今上天皇の読み方。どういう意味か?

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
Q&A image

今上(きんじょう)陛下って言葉はあまり聞いたことがありませんよね?

今、天皇の継承問題が大きくなってきているのでこの言葉を聞く機会が増えると思います。

これを機に覚えておくのもよいのではないでしょうか?

現在の天皇を『平成天皇』と呼んではいけない

今上は『きんじょう』と読みます。在位中の天皇のことを『今上天皇』『今上陛下』といいます。現在、おにいらっしゃる』という意味です。

推古天皇、後醍醐天皇、孝明天皇、明治天皇、大正天皇、昭和天皇、歴代の天皇をこう呼ぶと思います。しかし、これはすべてただの名前ではなく、諡(おくりな)です。諡号(しごう)とも言います。

諡とは、亡くなった人につけられる名前です。生前の功績を讃えられた目上の人につけられます。

まちがっても”平成天皇”と呼んではいけません。今生きている陛下を死んだことにすることになってしまいます。

メディアでは”今上天皇”と呼んでいる人が結構います。ぼくもその1人です。

〇〇天皇という呼び方は、呼び捨てにあたるかもしれないそうです。歴史で語るときは登場人物は誰でも呼び捨てなので違和感はありません。

しかし、今現在いらっしゃる天皇に対しては、上から目線で呼び捨てにすることになってしまうそうです。

ニュースでも『天皇・皇后両陛下』と言いますよね?

1番良いのは”今上陛下”です。

 

天皇・皇室のおすすめの本
post-cta-image

天皇や、皇室に関する書籍をご紹介します。

内容がかんたんで頭に入りやすいものを選びました。かんたんだからと言って内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身に付くでしょう。


くわしくはこちら

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!