100万石の石高(こくだか)の意味は?

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
何か?の画像

石高は『こくだか』と読みます。100万石など、よく聞いているけれど説明しようとすると詳しくはわからないことに気づきます。

調べてみると、領地の広さ、資産の大きさとは言い切れないということを知りました。では石高とはどういうものなのでしょうか?

中世・近世 安土桃山時代 ~ 江戸時代

石高は会社の社員数、都道府県の人口と同じ

まず答えから言うと、現在の感覚でいえば、石高は会社の社員数や都道府県の人口と同じです。

また、会社の売上高、都道府県の税収にもなります。

会社の規模や地域の規模は、人口、お金、土地の広さなどで表現されます。

石高はこの中の『人口』『お金』にあたります。人口が多ければお金が多い、土地が広い、だから豊かさを表す、といえなくもないですが絶対ではありません。

多くの社員を集めて、あの手この手を尽くして最低賃金ギリギリで働かせるブラック企業と、5人で年商20億円を稼ぐ企業ではどちらが豊かでしょうか?

また、マンションの1室でネットビジネスをする人と、北海道で酪農をしている人では土地の広さで豊かさを表現できるでしょうか?

このように、石高は国の豊かさを表すものではありますが、それが豊かさのすべてを表すものではありません。

石高は会社の社員数・売上高と同じ

石(こく)の単位は1人の人が1年間生きていけるという意味

それなら、1石ってどういう単位なんだ? と思うと思います。石高はコメの収穫高の単位で、1人の大人が1年間生きていけるだけのコメの量のことを言います。

当時は今と違って、正確な人口はわかりません。今よりも人が簡単に死亡していました。また出生数も正確に把握できないので、人の入れ替わりが多い時代でした。

このような状況の中、石高は人口とコメの生産高の2つを見るのに使われました。

例で言うと石とは、

1万石 = 1万人

10万石 = 10万人

100万石 = 100万人

の領民を1年間養えるということになります。『加賀100万石』というのは、100万人の人間が1年間生活していけるだけの国力があるということです。

1石は、1人の人が1年間食べていけるだけのコメの量

石高は豊臣秀吉が広めた

石高制を採用する前の日本では、戦国時代など、貫高制(かんだかせい)という制度が東日本では主流でした。西日本は物品貨幣ぶっぴんかへい)という、米・絹・塩などによる物々交換が主流でした。

貫高制は、コメの収穫高の価値をお金に変えます。お金で土地や武士の給料などの価値を決める方法でした。

今の日本、世界の経済の仕組みと同じ方法です。これだと農業に限らず、漁業、林業などのいろいろな産業、お金で売り買いをする商人の利益を”お金”に統一できるので経済だけを見るなら石高制よりも優れたシステムです。

しかし当時のお金は、中国からの輸入品だったり、私鋳銭(しちゅうせん)と言われる、大商人や豪族などが勝手に発行するお金などがごちゃまぜになっていました。

私鋳銭は、鐚銭(びたせん)とも言われ、質が悪いとして評判がよくありませんでした。

ちなみに、『ビタ一文も払わない』という言葉がありますが、この『ビタ』は、鐚銭からきています。『質の悪いお金でも払わない』という頑固な意味になります。

話を戻しましょう。このような状況なので、貨幣の量を調節できないことや品質にばらつきがあったこと、種類がいくつもあって統一されていないなど、すべてのモノをお金に変換するという優れたシステムがかえって混乱を招いていました。

コメ1俵を品質のいい100貫(かん)に変えた場合と、品質の悪い100貫に変えた場合を考えます。

この100貫を金(きん)に変えようとしたとき、品質のいい貨幣のときは金100グラムに替えられたのに品質の悪い貨幣の時は金20グラムだったとしたらどうでしょう?

また、経済は無駄な手間はないほうが良いです。でも、つねに新しい私鋳銭が発行されると、両替の手間が必ずあります。そして、この私鋳銭の価値をみんなで共有するのに時間がかかります。

これではモノの価値をお金に統一する意味がありません。この不安定な経済システムを改善するため、戦国時代の各地の武将たちは、質の悪い貨幣の流通を止めて、コメの収穫量で価値を決める『石高制』を採用し始めます。

コメそのものに価値があるので貨幣の品質に左右されないというメリットがありました。また、コメの豊作、凶作に左右されますが、コメ(お金)の価値をコントロールできるというメリットもあります。

織田信長も同じような政策を行っています。

それを、国家の豊かさの基準として採用したのは豊臣秀吉が最初です。太閤検地(たいこうけんち)は有名ですが、太閤検地はコメの収穫量(豊かさの価値)を正確に測るための調査のことを言います。

石高は豊臣秀吉が国家として初めて採用してから明治維新で日本が近代化するまで使われました。

石高は経済の豊かさを表していない

当時は、領地という単位で経済活動をしたり戦争をしたりしていました。当然それぞれの活動に必要な人の動員も領地単位です。

石高は高くても、コメの生産性の低いところは貧乏人が多くなります。逆に、コメの生産性の高いところは裕福な人が多くなります。

また、当時はコメはお金でもありました。もちろん金貨、銀貨、銅銭などのお金もあります。コメの収穫が多いところはお金をたくさん持っていると言えますが、商人が多い地域では、コメよりも貨幣のほうが経済の豊かさを表した地域もありました。

経済の豊かさの点でも石高は絶対ではありません。もちろん、石高が大きいところは、経済が豊かになるという見方もできます。石高”だけ”では”正確”な経済の豊かさは測れないとうことです。

石高では土地の広さが分からない

石高は単純なコメの収穫量なので、1人当たりのコメの生産高の高い地域は石高に対する領地の大きさは小さくなります。

領地によってはコメの生産に合った地域とそうでない地域とバラバラです。

領地が広ければ、田んぼにする土地がたくさんあるので、石高は大きくなるといえますが、コメの生産性が不明なので、石高で土地の広さを正確に把握することはできません。

石高では土地の広さがわからない

石高は比較的使い勝手のいい単位

今では経済の豊かさ、土地の広さ、人口など正確に把握する手段がいくつもあります。ですが、当時はどれを把握するにしても難しい時代でした。

石高は、

  • 正確には把握できないけど人口として見ることができる
  • 正確には把握できないけど経済の豊かさが分かる
  • 正確には把握できないけど土地の広さが分かる

という万能な単位だったので、江戸幕府は正式に採用したのでしょう。また、貫高制は、経済だけを見ると優れたシステムでしたが、それよりも混乱のトラウマが大きかったのも理由の1つです。

このため、貫高制の不備や、当時はコメ産業が日本の主流だったため、経済以外も含めた”豊かさ”を把握するのに便利だった石高制が使われます。

貨幣経済は商人の間で広まっていきます。これは、天下を統一した幕府が、貨幣の鋳造権を独占したことで、統一された質の貨幣を安定して供給できるようになったからです。貫高制の弱点を克服した結果でした。

江戸時代は、石高制と貫高制のハイブリッド経済システム

石高は戦力も表している

江戸幕府では、石高に対して2%くらいの戦闘員(非戦闘員含む)を維持することを義務付けていました。もちろんそれを超える軍事力は持つことは許されません。幕府に反逆者の烙印を押されますから。

武士の時代の割には少ないと思いませんか?

領民の2人に1人が子供だとするとその子供の数は、

1,0000石 ÷ 2 = 約5,000人(石)。

実際は、子供は食べる量が少ないのでもっと多かったはずです。

とりあえず詳しい計算は無視します。

大人の数は、約5,000人。

その半分が男として、約2500人。

2500人のうち200人が戦闘員として動員されることになります。

男の約8%だけが軍役を課されることになります。

13人に1人くらいです。

改めて見ると想像以上に少ないです。戦国時代でも少し多かったと言われていますが、あまり違いはなかったと言われています。

 

最近歴史カテゴリでよく読まれている記事です。
post-cta-image
blog image

土地所有の歴史で時代の主人公が見える

日本の歴史では、歴史の勝者がコロコロ変わってきました。大王・豪族、天皇、貴族、上皇、武士、国民。でも変わらないのは、全員有力な土地の所有者だったことです。それだけ『土地』と『歴史』は深くつながっています。そこで歴史の勝者を『土地』から見ていきます。

tadtadya.com

_

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!