Atom Windowsで起動できない時の対応

  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
他言語サイト
en_US en_US
atom image
イラストACの画像をもとに加工しています。

WindowsでAtomエディタが起動しないときの対処方法です。

セーフモードで起動する、パッケージをアンインストールする前にできることがあります。その方法を説明します。

ここではWindows10で作業しています。

Atomエディタは便利なんだけど…

プログラミングに使うエディタとしてAtomはとても使い勝手がいいです。必要な機能はパッケージをインストールすることで自分好みの環境を作成できます。

個人的な意見ですがAtomは起動しなくなることがあります。これがほかの、たとえばEclipseなどに比べとても多いです。

そのたびに起動できるように対応するのですが、その中にセーフモードで起動できたらパッケージをアンインストールするという方法があります。

しかし、その前にできることがあります。それはコマンドプロンプトから起動することです。

コマンドプロンプトからの起動方法

コマンドプロンプトからの起動(Windows)
atom

どの場所でコマンドプロンプトを起動してもコマンドが使えます。

これで起動できればそのまま使うことができます。インストールしたパッケージもそのまま使えます。

これを見つけたのは偶然でした。しばらくAtomを使っていなかったのですが、久しぶりにAtomを動かそうとしたら起動しません。

ぼくの場合、Atomのプロセスは5つ起動するのですが、2つ起動したところでAtomがフリーズしてしまいます。そこで次のように作業を進めました。

キャッシュファイルの削除(.atom/storage/のファイルを全削除)<--- 起動しない

セーフモードで起動 <--- 起動した

インストールしたパッケージをすべてアンインストールした後、Atomアプリをクローズして再び起動させてみる <--- 起動しない

『Atomの再インストールか?』と悲しみにくれる中、ふと、『atomコマンドで起動できるかも?』と思いました。これはまったくの思いつきです。

バックアップしていた.atomディレクトリを元に戻して、アンインストールしたパッケージをすべて元に戻したあと、atomコマンドを実行してみました。

すると、起動できました !?

Atomのショートカットファイルが悪さをしているようでした。実際はショートカット先のWindows用実行ファイル[.exe]です。

不思議なことにしばらくしてから、いつも通りショートカットから起動したら正常に起動できるようになっていました。

原因はexeファイルから実行するとキャッシュファイルが読み込めないとかそういうものだと予想しています。しかし、Atomアプリのどのファイルがダメなのかさっぱり分かりません。

原因究明はできていないですが、Atomが起動できないときはとりあえずこれで解決しています。

コマンドで起動できない場合、次に説明する細かい作業が必要です。

atomコマンドで起動できない時

atomコマンドで起動できない場合は、キャッシュファイル削除、パッケージのアンインストール作業を順番に行います。作業の内容を細かく説明します。

キャッシュファイル削除

ユーザディレクトリ/.atom/storage/下のファイルをすべて削除する。(バックアップをとっておく

起動しない場合は次の作業へ -> ジャンプ

パッケージを最新版に更新

コマンドプロンプトからパッケージを最新版に更新します。

パッケージ更新のコマンド
apm upgrade

起動しない場合は次の作業へ -> ジャンプ

-> apm upgradeコマンドについてはこちらに書きました。

セーフモードで起動

パッケージのアンインストール作業の前に、Atomをセーフモードで起動します。

セーフモード起動のコマンド
atom --safe

セーフモードで起動すると、Atomに最初からインストールされている基本的なパッケージ以外は無視されます。

セーフモードで起動できない場合は、ここから先は読む必要はありません。残念ですがAtomの再インストール作業を始めてください。

セーフモードで起動できる場合は、自分でインストールしたパッケージが影響しているようです。次の作業をしてください。--> ジャンプ

パッケージのアンインストール

いくつものパッケージをインストールしていると、どのパッケージが悪いのか分かりません。ひとつずつパッケージをアンインストールして起動できるか確認します。

コマンドプロンプトからパッケージリストを表示

パッケージリスト表示のコマンド
apm list

表示されたCommunity Packagesのパッケージをひとつずつアンインストールして、Atomを起動できるか確認していきます。

-> apm listコマンドについてはこちらに書きました。

コマンドプロンプトからパッケージのアンインストール

パッケージのアンインストールコマンド
apm uninstall <package name>

パッケージ名はリストで表示された名前を使います。

  1. リスト表示
  2. パッケージのアンインストール
  3. Atomの起動

これを、Atomが起動できるか、アンインストールするパッケージがなくなるまで繰り返します。

-> apm uninstallコマンドについてはこちらに書きました。

自分でインストールしたパッケージをすべてアンインストールしても起動できない場合、残念ですがほかにできることはありません。

Atomの再インストールをしてください。

最近Webカテゴリでよく読まれている記事です。
blog image

ドメイン取得の意味が分からない人へ。王道の方法を紹介します。

ドメインの登録業者を選ぶのに悩む必要はないです。サイトを簡単に早く公開するには全くいらないことで、むしろ邪魔です。『お名前.com』というサービスは必ず耳にします。そのお名前.comのメリットとデメリットと一緒に、ドメインの意味が分からない人が一番失敗しないドメインの取得方法を紹介します。

tadtadya.com

_

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!