LINEで送る
B! はてぶでブックマーク
Pocketでブックマーク
RSSフィード

100万石の石高(こくだか)の意味は?

Q&A image

石高は『こくだか』と読みます。100万石など、よく聞いているけれど説明しようとすると詳しくはわからないことに気づきます。

調べてみると、領地の広さ、資産の大きさとは言い切れないということを知りました。では石高とはどういうものなのでしょうか?

中世・近世 安土桃山時代 ~ 江戸時代

石高は会社の社員数、都道府県の人口と同じ

まず答えからいうと、石高は、いまの感覚でいえば会社の社員数や都道府県の人口と同じです。

また、会社の売上高、都道府県の税収にもなります。

会社や地域の規模は、人口、お金、土地の広さなどで表します。石高はこの3つをつまみ食いするようにあてはまります。

人口が多い。

お金が多い。土地が広い。

豊か。

といえなくもないですが絶対ではありません。

多くの社員を集めて、あの手この手を尽くして低賃金で働かせるブラック企業と、5人で年商20億円を稼ぐ企業ではどちらが豊かでしょうか?

また、マンションの1室でネットビジネスをする人と、北海道で酪農をしている人でどっちが豊かか分かるでしょうか?

同じように石高は国の豊かさを表すものですが、それが豊かさのすべてとはいえません。

石高は会社の社員数・売上高と同じ。

石(こく)の単位は1人の人が1年間食べていけるという意味

そもそも、1石ってどういう単位なんだ?

と疑問に思うでしょう。石高は

コメの収穫高の単位

1人の大人が1年間食べていけるだけのコメの量

のことです。

当時は今とちがって正確な人口はわかりません。

今よりも人がかんたんに死亡していました。また出生数も正確に把握できないので、人の入れ替わりが多い時代でした。

このような状況の中、石高は人口とコメの生産高の2つを見るのに使われました。

1万石 = 1万人

10万石 = 10万人

100万石 = 100万人

の領民を1年間養える

ということです。

『加賀100万石』は、100万人の人が1年間生活していけるだけの国力があるということですね?

1石は、1人の人が1年間食べていけるだけのコメの量

石高は豊臣秀吉が広めた

石高制を採用する前の戦国時代は

東日本貫高制(かんだかせい)
西日本物品貨幣(ぶっぴんかへい)

が主流でした。物品貨幣は物々交換のことで、コメ・絹・塩などの交換取引です。

貫高制はコメの価値をお金に変えます。そのほか土地や武士の給料などの価値も決めていました。いまの日本、世界の経済のしくみと同じです。

これだと農業に限らず、漁業、林業などのいろいろな産業、お金で売り買いをする商人の利益を『お金』に統一できるので、経済だけを見るなら石高制よりも優れたシステムでした。

貫高制の弱点

当時のお金は、おもに中国からの輸入品です。また私鋳銭(しちゅうせん)という大商人や豪族など実力者が勝手に発行するお金がありゴチャまぜでした。

当時は全国共通の通貨がなかったんですね?

国内で、円・ドル・ポンド・元などいろんな通貨で経済を回していると思えば、どんな状態だったか分かります。

カオスです。日銀総裁みたいな人がいっぱいいるし。

また、私鋳銭は鐚銭(びたせん)ともいい質が悪いと評判がよくありませんでした。

ビタ一文も払わない

ということばの『ビタ』は鐚銭からきています。『質の悪いお金でも払わない』という意味です。

通貨のコントロールができない

このような状況なので

  • 貨幣の量を調節できない。
  • 品質にバラツキがある。
  • 種類がいくつもあって統一されていない。

など、すべてのモノをお金に変換する優れたシステムがかえって混乱させていました。

また、経済は無駄なくお金を回せるほうが良いです。でも新しい私鋳銭が発行されると両替の手間が必ずあります。そして、この私鋳銭の価値をみんなで共有するのに時間がかかります。

これではモノの価値をお金に統一する意味がありません。

(そもそも流通しているお金の価値がちがって統一されてない。)

この不安定な経済システムを改善するため、戦国時代の各地の武将たちは、質の悪い貨幣の流通を止めて、コメの収穫量で価値を決める『石高制』を採用しはじめます。

経済をコントロールできないのは為政者にとってキツイです。不景気を止める対策が取れないので。

コメ1俵を品質のいい100貫(かん)に変えた場合と、品質の悪い100貫に変えた場合を考えます。

この100貫を金(きん)に変えようとしたとき、質のいい貨幣は金100グラムに替えらるのに、質の悪い貨幣は金20グラムだったとしたらどうでしょう?

