ツイート
シェア
LINEで送る
B! はてぶでブックマーク
Pocketでブックマーク
RSSフィード

WordPress5.8, PHP8の対応について。ここにきて記述を復活。

wordpress image
イラストダウンロードサイト【イラストAC】
の画像をもとに加工しています。

WordPressのバージョンアップのたびに、公式ドキュメントのフィールドガイドを確認しているんですが、WordPress5.8でPHP8の対応についての記述が復活していました。

(WordPressがPHP8に対応を始めたのはWP5.6から。)

何か変化があったんだろうか?

今、PHPの最新のバージョンは8です。7と比べて多くの変更がありました。WordPressでもバージョン5.6から対応を始めています。

ただWordPressは、テーマやプラグインなどサードパーティ製を組み合わせてシステムを作るので、そうかんたんにはいきません。

実際、公式アナウンスでも『システム全体をWordPress.orgが対応するのは困難』と認めてますし、『各開発者の助けを必要としている』とも言っています。

また、これらのことからWordPress Core(WP本体)はできるかぎり対応しているが完璧ではないとも。

次のバージョンのWP5.7のフィールドガイドでは、PHP8についての記述がありませんでした。まぁ5.6のときに新しい変化があったらアナウンスするとも言っていたので特記することがなかったのでしょう。

そしてWP5.8ではPHP8の記述が復活。『例のアナウンスか?』とも思ったのですが、貼られたリンク先がWP5.6と同じ。

なんのためなのかよく分かりませんが、PHP8のことが忘れ去られないようにするための再掲(さいけい)なんだと思います。

すでにWP5.6のバージョンアップ時に確認済みの人は見るべきことはないです。内容は同じなので。

WP5.8で初めて知った人は確認しておきましょう。

(WP5.7で見逃した人も。)

前の投稿
WordPress5.7, 動画など(iframe)も遅延読み込みがデフォルトに
WordPress5.8, Internet Explorer 11(IE11)はサポートしない
次の投稿

WordPressの本

post-cta-image

たくさんあるなかで、WordPressの基本が学べる、目的別に学べる本を選びました。

  • WordPressの基本。
  • Webサイト作成から運用まで全体的に学ぶ。
  • かんたんなカスタマイズを学ぶ。
  • 何も分からないところから学ぶ。
  • WordPressからPHPプログラミングを学ぶ。

の5冊です。どうしてもネット上で調べて勉強するのが苦手という人におすすめです。

この内容をモノにすればほかの本は必要ありません。あとは自分の力で、書籍を使わずにインターネット上にある情報だけで学んでいけます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください