを”伝統”と言います。伝統と因習は同じ意味なのでしょうか?

答えは、『伝統の中に因習がある』です。

現在は、”伝統”は良い意味で使われることが多いでしょう。しかし、伝統には『悪い伝統』『決してあってはならない伝統』もあります。

伝統の中のこの『あってはならないこと』を因習というので、現在は”伝統”は良い意味で使うのが一般的です。


大相撲の『女人禁制』『女性は土俵に上がれない』は因習

舞鶴市の市長が土俵上で倒れ、それを助けようとした女性の看護師が土俵に上がったことをきっかけに大相撲の『女人禁制』について話題になっています。

この『女人禁制』を擁護する人々は、先人たちが守り続けてきた”伝統”と言いますが、これは”因習”です。

相撲が『女人禁制』になったのは明治5年です。当時は、男尊女卑』『女性蔑視』があたりまえの時代でした。この『男尊女卑』の思想がある中で生まれた伝統が『女性は土俵に上がれない』です。

この『男尊女卑』には、『女性は不浄』という考え方があります。これは、日本の思想にはもともと『穢れ(けがれ)』があり、『血に関係する人々』

『穢れている』=『汚れている』=『禊(みそぎ)が済んでいない』=『不浄』=『聖域に入れない』

とされて、差別の対象とされてきました。

『不浄』は、清潔でない、不潔という意味がありますが、正確には『穢れを払っていない』、『禊が済んでいない』という意味です。

穢れ(けがれ)禊(みそぎ)については 『穢れと禊』に任せてここでは結果だけ説明します。

もともと女性は『不浄』ではありませんでした。しかし、『男尊女卑』の考え方が外から入ってきたとき、女性は月に一度生理があるので『血に関係する人々』として見られるようになります。

そして、『男尊女卑』と『穢れ』の思想が結びついて『女性は不浄』になります。この思想は、『女性は土俵に上がれない』伝統が作られた当時、何の疑いもなく信じられていました。

このように見てみると、『女性は土俵に上がれない』は”伝統”でしょうか?

現在、女性を『汚れている』と言うことは『あってはならないこと』です。『あってはならない伝統』になります。これは『伝統ではなく因習』になります。

相撲の『女人禁制』を擁護する人々は、『伝統と因習』をどのように分けるのか考えたことのない人々です。つまり『相撲の伝統』について何も考えていないということです。

本来はメディアで長い時間をかけてあーだこーだ言うものでもありません。それだけ日本人が『伝統と因習』のバランスを忘れてしまっているということでしょう。

相撲で祀っているカミは女神だから、女性が土俵に上がると女神が嫉妬して怒ってしまう

という伝統らしい理由に納得させられそうですが、これは『因習を伝統に見せるための方便』です。それだけ伝統と因習のバランスをよく見ることが難しいということでもあります。

左翼と右翼、革新と保守の対立に『伝統と因習』が影響している

政治の対立、イデオロギーの対立を見ていくと『伝統と因習のバランス』に行きつきます。

左翼、革新と呼ばれる人々の思想は『近代思想』です。バランスが悪くなると近代以前の考え方を根こそぎ排除する癖があります。

右翼、保守と呼ばれる人々の思想は『近代思想の中に伝統を取り入れていく』です。バランスが悪くなると因習を伝統と言い続ける癖があります。

現在の日本の政治家を見ると、バランスの悪い者同士が言い合いをしているようにしか見えません。

本来は、左翼と右翼、革新と保守はお互いより良い世界を目指しているはずなので、対立するものではありません。対立するということはバランスが悪いということです。

そのバランスをとるポイントに『因習』があります。どちらも『あってはならないこと』をなくすことに異論はないはずなので、不毛な対立ではなくもっと建設的な議論ができるはずです。

日本が近代化したとき、明治、大正期の日本人はこのバランスについてよく考え議論していました。現在の日本人は明らかに当時から比べて退化しています。

今こそ先人の知恵を改めて見直す必要があります。

『伝統を守る』とはどういうことか?

よく伝統について語るときに、『伝統は変わることで継承されていく』という言葉を聞くと思います。

伝統は、守り続けるだけではなくなってしまい、変わり続けることで長く続くことができるという意味ですが、もっと詳しく言うと、

伝統は因習を克服することで時代が変わっても人々に受け入れられ続いていく

という意味になります。

『変わり続ける』ということは、”因習”を取り除くことでそれぞれの時代に生きる人々に『伝統を守りたい』と思われることです。

因習をいつまでも守り続けると、伝統の中身が因習だらけになってしまい、人々から敬遠され伝統そのものがなくなってしまいます。



『伝統を守る』ことを続けることは”因習”との戦いでもあります。伝統を重んじる人間はつねに”因習”を意識しなければなりません。

大相撲に関わる人々は”因習”を意識していません。現在の相撲人気に舞い上がってしまって”因習”を増殖させる方向に発言しています。このままでは、近い将来『大相撲の伝統』は『あってはならない伝統』『因習』としてこの世からなくなることでしょう。

 

最近歴史カテゴリでよく読まれている記事です。
post-cta-image
blog image

土地所有の歴史で時代の主人公が見える

日本の歴史では、歴史の勝者がコロコロ変わってきました。大王・豪族、天皇、貴族、上皇、武士、国民。でも変わらないのは、全員有力な土地の所有者だったことです。それだけ『土地』と『歴史』は深くつながっています。そこで歴史の勝者を『土地』から見ていきます。

tadtadya.com

_

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!