Linux systemctl サービス操作の基本 スタート / ストップ / 再起動 / リロード / ステータス確認

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
programing image

systemctlコマンドでサービス(アプリケーション)の基本操作です。

とりあえず、サービスのスタート / ストップ / 再起動 / リロード / 状態確認 から覚えましょう。

今回の作業は、サーバーエンジニア、インフラエンジニアがよく使うLinuxコマンドです。

しかし、これくらいの作業ならフロントエンジニアやシステム管理者などの非エンジニアでもかんたんにできます。

ちょっとしたトラブル対応で使うこともあるので覚えておくといいです。

サーバーエンジニアからすると、

それくらい自分でしてよ!

と心の中で思いながらやっているんですが、フロントエンジニアやシステム管理者が作業してくれると重宝されます。

いろんな分野の人がかかわって開発していると、他分野の作業を少しでも自分でできるエンジニアはありがたい存在なんですね?

systemctlコマンドとは?

RedHat系Linuxは、バージョン7(RedHat7, CentOS7)からサービスの設定をsystemctlコマンドで行ないます。

サービスはアプリケーションです。Webサーバー、DBサーバー、ファイアウォールなど、サーバーアプリケーションはほとんどすべてサービスとして登録されます。

そのアプリケーションをコントロールするのがsystemctlコマンドです。

systemctlコマンドを使うサービスコントロールのアプリケーションをSystemdといいます。

以前はinitと呼ばれるアプリケーションでしていました。/etc/init.dディレクトリで作業したことがある人は分かると思います。

サービスのスタート

systemctl start service

サービスのストップ

systemctl stop service

サービスのリスタート(再起動)

systemctl restart service

サービスのリロード(設定の更新)

systemctl reload service

サービスのステータス確認

systemctl status service
serviceサービスファイル名[***.service]。
サービス名(***)だけでもよい。

サービスのスタート

サービス起動
systemctl start firewalld

firewalldは、Redhat系Linuxで標準で用意されているファイアウォールです。

ここでは、ファイアウォールを起動しています。

サービスのストップ

サービス停止
systemctl stop firewalld

ここでは、ファイアウォールを停止しています。

サービスのリスタート(再起動)

サービス再起動
systemctl restart firewalld

ここでは、ファイアウォールを再起動(停止 -> 起動)しています。

サービスのリロード(設定の更新)

サービスリロード
systemctl reload firewalld

アプリケーションの設定を変更したとき、アプリケーションを起動したまま設定を反映させます。

アプリケーションを止められないときに使います。

ふつう設定は、/etcディレクトリにあるファイルで行います。

ここでは、ファイアウォールの設定をリロードしています。

サービスのステータス確認

サービスステータス確認
systemctl status firewalld

ここでは、ファイアウォールのステータスを確認します。

前のページ
Linux systemctl サービス名一覧
Linux systemctl サービスの自動起動 / 解除を行なう
次のページ
SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!