ツイート
シェア
LINEで送る
B! はてぶでブックマーク
Pocketでブックマーク
RSSフィード

WordPress5.7, WP5.6を飛ばしたバージョンアップは気をつけよう!

wordpress image
イラストダウンロードサイト【イラストAC】
の画像をもとに加工しています。

WP5.6を飛ばしたWP5.7へのバージョンアップはjQueryに気をつけないといけません。

WP5.6にはjQueryの1系から3系への移行ステップの最重要な位置にあるからです。それを説明します。

jQueryのバージョンアップは少しずつ行われていた

WordPress5.7ではjQueryの1系から3系へのバージョンアップが完了しましたが、バージョンアップはWP5.5から始まっていました。

WP5.7はステップ3でラストフェーズです。ステップ3はバージョンアップのあとの後片付け。

じっさいに1系から3系へ上げたのはWP5.6です。

ステップWP
バージョン
jquery
(本体)
jquery-migratejquery-ui
15.51系のまま
(1.12.4)
×そのまま
(1.11.4)
25.63系にアップデート
(3.5.1)
アップデート
(3.3.0)
アップデート
(1.12.1)
35.7アップデートなし×アップデートなし
jQueryバージョンアップのステップ
ステップ内容
1下位互換の無効化。
migrateだけ外す。
アップデートなし。
2jQueryおよびUIプラグインのアップデート。
(1系 -> 3系)
Migrate付き。
3下位互換の無効化。
migrateだけ外す。
アップデートなし。
バージョンアップ・ステップの内容
jquerymigrateui
3.5.1なし1.12.1
WP5.7のjQuery

過去のステップ1、ステップ2の内容です。

WP5.6を飛ばしてバージョンアップすると...

たとえばWP5.5からWP5.7へと、WP5.6を飛ばしてWordPressのバージョンを上げると、せっかく問題が起きないように小刻みにステップを用意してくれていたのを無視することになります。

(WP5.4以下から5.7へのバージョンアップはノンステップで上げることになる。)

これをするとどういうことになるか?

管理画面はとくに危険です。WordPressの管理画面はjQueryを多く使っています。拡張しているプラグインでもそう。中にはテーマで多く使ってるものもあります。

これらのjQueryまわりがすべて3系に対応していないと今までと同じ動きをしません。

今はWP5.7で落ち着いてきているので一気に上げても問題は出にくくなっていますが、もし多くのエラーが出たときの修正が大変です。

使ってるプラグインはすべてjQuery3系に対応しているか?

全体的に問題なく動いてるか?

エラーの原因はテーマ? プラグイン? カスタマイズしたところ?

などなど、細かい確認と場合によってはエラーが出たときの修正を一気に片付けないといけません。

自信がないなら、WP5.5, WP5.6のソースをダウンロードして小刻みにアップグレードしてから最新版のWP5.7.xに上げたほうが良いでしょう。

前のページ
WordPress5.7, jQueryバージョンアップの完了(1系から3系)
WordPress5.7, 動画など(iframe)も遅延読み込みがデフォルトに
次のページ

WordPressの本

post-cta-image

たくさんあるなかで、WordPressの基本が学べる、目的別に学べる本を選びました。

  • WordPressの基本。
  • Webサイト作成から運用まで全体的に学ぶ。
  • かんたんなカスタマイズを学ぶ。
  • 何も分からないところから学ぶ。
  • WordPressからPHPプログラミングを学ぶ。

の5冊です。どうしてもネット上で調べて勉強するのが苦手という人におすすめです。

この内容をモノにすればほかの本は必要ありません。あとは自分の力で、書籍を使わずにインターネット上にある情報だけで学んでいけます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください