第37代 斉明天皇 史上初の天皇返り咲き。今度は剛腕をブンブンふりまわす?

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
emperor kogyoku(saimei) image

歴代天皇 - 女帝中心の時代 -

斉明天皇(さいめい)は、一度退位してからまた天皇に即位する重祚(ちょうそ)を初めてした人です。

まえは災難つづきでなにもできず4年で終わってしまいましたが、こんどは持ち前?の剛腕をふるい勇ましい天皇として返ってきます。

古代 飛鳥時代

  • 皇居
  • 飛鳥板蓋宮
    (あすかのいたぶきのみや)

  • 生没年
  • 594年 ~ 661年7月24日
    推古天皇2 ~ 斉明天皇7
    68才
  • 在位
  • 655年1月3日 ~ 661年7月24日
    斉明天皇元 ~ 斉明天皇7
    7年
  • 名前

  • (たから)
  • 茅渟王
    (ちぬ の おおきみ)

またまた中大兄皇子、即位せず

先代の孝徳天皇の政権は、中大兄皇子(なか の おおえ の みこ)と中臣鎌足(なかとみ の かまたり)のツートップ政治です。

中大兄は皇太子でもありました。30才です。

ここで中大兄、なぞの即位辞退がおきます。理由はわかりません。

当時の天皇は35才前後にならないと即位できないといわれてますが、中大兄は、母親の皇極天皇が退位するときも即位するように打診されたのに断りました。

ほんとうになぞです。

孝徳天皇の政権で事実上のトップを務めました。政治の経験はありすぎるくらいです。

孝徳天皇は、中大兄に天皇をやめさせられたようなものです。

それなのに中大兄は天皇になりませんでした。これで中大兄の即位辞退は3回目です。皇太子なのに。

即位できた?即位できない理由
舒明天皇(父)が亡くなる16才。
年齢が若すぎた。
当時の即位の適齢期は35才前後。

即位できなかったのは当然といえば当然。
皇極天皇(母)が退位20才。
乙巳の変での蘇我入鹿殺害の実行犯。
さすがに殺人犯から天皇はムリだった。

年齢が若すぎた。
でも皇極天皇は、中大兄の即位を打診している。
孝徳天皇(伯父)が亡くなる30才。
年齢が若かったか?
でも欽明天皇は30才で即位しているので、ムリという年でもない。

天皇即位辞退から10年たっているので年齢による即位辞退は考えにくい。

そもそも孝徳天皇が亡くなったのは、中大兄が原因。

孝徳天皇政権では事実上のトップで、摂政みたいなものだった。
政治経験は豊富。
乙巳の変(いっしのへん)

645年、第35代 皇極天皇(こうぎょく)の目の前で、息子で皇太子の中大兄皇子(なか の おおえ の みこ)が蘇我入鹿(そがの いるか)を殺害した事件。

これで蘇我氏は一気に衰退する。

-> くわしくは皇極天皇のところで

これをきっかけに、天皇中心の国家建設を目指す政治運動が始まる。

大化の改新(たいかのかいしん)

律令(りつりょう)

律(りつ。刑法)と令(りょう。民法、行政法)からなる憲法みたいなもの。

7世紀の当時、世界の先進国の1つだった中国から伝わる。

日本は世界の先進国の仲間入りを目指して導入し始めていた。

律令で統治された国家を律令国家、その政治システムを律令制という。

-> くわしくは天智天皇のところで(作成中)

息子の代わりに母が即位

ここで即位したのは皇極上皇です。先々代の天皇です。乙巳の変で、息子・皇太子の中大兄が自分の目の前で蘇我入鹿を殺害した責任をとって退位しました。

そして今回は、自分が天皇になるつもりはなかったでしょう。10年前に息子に譲ろうとしていたくらいですから。

斉明天皇です。61才の即位です。

歴代天皇のなかでも遅い即位で、本来なら即位しないはずだったことがわかります。

斉明天皇 image
宮内庁HPより抜粋 一部筆者加工

一度天皇を退位して、ふたたび即位することを重祚(ちょうそ)といいます。

皇極・斉明天皇は、史上初の重祚をした人です。

重祚(ちょうそ)

一度退位した天皇が再び天皇になること。二度目のときの名前は新しくつけられる。

男性天皇は1人も重祚していない。

中大兄のオラオラはつづく

皇太子・中大兄は、敵になったものは殺すという性格があります。斉明天皇のもとでもやっちゃいました。

先代の孝徳天皇には息子がいました。有馬皇子(ありま の みこ)です。

孝徳天皇が亡くなったとき、有間皇子は皇位継承争いを避けるため病気になったといって白浜温泉に引っ込みました。

そのあと都に戻って、斉明天皇に白浜がいいところだったと斉明天皇に伝えます。

斉明天皇は、白浜温泉に旅行に行くことになりました。

天皇が留守中の都では、有間皇子に蘇我赤兄(そが の あかえ)が近づき、

赤兄
斉明天皇と中大兄皇子は能力が低いっす。まちがったことばっかりしています。皇子が皇位につくつもりなら自分は味方になるっす!

といい、これに皇子は、

有馬皇子
そうか!それなら自分が斉明・中大兄を倒して立て直そう!

といって喜びました。

でも赤兄は、こんどは中大兄皇子に

赤兄
有馬皇子が反乱を起こそうとしています

とチクります。

有馬皇子の反乱を聞いた中大兄は、有馬皇子をとらえて天皇のいる白浜に送り、尋問しました。

これに有間皇子は、

有間皇子
天と赤兄が知っているでしょう。わたしは知りません

と答えましたが、処刑されてしまいました。

赤兄は最悪です。なにがしたかったのかよく分かりません。

一説には、天皇が留守にしていることを利用して中大兄が有間皇子に罠を仕掛けたと言われます。

キライな奴は殺してしまえの中大兄ならやりそうなことです。

朝鮮半島の混乱に手を出す

このころ、朝鮮半島では大きな変化がおきます。

百済(くだら)滅亡

です。新羅(しらぎ)が朝鮮半島の統一にむかって強大になったころで、660年、中国(唐。とう)と連合を組んで百済に攻め込んできました。

百済と友好関係にあった倭(わ。日本)は、百済からのヘルプの要請に兵を送ることを決めます。

斉明天皇は本気度100%でした。天皇自身が兵を率いて出陣します。皇太子も一緒です。

これで負けたらどうするんだ?というくらい、全員で出陣しました。

遠征先で死ぬ

遠征軍は、筑紫(福岡県)の朝倉宮にうつります。

しかし斉明天皇はそこで亡くなってしまいます。67才でした。

病気なのかなんなのかよく分かりません。暗殺されたというはなしもあります。

天皇が亡くなったので、百済遠征は中途半端におわります。

斉明天皇が亡くなったので今度こそ中大兄の時代がやってきます。しかしそれでも中大兄は天皇に即位しなかったのですが...

皇極・斉明天皇ってどんな人?

皇極・斉明天皇は、どんな人だったのかよく分かりません。

皇極天皇時代は存在感がありませんでした。蘇我入鹿があまりにもキャラが強くて皇極天皇がよく見えませんでした。

かと思ったら、今度は孝徳天皇を置き去りにして中大兄と一緒にヤマトにかえったり、百済に兵を送るために九州まで遠征するアグレッシブさもあります。

歴代の天皇は、わけが分からない人はたくさんいますが、皇極・斉明天皇ほど人間性がつかめない人はなかなかいません。

蘇我入鹿や中大兄の陰に隠れて自分がない。

中大兄じゃなくて、皇極・斉明天皇がオラオラだった。中大兄はお母ちゃんのいうことを聞いていただけ。

前のページ
第36代 孝徳天皇 日本で初めての元号・大化。最後は総スカン食らって孤独死
第38代 天智天皇 なかなか天皇にならない中大兄皇子
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!