ツイート
シェア
LINEで送る
B! はてぶでブックマーク
Pocketでブックマーク
RSSフィード

WordPress5.5, jQueryのバージョンアップが始まる

wordpress image
イラストダウンロードサイト【イラストAC】
の画像をもとに加工しています。

WordPress5.5からjQueryの段階的なバージョンアップが始まりました。

その注意点と対応をわかりやすく説明します。

なぜ段階的に上げるのか?

jQueryはWebのモダン技術に対してレガシー(古い)と言われます。

が、WordPressではまだまだ現役。どころか、テーマ・プラグインも含めていろんなところで使われます。

とくに管理画面は。

WordPressのテーマ・プラグインは、数、関わってる開発者が多いので、一気にjQueryのバージョンを上げるのは影響が大きすぎます。

そこで、段階的なバージョンアップになります。

(jQuery公式もこの方法を推奨している。)

Migrateとは

jquery-migrateは過去バージョンの下位互換のためのプラグインで、現行バージョンで対応できない古いコーディングをしていたら、古いコードを復元してくれます。

ただしjQueryのバージョンはたくさんあるので、それらの下位互換のために大量のコードが入ってます。

(使わないものもかなり。)

バージョンアップ作業をショートカットできる利点はありますが、サイトの表示スピードが遅いです。

WordPressはMigrateを辞めるつもり

WordPress5.4まで、jquery-migrateが標準搭載されていました。これがイヤでカスタマイズでmigrateを外していた人も多いのではないかと思います。

ボクも公開サイトだけはmigrateを外すカスタマイズをしていました。

(管理画面はあまりに影響が大きすぎてあきらめた。)

今回のWordPress5.5から始まるjQueryのバージョンアップでは、migrateを外す予定です。

WordPress5.5で手始めに対応したのは『現行バージョンのままmigurateを外す』。たったこれだけ。

それでもけっこうな量のjavaScriptエラーが出ていますが。

ボクの場合、公開サイトは、migrateを外してたしjQueryのバージョンも最新を使うようにカスタマイズしていたので影響がなかった。

が、管理画面は何かしらエラーが出ててどうしようもない。

(とりあえず、エラーが出ても使えてるので放置している。)

バージョンアップのスケジュール

jQueryのバージョンアップは3段階が予定されています。2020年8月21日現在、フェーズ1が終わったばかり。

フェーズWP
バージョン
jquery
(本体)
jquery-migratejquery-ui
15.51系のまま
(1.12.4)
×そのまま
(1.11.4)
25.63系にアップデート
(3.5.1)
アップデート
(3.3.0)
アップデート
(1.12.1)
35.7アップデートなし×アップデートなし
フェーズ内容
1下位互換の無効化。
migrateだけ外す。
アップデートなし。
2jQueryおよびUIプラグインのアップデート。
(1系 -> 3系)
Migrate付き。
3下位互換の無効化。
migrateだけ外す。
アップデートなし。
jquerymigrateui
3.5.13.3.0
(デフォルトなし)
1.12.1
目指しているバージョン

これからjQueryのアップデート、下位互換の無効化が控えてますが、あくまで予定です。

(最後のmigrate外しは、WP5.7かそれ以上と既に言っている。)

説明を見ると"latest"を使っているので、jqueryのアップデートバージョンが変わる可能性あり。

1系から3系へ飛び級アップデート

WordPressに内包されているjQueryのバージョンは1系です。jQueryの最新バージョンは3系。

今回始まったバージョンアップは2系をすっ飛ばして一気に最新バージョン(3系)にアップデートします。

テストプラグイン - Test jQuery Updates

jQueryのバージョンを切り替えるテストプラグインが用意されています。次のWordPressのjQuery環境の切り替えができます。

WPのバージョン
5.4
5.5
5.6(予定)
5.7(予定)

プラグインがWP5.4以上になってるので、それより低いバージョンの動作は保証されていません。

個々の切り替え

このプラグインは、jQuery本体(core)、jquery-migrate、jQuery-uiのバージョンを個々に切り替えできます。

その組み合わせで、WordPressのバージョンごとのjQuery環境が作れます。

(将来のjQueryの組み合わせも設定できるので、今のうち備えることもできる。)

WordPress5.5 Test jQuery Updates
jqueryjquery-migratejquery-ui
旧バージョン
(1系)
1.12.41.4.11.11.4
新バージョン
(3系)
3.5.13.3.01.12.1
jQueryのバージョン
WPバージョンjqueryjquery-migratejquery-ui
5.4Default
(1.12.4)
Enable
(1.4.1)
Default
(1.11.4)
5.5Default
(1.12.4)
Disable
(×)
Default
(1.11.4)
5.63.5.1Enable
(3.3.0)
1.12.1
5.7
(予定)
3.5.1Disable
(×)
1.12.1
WordPressのバージョンに合わせた設定

migrateはjquery本体のバージョンを見て、プラグインが自動で対象バージョンを設定してくれるので楽です。

このプラグインは、WordPress5.5にアップデートする前にインストールして動作確認に使ってほしいですね?

jquery-uiのバージョンはjQueryのメジャー番号と一致しません。

(migrateのメジャー番号はjqueryと連動。)

WordPressのアップデートは慎重に

WordPressを使いはじめて4年、3系、4系、5系と使ってきましたが、今回のWP5.5へのアップデートにいちばん気を使っています。

とくにプラグインを多く使っている人、デフォルト以外のテーマを使っている人は要注意。

(WordPress非公式のものを使っている場合はとくに。)

アップデート頻度が低いものも注意しましょう。

じっさい5.5にアップデートしましたが、JavaScriptのエラーが出てます。正直、1ヶ月くらい様子見してもよかったかなと思ってます。

3段階の最初でそう思うので、半年くらいは慎重になるかも?

これを機に別のテーマ・プラグインに変えることも念頭に入れときましょう。すべての開発者が迅速に対応するとは限らないので。

WordPressは参入しやすいこともあり、キャリアの少ないエンジニアがたくさんいます。

中にはエンジニアの最低限の常識すらない人もいて、お金目当てを目的にするあまり、バージョンアップの対応すら考えもしない人もいます。

(一時期、Twitterのタイムラインに溢れるくらい流れていた。最近は見なくなってはいるが。)

気をつけましょう。

(ちなみに普通のエンジニアは、自分ができなければ引き受ける人を探す、代わりになるものを紹介する、など行う。)

WordPress5.5 画像の遅延読み込みがデフォルトになった
次のページ

WordPressの本

post-cta-image

たくさんあるなかで、WordPressの基本が学べる、目的別に学べる本を選びました。

  • WordPressの基本。
  • Webサイト作成から運用まで全体的に学ぶ。
  • かんたんなカスタマイズを学ぶ。
  • 何も分からないところから学ぶ。
  • WordPressからPHPプログラミングを学ぶ。

の5冊です。どうしてもネット上で調べて勉強するのが苦手という人におすすめです。

この内容をモノにすればほかの本は必要ありません。あとは自分の力で、書籍を使わずにインターネット上にある情報だけで学んでいけます。


WordPressの本5選

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください