男尊女卑、女性蔑視とは何か?答えは男系主義にあり!

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
Q&A image

『男尊女卑』『女性蔑視』の思想はどこから生まれたのでしょうか?

それは『男系主義』という考え方が大きく関係しています。男系主義とは何かを見ていくと、男尊女卑・女性蔑視の答えが分かります。まずは男系主義から見ていきましょう。

男系主義とは何か?

男系主義とは、男性のDNAが『家』という集団で最も価値がある考え方です。

昔は『家の後継者は長男』という常識がありましたよね?これにも男系主義が入っています。

この『家の中の常識』が『一族』、『地域』、『国家』、『社会』と広がっていって男性優位の社会になります。その中で『男尊女卑』『女性蔑視』の思想も生まれ、集団の規模が大きくなればなるほどその思想も広がっていきます。

男系社会の誕生には戦争が関係している

男系主義が浸透した社会を『男系社会』と言います。

男系社会は、暴力・戦闘の価値が最も高まる戦乱が続いた社会で生まれると言われます。暴力・戦闘は男性が女性に勝っている能力だからです。

ここでは日本の男系社会についての話なので、東アジア、とくに中国の男系社会について話しましょう。

中国は、もともと男系社会ではありませんでした。中国では紀元前、秦が統一国家を作る前の春秋・戦国時代を経験することで、完全な男系社会になったといわれます。

当時の日本には男系主義は入っていません。日本はまだ各地に小さな集落をつくっていたぐらいの集団生活の時代です。まだ小国家が集まっていたくらいのものでした。

no image person
男のほうが女よりも偉いんだって
no image person
どうして???なんで???意味がわからない

これぐらいの感覚だったでしょう。

  • 日本に男系主義はなかった。
  • 男尊女卑の思想もなかった。

『男尊女卑』『女性蔑視』の思想は輸入されたもの

日本列島には男系主義が入っていないので、男尊女卑、女性蔑視なんてものがあるはずがありません。現代の女性から見ると羨ましいかぎりの世界でしょう。

では日本の男系主義は自分で作り出したものなのでしょうか?

そうではありません。日本の男系主義は中国に大きく影響されています。

男系主義は、5世紀の『倭の五王』の時代に日本に入ってきたのが有力な学説です。この時代は古墳時代です。聖徳太子の登場の100年ぐらい前と言えば、どのくらい古いか分かるでしょう。

このとき倭(わ。やまと。日本の前身)は、今まで経験したことがないくらい外国、北朝の宋と濃密な外交関係を結んでいました。そこから男系主義が入ってきたとされます。

しかし当時の日本の社会は、まだ男系社会になっているとはいえません。

日本に男系主義が入ってきたのは聖徳太子が登場する100年前。

東アジアの男系主義

東アジアの男系主義は、中国が中心です。中国では春秋・戦国時代を経験して、紀元前3世紀には男系社会になりました。

今でも中国は『夫婦別姓』です。これは男女平等の思想とは真逆の意味でそうなっています。

男の家に嫁いだ女性は、死ぬまで男の家のものとして認められない

という意味があります。だから中国の女性は結婚しても、名前では自分の父親の家の人間として生きることになります。

中国では、『女性は家の後継者を生む要員であって家族ではない』という、男尊女卑の象徴になっています。

中国に強く影響された朝鮮半島でも夫婦別姓です。理由は中国と同じです。

また、『家』という単位では、最近まで女性は排除されてました。同じ姓を持つ、同じDNAのルーツを持つ者同士の結婚は認められませんでした。(同姓でも出身地が違えば認められます。)

日本人の感覚では兄妹が結婚するようなものです。それだけ気持ちの悪いもの、やってはいけないことでタブーでした。

  • 東アジアでは夫婦別姓は男尊女卑の名残り。
  • 近親結婚は男系主義ではタブー。

日本が男系主義を徹底できなかった名残り

一方、同じ東アジアの日本では男系主義が徹底されませんでした。

男系主義が入ってからも天皇の近親結婚は当たり前のように行われました。飛鳥・奈良時代だけで数えるのが大変なくらいです。

飛鳥・奈良時代は、歴代天皇の半分は女帝です。これも男系主義ではありえないことです。

しかし、少しずつ男系主義に寄っていく様子が見えてきます。飛鳥時代なると、天皇の異母兄弟の結婚がなくなっていきます。叔父と姪、伯母と甥など、近親結婚でも少しづつ血統が遠くなりました。

平安時代には女帝がまったく誕生しなくなりました。近親結婚は激減します。男系主義が伝わってから300年もたってようやく浸透し始めたようです。

しかしいまの日本でも、いとこ同士の結婚は認められています。また、日本は家という単位で見たとき、女性の家に男性が入る婿養子というシステムがあります。

これは、中国や、中国に強く影響された朝鮮半島などの国ではありえない考え方です。男系社会では許されない行為と言った方がいいでしょう。

日本という国は、何でも自分流に変えたくなる性格を持っているようです。男系主義も300年寝かせたことで自分流に変えてしまいました。

日本人のこういうところが、中国人や朝鮮人にとってイラッとするところです。しかも、この自分流が欧米などで『日本のカッコいい文化・姿』として評価されることがあるので余計です。

日本人は大真面目に『改良』しているつもりが、中国人や朝鮮人から見れば『真面目に取り組んでいない』『本気で学ぼうという気が無い』と見えるのでしょう。

このように、日本は中国に強く影響されていますが、日本独自の『男系・女系にこだわらない』という思想が、不完全な男系主義としていまでも残っています。

  • 日本は男系主義を受け入れるのに300年かかっている。
  • それでも完全な男系主義にはなれなかった。

男系・男中心の社会はいつ始まったのか?

日本で『男尊女卑』が当たり前になったのはいつからでしょうか?男系・男中心の社会がいつ始まったのでしょうか?

これをはっきりしません。長い時間の中で少しずつそうなったというのが本当のところでしょう。ただしある程度の推測はできます。

男系主義は5世紀の『倭の五王』の時代に中国との親密な交流で日本に入ってきました。

でもそれをすぐに受け入れたわけではありません。飛鳥・奈良時代は、天皇の近親結婚、多くの女帝の即位などから、男系社会になっているとは言えません。

しかし平安時代になると一変します。

女帝が即位しなくなり、天皇が近親者と結婚することも激減しました。また、通い婚という、女性を男性の家に入れない結婚の形がでてきます。

『通い婚』というかたちは貴族だけに浸透しました。これは、インテリ層の貴族階級だけが当時の世界最先端の思想だった男系主義を知ることができたということを表しているのではないでしょうか?

平安末期になると武士の台頭で男性優位の社会を否定することができなくなります。

武士はもともと下流社会の人々です。また武士は戦争の専門家なので男系主義を受け入れやすい体質を持っています。それが上流社会だけにあった男系主義を日本の社会全体に広めたと思われます。

結局これが現代まで続くことになります。

このように見てみると、日本の男系・男中心の社会はいつ始まったのかと言われれば、

考え方は、すでに古墳時代に入ってきていて、300年の熟考・試行錯誤の期間を経てから平安時代に一気に広まった

とするのが一番納得のいく答えだと思います。

『男尊女卑』『女性蔑視』思想は明治に入ってからが強烈だった

平安時代が終わり武士の時代になると、日本の中で自然に『男系主義』の思想が受け継がれていきます。

時代はずっと新しくなって明治時代に入ると、天皇の皇位継承や相撲から女性を排除しました。

この時代は帝国主義のど真ん中です。日本人は外国から攻められて奴隷にされるのではないかといつもビクビクしていました。また、つねに戦争に備えるため、国家も国民も覚悟していた時代でもあります。

このような時代だからこそ男系主義が必要だったのでしょう。でもこれは『男尊女卑』『女性蔑視』が強く出てしまったとも言えます。

大正時代には歴代天皇の再検証を行なって、第15代天皇として数えられていた神功皇后は歴代天皇から外されました。『古事記』では丸々1章を費やして記述されるほどの古代のヒロインにもかかわらずです。

理由は男尊女卑の思想だけではないでしょうが、明治、大正、昭和初期の日本は『男尊女卑』の思想が充満していた時代でした。もしかすると日本の長い歴史の中で一番女性蔑視が行われた時代かもしれません。

日本は近代に入ってからのほうが男尊女卑が強い。

最近歴史カテゴリでよく読まれている記事です。
blog image

土地所有の歴史で時代の主人公が見える

日本の歴史では、歴史の勝者がコロコロ変わってきました。大王・豪族、天皇、貴族、上皇、武士、国民。でも変わらないのは、全員有力な土地の所有者だったことです。それだけ『土地』と『歴史』は深くつながっています。そこで歴史の勝者を『土地』から見ていきます。

tadtadya.com

_

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!