象徴天皇の背景にはイギリスがいる

他言語サイト
us us
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
菊紋

2017年5月26日深夜放送の「朝まで生テレビ」で象徴天皇について気になる発言がありました。

象徴天皇の ”象徴” はGHQがイギリスを参考にしたというのです。

”象徴天皇” はアメリカ型民主化のための方便?

アメリカは大統領制です。あたりまえですが君主はいません。なので、象徴天皇の”象徴”は、アメリカの考える民主化を日本に持ち込むための方便だと思っていました。

アメリカの今までの対外政策を考えると、そこまで相手のことを考えながら行動するようには思えません。象徴という言葉はGHQが日本の国体を転換させて、将来的に天皇制を自然消滅させるために使ったのだと思っていました。

今でもその考えは持っていますが、アメリカが日本のことを全く考えていないということについては少し考えが変わりました。それが冒頭の”象徴はGHQがイギリスを参考にした”ということです。

2017年5月26日深夜放送の「朝まで生テレビ」の発言内容を文字に掘り起こしてみます。

2017年5月26日深夜放送の「朝まで生テレビ」の発言内容

天皇陛下が退位するにあたってどのように対応するかという話のテーマでのことです。ここで”象徴天皇”の役割についての話になりました。

番組開始から26分あたりです。

その中での発言です。(敬称略)

田原総一朗
No Image Person

イギリスの王室に象徴という言葉がすでにあり、それをGHQが戦後日本にもってきた。
小林よしのり
No Image Person

ウェストミンスター憲章にあるんですよ。象徴って。それを使ってるんですよ。GHQはね。
八木秀次
No Image Person

「国民統合の象徴」という1つのワードになっている。
ウェストミンスター憲章の中で「国民統合の象徴」という言葉で表現されているという意味。
小林よしのり
No Image Person

だからGHQのほうがいいんです。本当は。
現在の天皇陛下は、”象徴天皇とはどうあるべきか”というのを常に考えながら行動してきました。その答えとして、”常に国民に寄り添う”ということが、象徴のあるべき姿だとしてきました。
国民に寄り添うということは、国民と直接コミュニケーションを取るということです。それに対し、右派勢力の中には”あまり表に出ず天皇は奥で祈ってればいい”という考えを持っている人たちがいます。
小林氏の発言は、その右派勢力の考えよりはイギリスを参考にしたGHQの考えの方が、本来の天皇の在り方としては近いのではないか?こちらのほうが日本にとっていいのではないか?という意味です。

ウェストミンスター憲章とは?

1931年12月11日に英国議会が発表した憲章のことで、英国議会が制定した法律としての形をとっています。この憲章では、イギリス連邦の体系を法律として規定しました。

イギリス連邦とは、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどのことです。エリザベス女王が君主の国々のことです。

憲章発表前

憲章発表前は、イギリス本国以外の国はイギリスよりも地位が下に置かれていました。外交権や軍事行動の権限はイギリスだけが持ち、それ以外の国は内政の統治権だけを持っていました。

イギリス以外の国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどは、国軍をもっていませんでした。

国王 - イギリス首相 - 各国の総督 - 各国の首相

という序列になります。

憲章発表後

各国の代表をイギリス首相の下に置くのをやめました。

 

国王 - イギリス首相
国王 - カナダ総督 - カナダ首相
国王 - オーストラリア総督 - オーストラリア首相


 

というように、序列を見直しました。国王の下では、各国はみな平等ということです。そこで、各国が独自に外交権を持てるようになり、軍事行動の権限も持てるようになりました。つまり、各国それぞれが国軍を持てるようになったということです。

これは、イギリスの純粋な植民地だったのを緩和したということでもあります。イギリス以外の国々を大人の国として独立させたということです。

憲章の象徴とは?

GHQの日本国憲法草案作成の当事者だった人の証言もあります。

ケーディス自身は、英連邦の「ウェストミンスター憲章」とそれの基礎になったパルフォア報告書(1926年、パルフォア伯爵が英国議会に提出し報告書)を貪り読んだ記憶があると述べている。その「ウェストミンスター憲章前文」には「王位(クラウン)はイギリス連邦構成国の自由な連合の象徴であり、構成国は、王位(クラウン)に対する共通の忠誠によって結合されている」と定められている
中村 政則 象徴天皇制への道―米国大使グルーとその周辺 (岩波新書)

ケーディスとは、チャールズ・L・ケーディスのこと。アメリカの軍人・弁護士。GHQ民政局課長・次長を歴任。日本国憲法を制定するときのGHQ草案作成の中心的役割を担った。

たしかに、日本の象徴天皇と似てますね。ウェストミンスター憲章から持ってきたことも納得です。

GHQがやったことは全部反対は意固地すぎないか?

日本国憲法はGHQの押しつけだというのは分かります。でもその押しつけのすべてがおかしいというのは少し違うかなと思うようになりました。

少なくとも象徴天皇については、草案を作った人がその人なりに真剣に考えた様子がうかがえます。これは日本人として否定するものでもないのではないでしょうか?むしろ今の象徴天皇の形に合っているような気がします。

そもそも、近代日本、明治維新後の天皇は、1400年の天皇の歴史の中では異質の性格を持っています。

1つは、天皇自身が軍人だったということです。大元帥と呼ばれ軍のトップに立っていました。天皇が軍人としてトップに立ったのは明治以降のことで、それ以前はそのようなことはありません。この状態は天皇の歴史の中のたった70年間だけです。

たしかに、天皇が軍を率いた時代もありました。しかしそれは、大王(おおきみ)と呼ばれた古代のことです。資料が少なく、歴史の事実の認定が難しい時代の話です。天皇と呼ばれるようになってから軍を自ら率いたのは斉明天皇くらいでしょう。天皇の意思に従って軍事力を持った実力者が動いたことはありますが。

もう1つは、天皇は神さまという考え方です。この考え方をしていた時代はもっと短く、昭和14年ごろから終戦の昭和20年までの約7年間だけです。

このときは日中戦争、大東亜戦争と日本が大規模な対外戦争に突き進んだ時代です。このとき尋常小学校などの少年少女への教育の中で言われました。

当時の大人は、天皇に対して今よりも強烈に畏敬の念を持っていましたが、神さまだとは思っていません。思っていたのは7年間のそのような教育を受けた人だけで、7年間の間に小学生、中学生だった世代だけです。

このように、戦後日本人が教えられた戦前の天皇像は、1400年のうちの70年間、たった7年間の異例中の異例の天皇像のことを言っています。本当の天皇の姿は見ていません。

天皇を否定したがる人、それを批判する人どちらも異例の部分だけを見て天皇を語っています。だから、GHQのやったことをすべて受け入れるか、全否定するような見方をするのでしょう。

少なくともメディアで発言をする人のほとんどはそのような発言をしています。1400年の歴史を踏まえて発言する人はごく少数です。

天皇を否定する人、その人を逆に否定する前に、天皇が1400年の中でどのように存在してきたのかを見ることが大事です。否定、肯定どちらにせよ、天皇を語るには必ず見なければいけない視点だと思います。

 

最近歴史カテゴリでよく読まれている記事です。
post-cta-image
blog image

土地所有の歴史で時代の主人公が見える

日本の歴史では、歴史の勝者がコロコロ変わってきました。大王・豪族、天皇、貴族、上皇、武士、国民。でも変わらないのは、全員有力な土地の所有者だったことです。それだけ『土地』と『歴史』は深くつながっています。そこで歴史の勝者を『土地』から見ていきます。

tadtadya.com

_

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!