このように貨幣の価値がバラバラだと不平不満が爆発します。

(だから両替商という商売が繁盛した。)

石高制のメリット

石高制はコメそのものに価値があるので、貨幣の品質に左右されないメリットがありました。また、コメの出来によりますがコメ(お金)の価値をコントロールできるメリットもあります。

(コメの流通量をコントロールすればいい。)

なにより、コメは全国共通の食べ物でした。

(= 全国共通の貨幣になる)

織田信長も同じような政策を行っています。

それを、国家の豊かさの基準として採用したのは豊臣秀吉が最初です。太閤検地(たいこうけんち)は有名ですが、太閤検地はコメの収穫量(豊かさの価値)を正確に測るための調査のこと。

石高は豊臣秀吉が国家として初めて採用してから明治維新で日本が近代化するまで使われました。

石高は経済の豊かさを表していない

それでも石高制は完ぺきではありません。弱点もあります。

当時は、武将や寺社仏閣が国家単位になっていて経済活動をしたり戦争をしていました。もちろん、それぞれの活動に必要な人の動員も自国領から調達します。

国をまたいで渡り歩く傭兵もいた。明智光秀などが有名。

石高は高くてもコメの生産性の低いところは貧乏人が多くなります。逆に、コメの生産性の高いところは裕福な人が多くなります。

また、コメはお金でもありました。もちろん金貨、銀貨、銅銭などのお金もあります。

コメの収穫高が高いところはお金もちといえますが、商人が多い地域では、コメよりも貨幣のほうが経済の豊かさを表した地域もありました。

でも石高は低いです。コメをつくっていないので。

(たとえば大阪の堺)

石高は経済の豊かさの絶対ではありません。もちろん、石高が大きいところは経済が豊かになるという見方もできます。

石高だけでは正確な経済の豊かさは測れない

石高では土地の広さが分からない

石高は単純なコメの収穫量なので、コメの生産性の高いところは石高に対する領地は小さくなります。

領地によってはコメの生産に合った地域とそうでない地域とバラバラです。

領地が広ければ田んぼにする土地がたくさんあるので、石高は大きくなるといえますが、コメの生産性が不明なので石高で土地の広さを正確に把握することはできません。

だから秀吉は大がかりな検地をしたんですね?

石高では土地の広さがわからない

石高は比較的使い勝手のいい単位

いまでは、経済の豊かさ、土地の広さ、人口など正確に把握する方法がいくつもありますが、当時はいまほど正確ではありませんでした。

  • 正確でないけど、人口として見ることができる。
  • 正確でないけど、経済の豊かさが分かる。
  • 正確でないけど、土地の広さが分かる。

石高は完ぺきではないですが万能な単位だったので、江戸幕府は正式に採用したのでしょう。貫高制は混乱のトラウマが大きかったのかもしれません。

このため、貫高制の不安やコメ産業が日本の主流だったことで経済以外も含めた『豊かさ』を把握するのに便利だった石高制が使われます。

貨幣経済は商人の間で広まります。

天下を統一した徳川幕府が貨幣の鋳造権を独占したことで、統一された質の貨幣を安定して供給できるようになったからです。貫高制の弱点を克服しました。

(だったら貨幣経済にすればよかったのに。)

江戸時代は、石高制と貨幣経済のハイブリッド経済システム

江戸時代に気づいていた。石高制の限界

田沼意次(たぬま おきつぐ)は暴れん坊将軍・第8代 徳川吉宗のあと、10代 将軍・家治のときに老中になった人です。

意次の時代は、吉宗の緊縮財政の直後で不景気でした。

(質素倹約。コロナ自粛みたいなもの。当然、経済はズタボロ。)

そこで意次は、商業や貿易を広げて景気を良くすることを考えます。そして、その利益を税金で納めるようにして年貢(税収)が足りない分をカバーしようとしました。

(積極財政。吉宗の政策とは真逆。)

(景気浮揚と税収アップのダブル政策。)

今見るとあたりまえのことですが、これは当時の非常識、なんなら悪手でした。

(税金をコメではなくお金で払うところ。)

結局、ライバルでそのあと老中になる、吉宗の孫・松平定信(まつだいら さだのぶ)に潰されます。

意次は貨幣経済への移行を考えていた。

石高制の限界を知っていた。

当時の常識『商人は反社会勢力』

当時、幕府が社会の構成員で一番大事にしていたのは武士です。その次は農民。そして、何かを作る職人、商人です。

(士農工商という言葉に出ている。)

もちろん、社会ステータスの高い方が税負担が高いです。武士は特権階級なので除いて。

商人は、あまり納税を求められない人達でした。

幕府からすると、金を持ってるからチヤホヤしているだけで、心のなかでは『守銭奴の下層民が!』と思っていたのが当時の常識です。

そこに目をつけたのが意次です。

商人は下層民じゃない。

安定して税金を納めるだけの力がある。

商人の仕事はそこまで悪くない。

と常識を変えれば、税収が増えて民が豊かになると考えました。

この人、経済の天才だと思います。

常識人・松平定信。でも経済オンチ

一方、松平定信は常識人です。徳川家の血筋なので、田沼の経済政策は大嫌いでした。

オレ様の先祖が作り上げたシステムを壊そうとする無法者。

ぐらいに思っていました。

もちろん、定信の常識では『商人は下層民』です。経済を良くするよりも常識のほうが勝ってしまいました。

江戸時代の有名な3大改革『寛政の改革』は定信が行なったものですが、内容は緊縮財政です。

(お祖父さんの吉宗と同じ質素倹約。)

別の言葉で言えば、商人の財力を意地でも税収に入れない、商人は下層民政策です。

寛政の改革は、経済の面では失策、アンポンタン。

定信は石高制の限界に気づかなかった。もしくは気づいても家柄がそれを許さなかった。

田沼の政策が通っていれば、日本はあのころに、世界トップクラスの経済・金融システムをもてるくらいの可能性がありました。

『寛政の改革』で定信が優秀ですごい人の評価を受けたために意次は悪人の評価です。

(学校でもそう教えられた。)

『越後屋。おぬしもワルよの~』の世界観は意次がモデルとも言われます。

でも最近は、意次の政策は正しかったと見直されてます。あそこで経済を底上げできてたら徳川時代はもっと続いたと言われるほど。

(あのとき、貨幣経済に移行できてれば...)

石高は戦力も表している

江戸幕府は各藩に、石高に対して2%くらいの戦闘員(武士以外も含む)を維持することを義務付けていました。

もちろんそれを超える軍事力をもつことは許されません。幕府に反逆者の烙印を押されますから。

武士の時代のわりには少ないと思いませんか?

領民の2人に1人が子供だとするとその大人の数は

1,0000石 ÷ 2 = 5,000人(石)。

じっさいは子供が食べる量が少ないのでもっと多かったはずですが、とりあえずくわしい計算は無視します。

半分が男として2,500人

戦闘員は1万人の2%で200人

2500人のうち200人が戦闘員として動員されることになります。

男の約8%が軍役を課される

(13人にひとり)

武士の時代なのに想像以上に少ないです。戦国時代では少し多かったといわれてますが、あまりちがいはなかったようです。

最近歴史カテゴリでよく読まれている記事です。

house image

土地所有の歴史で時代の主人公が見える

日本の歴史では、歴史の勝者がコロコロ変わってきました。大王・豪族、天皇、貴族、上皇、武士、国民。でも変わらないのは、全員有力な土地の所有者だったことです。それだけ『土地』と『歴史』は深くつながっています。そこで歴史の勝者を『土地』から見ていきます。

tadtadya.com

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください