君臣の別(くんしんのべつ)の意味は?

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
何かな?の画像

日本の場合、君主と民の関係は昔から独特のものでした。欧米のように契約関係もなく、絶対的な主従関係もありません。

そこに『君臣の別』という考え方があります。

天皇と国民との関係性を表すときに大事な考え方です。

天皇の皇位継承を理解するためにも必要な考え方です。

君臣の別とはどういうものなのか見ていきます。

天皇と国民との間にはっきりとした区別がある

区別であって差別ではない

天皇と国民(近代以前は民)には、はっきりとした区分があります。これは、皇位継承による皇族同士の争いや、臣下が皇位を奪わないようにするための日本独自のものです。長い歴史の中でこのような考え方が作られてきました。

日本には”一君万民(いっくんばんみん)”という考え方もあります。どんなに強大な権力者でも、金持ちも、貧乏人も、どの地域の生まれでも、天皇以外のすべての人は平等で身分に差別はないという考え方です。吉田松陰などが提唱していました。

たしか最初に言い始めたのは、江戸時代の国学者だった記憶がありますが名前を忘れてしまいました。調べて分かった時点で内容を更新します。この一君万民も、”君臣の別”の考え方からきている平等思想です。

よく、”天皇制は差別の元凶”という人がいますが、それは間違いだということが分かるでしょう。”天皇の下の平等”ですから。むしろ、人権を無視された一家が日本の中に唯一存在するという意味で、逆に日本国民が皇室を差別しているということは言えるかもしれません。

日本人が知らない君臣の別という日本人の思想

  • 権力者が国民を馬鹿にしている
  • 金持ちが貧乏人を馬鹿にしている
  • 特定の地域出身の人間を馬鹿にしている
  • 勉強ができる人ができない人を馬鹿にしている
  • どこの学校を出ているか ”だけ” で扱いが変わる
  • 上司が部下を馬鹿にしている
  • 正社員が契約社員を馬鹿にしている
  • 経営者が、被雇用者を馬鹿にしている

これらすべて、一君万民とは程遠い思想の持ち主です。人を馬鹿にしている割には自分の国の歴史や思想すら知りません。日本人とは程遠い人でしょう。

キリスト教、イスラム教の人にしても程遠いですが...

じゃあ何人?ここ数年、自称誇り高き日本人に大量発生しているような...

しかも保守勢力の人たちに多いです。この矛盾は気持ち悪いです。

君臣の別と女性宮家、女系天皇は関係ない

血筋だけでは安定的な皇位継承を担保できない

天皇の皇位継承には血筋も大事な要素ですが、それだけでは安定的な皇位継承は継続できません。

日本国民の中には、先祖をたどれば125代の天皇の誰かにつながる人々が数えきれないくらい存在します。源氏・平氏もそうです。

藤原さん、佐藤さん、斎藤さん、近藤さん、遠藤さん...

これらの名前は藤原氏に由来しているので、調査すると天皇にたどり着く可能性があります。

歴代の幕府の将軍は、徳川を除いて天皇の子孫たちで続いてきました。血筋だけが正統な皇位継承の条件になるなら、日本人なら誰でも天皇になれます。

これでは天皇の権威が保証できません。だから、”君臣の別”があります。

血筋でつながっていても、天皇の臣下になった人は、皇位継承の対象になりません。奈良時代には、懲罰的に皇籍を離れ臣下になった親王もいます。

天皇の子供であっても弟であっても、臣下になればみな平等の中の一人になります。
これが”君臣の別”です。

最近、”旧宮家”、”〇〇天皇の玄孫” という肩書でTVなどに出る人がいますが、彼も日本国民の一人です。純粋に彼の主張に賛同するのは自由ですが、彼の肩書で彼の意見に賛同するのは大きな間違いです。

こういう人が”宮様詐欺”に引っかかります。君臣の別を知ることは自己防衛にもつながります。そもそも、君臣の別を分かっているはずの人がここまで肩書に天皇を利用する意味がぼくには理解できませんが...

血筋以外で勝負してほしいものです。

君臣の別を理由に女性宮家、女系天皇を否定する意味不明な論理

今重大な局面を迎えている皇位継承問題で、女性天皇、女系天皇を否定する根拠に君臣の別を持ち出す意見を聞きます。彼らは、民間人(臣下)の男性が皇族女性の夫となって皇室に入ることは君臣の別を壊してしまうと言います。

しかし、この主張はかなりおかしいです。民間人(臣下)の女性が皇室に入ることはOKで、男性はNGという主張と君臣の別は関係ありません。

君臣の別の臣下に男女の区別はありません。彼らは男尊女卑の思想を正当化するために君臣の別という日本人が否定できない思想を利用しています。

この主張のトリックは巧妙です。

民間人の男性(臣下)が皇室に入ることは、君臣の別に反するというのは一見すると間違いではないからです。

彼らの巧妙なところは肝心なことを言わないことにあります。君臣の別の線引きは、『天皇になる人物が臣下であってはならない』というところです。

彼らは、『天皇になる人物が臣下であってはならない』『皇族の(、しかも男性の)人間は臣下であってはならない』にすり替えています。

古代から近代に入るまで、皇室に入った臣下はたくさん存在しました。政治権力の中枢にいる人の家に生まれた女性たちが天皇の后として入内しています。

入内(じゅだい)

『内裏(だいり)に入る』から、天皇の妻として認められることをいう。天皇と結婚すること。内裏は天皇の住むところ。

彼らの主張に照らせばこれも君臣の別に反すると言えるでしょう。

しかし、これについて君臣の別は壊れているという人はいません。それは、皇室に入った臣下の女性が天皇にはなっていないからです。

現在皇后であられる美智子皇后が天皇陛下の妃として皇室に入られたとき、ものすごいバッシングを受けました。

『粉屋の娘ごときが!!』と発言した人もいます。

美智子皇后が皇室に入られたのは、じつは歴史上はじめての出来事でした。美智子皇后は日清製粉という民間会社の創業者の家の出身です。政治権力とは無関係の、皇室とは一切かかわりのない商人の家の出身です。

『この粉屋の娘ごとき』の背景には、初めての出来事に対する拒否反応がありました。これは現在の女性宮家、女系天皇を否定する人たちに共通しています。

彼らは『粉屋の娘ごとき』と同じことを言い続けています。美智子皇后、雅子さま、紀子さまが皇室にいることが本音では許せないのでしょう。ただこれを言ってしまうと、因習にとらわれた前近代の人間として軽蔑されるから隠しているのです。

だからこそ、民間人の男性が皇室に入ることを絶対阻止したいのです。最後の砦だと思っているのです。

彼らは、歴史の1つ1つの事実について詳しい知識を持っているところがあります。しかし、彼らはこの事実の背景や関連性を伝えようとしません。また、歴史を継承する伝統と、時代の変化に対応するための思想のすり合わせをしようともしません。おそらく考えたこともないのでしょう。

歴史のクイズ王みたいなものです。

歴史のクイズ王の変化を恐れることと、伝統を守ることを同じように見る姿勢には注意すべきです。伝統は変化していくことで継承されていきます。そのためのすり合わせを注意深く慎重に行う姿勢が大切です。

ごくごく当たり前のバランス感覚から見れば、女性宮家、女系天皇は、『天皇になる人物が臣下であってはならない』には反しません。

最後にもう一つ、男尊女卑の思想は日本古来からの伝統的な思想ではないということも付け加えておきます。

君臣の別のエピソード

道鏡事件

第48代 称徳天皇が、孝謙上皇時代に出会った高僧に弓削道鏡(ゆげの どうきょう)がいます。道鏡は、孝謙上皇の厚い信任を得て、政治的に宗教的に絶大な力を得るようになります。

太上天皇(だじょうてんのう)

退位した天皇のこと。

上皇(じょうこう)

太上天皇の短縮した言い方。

太上法皇(だじょうほうおう)

出家した上皇のこと。たんに法皇という。

院(いん)

上皇の住まい。そこから上皇・法皇のことを『○○院』と呼ぶ。

詳しくは『太上天皇とは何か?』

孝謙上皇が、称徳天皇として再び天皇になったとき、769年にある事件が発生します。

道鏡の絶大な権力に媚びた者が、宇佐八幡宮(大分県)の神のお告げだと嘘をついて、”道鏡を皇位につければ天下は太平になる”と言ってしまいます。

これには、称徳天皇も道鏡も喜んだみたいで、確認?のためなのか、和気清麻呂(わけの きよまろ)を宇佐八幡宮に派遣して神託を聞くように命じました。

その時の神託が、

我が国は始まってからずっと君臣の秩序は定まっている。臣下を君主にすることは今までに一度もない。皇位には必ず皇統の人を立てなさい...

というものでした。

これに激怒した道鏡は、和気清麻呂の官職を奪い左遷させます。称徳天皇も激怒し、左遷先の官職を奪った上に、今の大隅国(鹿児島県)に配流します。
自分たちと反対の意見を言った清麻呂を罪人扱いにしていしまいました。

しかし称徳天皇は、最後まで道鏡を重用し続けましたが、皇位につけるとは言いませんでした。君臣の別は守ったということです。

2.26事件

2.26事件には昭和天皇の弟である秩父宮(ちちぶのみや)が深くかかわっていたとされています。後年本人はそれについてあまり発言していないので事実確認は難しいですが、周りの人間の回顧録などから関わっていたことは事実であろうということです。

秩父宮は陸軍大学校に進学して陸軍軍人になるのですが、2.26事件の首謀者とのいくつかの関係があります。

陸軍大学校の同期に西田 税(にしだ みつぎ)がいて、西田は2.26事件の首謀者として死刑になっています。

また、安藤 輝三(あんどう てるぞう)とも交流があったとされ、彼らの思想に影響を受けたと言われています。安藤も2.26事件の首謀者として死刑になっています。

また、昭和7年ごろにはすでに、兄の昭和天皇に天皇親政の必要性を説き、憲法停止も辞さないという意見を上申して、昭和天皇と激論になりました。

またこの時期、村中孝次(むらなか たかじ)とともに北一輝(きた いっき)を訪問しています。村中、北の二人も2.26事件で死刑になっています。

当時これは大問題になっていて、政府関係者の中枢の間でも意見交換をしたくらいです。

2.26事件発生の翌日には、昭和天皇に拝謁して昭和天皇に怒られました。

昭和天皇が怒った理由は、昭和天皇は、2.26事件を起こした人たちの思想は最初から受け入れられないという立場でした。それなのに、弟の秩父宮があまりにも彼らと同じような意見を言うので、叱ったということです。

また秩父宮は、2.26事件が発生する前、昭和天皇を説得するために、母親の貞明(ていめい)皇太后にも相談したという話があります。母親を説得できれば、そこから息子の昭和天皇も説得できるのではないかと考えました。

結果は逆効果でした。貞明皇太后が秩父宮に言ったことは、

陛下と秩父宮は兄と弟だが、秩父宮は一人の陸軍参謀にすぎない。一陸軍参謀の意見を陛下に上申することは許されない。陛下も聞くはずもない

という内容でした。

これこそ君臣の別です。秩父宮は、陸軍軍人であると同時に皇位継承権を持ったれっきとした皇族です。また、昭和天皇とは1才違いの大正天皇の第2皇子です。昭和天皇に何かあったときは次に天皇になるような人です。

そのような人でも、君と臣下の間には入ってはいけないラインがあるということです。血筋よりも君臣の別のほうが大事だったというエピソードです。

 

最近歴史カテゴリでよく読まれている記事です。
post-cta-image
blog image

土地所有の歴史で時代の主人公が見える

日本の歴史では、歴史の勝者がコロコロ変わってきました。大王・豪族、天皇、貴族、上皇、武士、国民。でも変わらないのは、全員有力な土地の所有者だったことです。それだけ『土地』と『歴史』は深くつながっています。そこで歴史の勝者を『土地』から見ていきます。

tadtadya.com

_

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!